IBM Sustainability Software

電力消費ダッシュボード デモ | IBM Maximo Monitor

記事をシェアする:

 

問題解決や課題解消に必要なのは「スピーディーな対応」でしょうか。それとも「中長期的取り組み」でしょうか。

皆さんがご想像される通り、「時と場合による」が答えであり、それはつまり「両方必要」を意味しています。いずれにしろ必要なのは、網羅的かつスピーディーな現状把握であり、計画とトレンドの差異をデータから見出す洞察です。

今回は、そのために必要なダッシュボード・サービスのデモを、「建物の電力消費ダッシュボード」の説明動画を通じてご紹介します。同じサービスをGHG(温室効果ガス)排出量や、さまざまな規制コンプライアンスに用いることもできますよ。

 

■ Maximo Monitor 電力消費ダッシュボードデモ

画像をクリックすると別ウィンドウに動画が表示されます

 

こちらがMaximo Application Suiteで利用可能な、ダッシュボード・サービスの画面となります。

Maximo Application Suiteでは、MQTTやHTTP経由でIoTデバイスから電力消費量や温度、圧力といったデータを収集・蓄積するプラットフォーム・サービスを提供しています。

また、それらのデータを表示するための、カスタマイズ可能なダッシュボードも提供しています。

このダッシュボードでは、ミュンヘンにあるIBM IoTセンターのデータを、リアルタイムにモニタリングしています。

 

このビルの画像のカードからは、センター全体の情報をサマライズしたものを確認できます。

スコープ2の間接消費量と関連する電力消費量などのパラメーターで、事前定義された閾値を超えるデータが入ってきた場合、アラートで通知されます。

ここで表示されているCO2は、室内のCO2濃度のデータですが、これを各企業が持っているCO2排出量のデータと置き換えることも可能です。

画像をクリックすると別ウィンドウに動画が表示されます

 

こちらのカードからは電力消費量の最大最小や、揮発性有機化合物を示すVOC、騒音などのリアルタイム・データを確認できます。

 

B このように、グラフでセンター内の状況も確認できます。
カードの設定によってはグラフで推移をも確認することができ、過去の状況との比較が可能です。
ここでは、湿度・温度をパラメーターとして表示しています。

 

ここで、フィルターをかけて、センター全体のデータからフロア毎にブレークダウンすることもできます。
フィルターをかけると、ダッシュボードに表示されるデータが、そのフロア、エリアに対応したものに切り替わります。
電力消費量のデータも、センター全体の値から、ビル7階範囲Z03エリアの消費に切り替わっています。

 

D  次は、ここに出ているアラートについて深掘りしていきます。ここでは、アラートが出ているワークステーションが一覧表示されています。
この例では、オフィスの快適性を高める目的でワークステーション毎のデータを見ていますが、ワークステーションを設備に置き換えると、各設備がどれくらい電力を使用しているのか、どれくらいCO2を輩出しているのかといったことを可視化することができ、サステナビリティー活動に応用できます。

 

1番上のワークステーションをクリックしてみます。

すると、ダッシュボードが特定のワークステーションについての情報に切り替わります。

画像をクリックすると別ウィンドウに動画が表示されます

 

このワークステーションでは、ワークステーション周辺でのCO2濃度が原因で、アラートが出ていたようです。

アラートは、他のサービスと連携することができ、設備の異常な状態を他のアプリケーションに通知したり、アラートをトリガーにして運転状態を変えるといったこともあるかと思います。

次は、これらのダッシュボードの編集についてもお見せしたいと思います。

画像をクリックすると別ウィンドウに動画が表示されます

 

E こちらはダッシュボードの編集画面です。データを要約する際に、日毎や週毎で見るといった粒度や、フロアやゾーン、オーナーなど、フィルタリングしたい項目の定義を決めます。

 

F 次に、消費電力やVOCなど、どんなデータをインプットとするかを設定します。
デモでは、センター内のCO2濃度をインプットとしていましたが、CO2排出量の計測値をインプットとすることも可能です。

 

G 次に、ダッシュボードの配置や、どのようなカードを使用するかを設定します。
カードはドラッグ&ドロップで自由に配置を変えることができます。

 

H また、カードはJSONファイルで設定を定義して、ここでインポートすることで作成できます。

 

このように、Maximo Application Suiteでは、IoTセンサーをはじめとするさまざまなデータソースから収集したデータを用いて、事業所などの各拠点の排出量や、電力消費量をリアルタイムにモニタリングすることができ、企業活動におけるサステナビリティー実現に貢献します。


いかがでしたか。

電力やCO2排出量の削減に欠かせない「包括的把握」と「可視化」、そして「スピーディーな対応」に取り組みたい方、あるいはご質問をお持ちの方は、下記よりお問い合わせください。

 

 

製品・サービス・技術 情報

 

問い合わせ情報


 

関連記事

[事例] アムステルダム・スキポール空港 | 世界をリードし最も好まれるデジタル空港へ

IBM Maximoで「スマート保安」にアクションプランを

IBM Maximo Application Suite | 資産管理ソリューション

 


More IBM Sustainability Software stories

アイデアミキサー・インタビュー | 村上春二(株式会社UMITO Partners代表)後編

IBM Sustainability Software

組織が生みだすインパクトの大きさは未来を変える可能性の大きさ 前編ではアメリカでの越境からサーモンにぞっこんになった理由、環境保護以外の柱と漁師さんたちとの関わり方などについてお話しいただきました。 後半では会社組織や科 ...続きを読む


サプライチェーンの未来を切り拓く | プレイブック – 5つの必須戦略 from IBVレポート

IBM Sustainability Software

パンデミックなど激動する社会情勢の中で、社会・経済に与えるインパクトの大きさからサプライチェーンに大きな注目が集まっています。 こうした激変する環境の中、IBM のビジネス・シンクタンクである「IBM Institute ...続きを読む


アイデアミキサー・インタビュー | 村上春二(株式会社UMITO Partners代表)前編

IBM Sustainability Software

「理想でメシを食う? そんなの無理だよ」と言われるたびに強く反発してきた 軸となる強い自己やアイデアを持ちながら越境や開拓を続ける方がたに、これまでの足取りや想い、そして未来へのビジョンについて語っていただく「アイデアミ ...続きを読む