IBMビジネス・アナリティクスで、洞察からアクションへ

概要

ビジネス・アナリティクスとは

IBM Business Analyticsで、より優れた意思決定を

IBM Business Analyticsは、統合されたワークフローとともに高度なデータ分析とAIを提供し、よりスマートで、迅速かつ正確なデータ駆動型の意思決定の実現を支援します。財務人事サプライチェーンマーケティング販売、またはITなどビジネス領域を問わず、IBMのソリューションが提供する、データの洞察、計画立案、予算編成、予測、ビジネス・インテリジェンス(BI)の各機能からメリットが得られます。 これにより、データとプロセスのサイロ化を防ぎ、ユーザー採用を迅速化できます。

IBM Business Analyticsから得られる予測的な洞察を活用することで、お客様の意思決定がさらに強化され、より具体的な数値計画が立てられますので、受け身の企業から攻めの企業への変革が可能になります。

ビジネス・アナリティクスによる分析の対象範囲の拡大

IBM Business Analyticsを使用した場合のビジネス上のメリットについて説明します。

IBM Business Analyticsの主な機能

分析データを使用して、ビジネス・ニーズの計画、見通し作成、コラボレーション、予測をします。

計画、予算、予測

柔軟で信頼性の高い計画、予算、予測を迅速に提供し、市場の変化に合わせて計画を容易に調整し、組み込みの予測分析機能とAI機能によって結果を最適化します。

ビジネス・インテリジェンスの獲得

実用的な洞察を得るためにビジネス・データを自動的に統合することで、エンタープライズの全体像を把握して攻めのビジネスを展開できます。

財務のクローズ、統合、レポート作成

監査コンプライアンスを管理するために、財務チームが最小限のITサポートで決算プロセスを自動化、迅速化、簡素化できるようにします。

IBM Business Analyticsのユースケース

財務と運用の計画

財務サマリーのグラフ

財務と運用の計画

財務計画をサプライチェーンのキャパシティー要件などの運用計画に合わせて調整し、戦略的な目標を運用のパフォーマンスと実行に結び付けます。ビジネスの可視性、需要予測の信頼性、俊敏性を向上させ、すべてのステークホルダーに最新で最も正確な情報を提供します。

ビジネス・インテリジェンス

ポリシー分析グラフ

ビジネス・インテリジェンス

データ準備、データ探索、データの可視化、統合されたダッシュボードなどを含む、AI搭載の完全に統合されたBI、分析、エンタープライズ・レポート作成プラットフォームを使用して、ユーザーが有用なデータと洞察にアクセスできるようにします。

統合された販売とマーケティングの計画

四半期ごとの重要業績評価指標レポートのグラフ

統合された販売とマーケティングの計画

制約ベースの計画により、販売の容量要件を最適化し、ユーザーが履歴ビュー、現在のビュー、予測ビューを通じてビジネス分析データを拡張できるようにします。正確な収益計画と予測を作成し、マーケティングと販売のデータを可視化することで、パフォーマンス・ベース、または需要の変化に基づいて容易にリソースを割り当て、ビジネス目標を達成します。

統合された従業員のパフォーマンス計画

従業員詳細のグラフ

統合された従業員のパフォーマンス計画

時間のかかるスプレッドシートを廃止して、データを一元管理された1つのリポジトリーにまとめ、スタッフ配置、ロケーション、職場復帰、給与計画、従業員の定着と離職の動的な変化に基づいて、人員計画を作成します。

お客様事例

AIによる計画の正確性と信頼性の向上

FleetPride社は、Cresco International社と連携して、IBM Business Analyticsの記述的分析、予測分析、処方的分析のソリューションを導入し、業務に対する画期的な洞察をサプライチェーン・マネージャーに提供しました。

AIによる運用効率と計画の俊敏性の向上

Novolex社がIBM Business Analyticsのソリューションを選択した理由は、同社のさまざまなシステムを1つのプラットフォームに接続できるようになったことです。これにより、エンジニアリング、マーケティング、販売、運用に関するサイト・レベルのレポートを月次と週次で提供できるようになりました。

需要の増加に対応するためのAIとアナリティクスの導入

Vaasan社は、計画立案、予算編成、予測、ビジネス・インテリジェンスを含む包括的なソリューションにより、数時間以内の市場ニーズに基づいて在庫の所在地を改善し、容量を調整するために、IBM Business Analyticsソリューションを利用するようになりました。

参考情報

無料評価版を始める