データ・ガバナンスとは?

データ・ガバナンスとは、企業内のデータの可用性や関連性、使いやすさ、保全性、セキュリティーの全体的な管理を指します。組織がデータを管理し、以下のような質問に答えられるようにします。

  • データに関する情報をどこまで把握しているか?
  • このデータはどこから入手したか?
  • このデータは会社のポリシーとルールに準拠しているか?

データ・ガバナンスの実践では、企業全体のデータ管理効率を高めるために情報を管理、改善、活用するための総合的なアプローチを提供します。

IBMのデータ・ガバナンス・ソリューションにより、データ・オブジェクト、その意味、物理的位置、特性、使用状況に関する情報を見つけて取得することができます。これは、ITの生産性を向上させるだけなく、規制対応やコンプライアンス強化にも役立ちます。

-> IBMが最近、Forrester Wave: Machine Learning Data Catalogs でリーダーに選ばれた理由をご確認ください。(US)

機能

Flexible data governance strategy icon

柔軟なデータ・ガバナンス戦略

いくつものエントリー・ポイントをご用意しているため、お客様のニーズに合わせてビジネスの情報を整備し、組織の目標に適合するデータ・ガバナンス戦略を採用することができます。

Application archiving and streamlining icon

データ・カタログ

機械学習を採用したデータ・カタログにより、ナレッジ・ワーカーの効率性を高め、メタデータの取得、データ資産の整理、知識の共有を効率化するプロセスを実現します。

Confidence in big data analytics icon

ビッグデータ分析の信頼性

クリーンで統合された、一貫性のある最新の情報が取得できます。ビッグデータ・プロジェクトやアプリケーションに信頼できるデータを活用でき、かつ、ガバナンス面にも対応します。

Privacy and protection icon

プライバシーと保護

意味のあるデータを特定し、データの価値とリスクを評価し、個人情報(PII)や予測顧客情報(PCI)および個人医療情報(PHI)を保護し、GDPRにも対応します。

スポットライト

AIを活用した分析に向けたデータ活用はどうあるべきか?

ビッグデータを収集・分析してビジネスに活用しようという機運が高まる中、データの品質や整合性に課題を抱える企業が増えています。そうした課題の解決策として “データ・カタログ”という手法があります。

カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)のための準備

このWebキャストではIBMのデータ・ガバナンス専門家が、CCPAへのプライバシー対応の行程を変革し、加速する方法をご紹介します。

IBM Information Governance CatalogおよびIBM Watson Knowledge Catalog

IBMは、IBM Information Governance Catalogの機能と、お客様の企業の統一知識カタログの構築に使用するメタデータの活用のために設計されたIBM Watson Knowledge Catalogの革新的なユーザー・エクスペリエンスとを連携してお届けします。

製品

IBM InfoSphere® Information Governance Catalog

データのプロファイリングおよび分析機能により、データの内容や構造の一貫性と品質を正確に評価します。

IBM InfoSphere Information Analyzer

データのプロファイリングおよび分析機能により、データの内容や構造の一貫性と品質を正確に評価します。

IBM StoredIQ® Suite

非構造化データ全体にわたるポリシーの実行を自動化し、ビジネス上の意思決定をデータにもとづいて行えるようにします。

IBM Optim™

コストを削減しながら、ビジネスの俊敏性を向上させるために、データを要件管理から廃棄まで管理します。

インダストリー・モデル

深い専門知識と業種ごとのベスト・プラクティスをビジネスとITコミュニティーに使用可能な形(「ブループリント」)で組み合わせて支援します。

Watson Knowledge Catalog

コラボレーション可能でかつインテリジェントなカタログ機能を提供します。動的データ・アクセス・ポリシーと施行によって、AIやアナリティクスに向けてデータを活用しやすくします。

リソース

InfoSphere Information Governance Catalog

ビジネスとIT両方にわたって情報把握やコラボレーションを促進し、情報統合とガバナンス・プロジェクトの基盤を確立します。

情報ガバナンスとクラウドの真実

ハイブリッド環境での効果的なガバナンスに必要なメタデータ管理、品質管理、法令遵守等の4つのポイントを紹介します。

IBM Data Governance Unified Process(日本語版)

情報ガバナンス・プログラムを実装するための実用的なステップとサブステップを詳しく説明するほか、IBMソフトウェアが提供する自動化機能について説明しています。

IBMのソリューションは、私たちがお客様の個人データを安全に保護し、企業の評判を守り、お客様の信頼を維持するのに役立っています。

Han van der Vinden氏, テスト・マネージャー, CZ

お客様成功事例

保険

ニッセイ情報テクノロジー株式会社

保険業の財務・資産運用で求められたデータ・ガバナンスの強化とデータ活用の効率化を実現しました。

銀行

IBMのデータ・ガバナンス・ソリューションを使用することにより、BBVA Compass社はリスクを軽減し、コンプライアンスを推進し、新しいビジネス洞察を促進するための信頼できる基盤を構築しました。

銀行

IBMとのコラボレーションで、Rabobank社はデータ・プライバシーを維持するために疑似情報を使用し、実動データの抽出とテスト・システムへの提供を自動化するテスト・データ・ファクトリーを構築しました。 

関連製品

IBM InfoSphere Information Server

データ統合、データ品質、データ・ガバナンスの機能をオールインワンで提供するIBM InfoSphere Information Serverはデータをビジネス資源として活用したいお客様のデータ活用をサポートします。

IBM InfoSphere マスター・データ管理

単一または複数のドメインの、顧客、サプライヤー、製品、アカウントなどを含むマスター・データを管理します。

IBM InfoSphere Data Replication

低遅延でRDBMSだけでなく幅広いソースとターゲットにわたるデータの複製を支援し、トランザクションの保全性を提供します。


データ活用にまつわる課題をお持ちではありませんか?
IBMはデータ活用のための多様なソリューションを幅広く揃え、ご要望にお応えします。
データ活用に関するご相談・お悩みがございましたら、お気軽にお問い合わせください。エキスパートにお繋ぎ致します。

電話番号: 0120-550-210            識別コード:Analytics