村田 大寛

ブランドスイッチされない選ばれるコネクテッドカーの作り方

Cognitive Applications Blog, コネクテッドカー, 自動車

  アメリカの自動車業界紙の調査によると、「コネクテッドカー(インターネットに常時接続し従来とは違う運転体験を提供する車)」の素晴らしい機能を待ち望んでいる」と答えた購買希望者は約9割に登り、およそ半数が「コネ ...続きを読む


日経 xTECH EXPOセッション「IBM基礎研究所の事故予測モデルによる安全運転支援の未来」レポート

Cognitive Applications Blog, イベントレポート, 自動車

  先日東京ビッグサイトで開催された「日経 xTECH(クロステック)エキスポ」で、多くの来場者の関心を集めていたセッションが「IBM基礎研究所の事故予測モデルによる安全運転支援の未来」です。 今回は、参加者ア ...続きを読む


ウェビナー紹介: AIとIoTによる作業員の安全管理・健康管理 – Worker Insightsのご紹介

Cognitive Applications Blog, Webセミナー, 安全・健康管理

  労働者の安全管理・健康管理に対する意識は高まっているものの、昨年、道路や工事現場から搬送された労働者は1万2000名を超え、労働現場における墜落・転落の事故も依然多いままです。また、 広く実現が求められてい ...続きを読む


動画紹介: 作業員向けAIアシスタントの概要と機能

Cognitive Applications Blog, Webセミナー, 設備保全・高度解析

  設備の複雑化、保全業務の高度化、技術者不足などから「保全品質の低下と運用コストの増大」への対応策が求められています。 IBMは、すべての技術者が熟練技術者のように活動できるよう支援するAIアシスタントにより ...続きを読む


[事例: 大手保険会社グルパマ社] データを「新たな顧客体験」へ。つながる保険をIoTで実現。

Cognitive Applications Blog, コネクテッドカー, 事例...

  当記事は Groupama and IBM find opportunity through disruption の抄訳を元に、最新のグルパマ社とIBM Watson IoTのコラボレーション情報を加え、 ...続きを読む


つながる繊維が編みとく、職場の健康と安全 – ミツフジ x AI x IoT

Cognitive Applications Blog, 安全・健康管理

*掲載された内容は2019年4月現在のものです リアルタイムデータを活用して、危険な兆候を察知してすぐに対応を取る方法はないのでしょうか。 高度なアナリティクスを用いて、従業員の体調と環境データの両面から、リスクを目に見 ...続きを読む


IoT時代に求められる大量データからの洞察の発見~ナレッジグラフの能力とは

Cognitive Applications Blog, 技術動向・トレンド

施設内のあちらこちらにセンサーを取り付けて、大量のデータを収集している企業が増えています。しかし、集めた大量のデータから、意味がある洞察を得られていますでしょうか。集めたデータを何らかのアクションにつなげられなければ、デ ...続きを読む


3月7日「AIで進化するIoT」セミナーレポート

Cognitive Applications Blog, イベントレポート

  3月7日に開催された、名古屋 JPホールに約100名が集ったセミナー「AIで進化するIoT – ものづくりとデータ活用ビジネス」。 当日の様子を、いくつかのセッションをピックアップし、骨子やキーフレーズをダ ...続きを読む


熟練者のノウハウと知見(匠の技能)をAIが伝承 〜 現場作業員向けAIアシスタント

Cognitive Applications Blog, 技術動向・トレンド

日本の製造業が持つ競争力の源泉は”現場の技術力”にあると言われています。今、製造現場では高齢化による退職や人材の流動化が進む一方で、熟練技術者が長年の経験で培ったノウハウや専門領域に対する知見は暗黙知となっており、社内で ...続きを読む