IBM Research

2021年2月18日

ガジェットをより持続可能なものにする材料の発見をIBMが推進

ここにも、あそこにも。原子はあらゆるところに存在します。 原子が多いほど分子は複雑になり、実現可能な分子構成はほぼ無限大に見えます。つまり、材料発見には長い時間と費用、手間のかかる試行錯誤のプロセスが必要で、しかも成功は […]

さらに読む

2021年1月27日

科学で化学をミライする「AIによる未知の材料開発で持続可能な未来」

対話ロボット、音声アシスタント、自動運転や「討論するAI」。こうした多くの目に見えるAI応用に加え、目に見えないところでのAIの応用も活発になっています。その一つが「マテリアルズ・インフォマティクス」であり、これは専門家 […]

さらに読む

2021年2月18日

IBM 5 in 5:新たな材料の発見プロセスの大幅な加速によって実現する持続可能な未来

IBMの使命は、世界の現状を変革するためにお客様を支援することです。その最適な例は、IBMが毎年発表しているテクノロジーについての予測である「5 in 5(ファイブ・イン・ファイブ)」です。毎年、当社は、IBM Rese […]

さらに読む

2020年5月26日

IBMの量子コンピューティング研究の最前線に立つ女性たち

一世紀以上にわたり、数学者と物理学者は亜原子粒子の運動と相互作用を研究し、モデル化してきました。1970年代には、研究者は、量子物理学の研究を情報技術にどのように結びつけられるかを探求し始めました。情報技術は、理論上、量 […]

さらに読む

2020年5月26日

IBM Quantum Challengeの結果「回路使用量は1日あたり10億を突破」

5月4日から5月8日まで、IBM Cloud上で実施されたIBM Quantum Challengeに、世界中の方々の参加を呼びかけました。IBM Quantum Challengeは、クラウド上で量子コンピューターの実 […]

さらに読む

2020年5月11日

クラウド・サービスの機密性とガバナンス

多くの企業や機関では、金融、医療、行政など機密性の高いデータを分類するための複雑なディープ・ニューラル・ネットワークの開発、調整、仕上げに数か月を費やしてきました。この課題について、アプリケーションのコンテナ化とパッケー […]

さらに読む

2020年3月30日

ラボの枠を超えて:IBMリサーチ、企業のためにAIの進歩のパイプラインを強化

AIによる自然言語処理には、技術的にまだまだ多くの課題があります。文法や綴りなどの言語的なルールは必ずしも規則的であるわけではなく、言語が異なれば、ルールも異なります。また、ある程度ルールがわかりやすい言語においても、地 […]

さらに読む

2020年3月16日

量子コンピューティング時代の到来―私たちの世界はどう変わるのか

高精度な長期的天気予報。複雑な分子の動きを研究することで発見された救命薬。化石燃料によって引き起こされる気候変動を止めることに役立つ、新たな合成炭素吸収素材。電気自動車に電力を供給し、電力系統にグリーンエネルギーを蓄える […]

さらに読む

2020年1月28日

量子コンピューターの飛躍:「実験」から企業システムへ

昨年、IBMは、今後10年以内に量子コンピューターの有用性(Quantum Advantage)を実証するためには、量子計算システムの量子体積(QV)を少なくとも毎年2倍にする必要があると宣言しました。そして、2020年 […]

さらに読む

2019年12月19日

重金属を含まない新しい電池設計により環境問題の軽減に寄与

著者:ヤンヘイ・ナ(Young-Hye Na)博士 IBM Research-Almaden、次世代電池用素材イノベーション担当マネージャー   IBM Researchは、長い歴史を持つ材料科学のイノベーショ […]

さらに読む