Maximo Mobileのご紹介

インテリジェントなモバイルEAMで、技術者があらゆる資産をいつでもどこでも管理できる機能を提供します。

Maximo Monitor:監視と応答を強化

IBM® Maximo Monitorは、全社規模の、AIを活用したリモート監視機能を活用して、従来より数は少ないが、より実用的なアラートを生成し、根本原因に関するより優れた洞察を提供します。運用面の障害を防止することにより、生産の稼働時間を向上し、資産のライフサイクルを最適化して、よりスマートに監視することができます。

→ ソリューション概要を読む(PDF, 292KB, 英語)

→ ツアーを見る(英語)

Maximo Monitorの主要なメリット

全社規模でのデータ集約と可視性

複数のソースからのデータを統合して、運用状態に関する洞察を引き出します。

プロセスおよびサイト間での運用の拡大

単一のダッシュボードで、企業全体での運用を拡大および視覚化できます。

AIによる問題と異常の検知

高度な分析とAIを使用して、問題を素早く検知し、運用履歴からのデータを利用することができます。

解決チーム向けのドリルダウン分析

企業資産管理(EAM)の既存のワークフローに組み込むことができる構成可能なドリルダウン機能で、迅速な問題解決を実現します。

拡張可能なIoT基盤

クラウド・ベースの迅速かつ低コストの導入で、効果をより早く実現します。 段階的な接続と収集のソリューションにより、正常性スコアリングや予測アルゴリズムを使用して、長期にわたって価値を拡張できます。

Maximo Monitorを使用した全社規模の監視機能は、開発者に公開されています。

Maximo Visual Inspection:規模に応じて運用上の洞察を提供

コーディングの専門知識を持たないビジネス・ユーザーが容易にコンピューター・ビジョンを活用できるようにすると同時に、運用に対するインテリジェントな「目」を追加します。 また、直感的なツール・セットによってプロセスを簡素化して、ディープ・ラーニングのビジョン・モデルをラベル付け、トレーニング、および導入できます。 既製のモバイル・デバイスやエッジ・デバイスと組み合わせることにより、お客様は完全に最適化されたプラットフォームを実装し、生産性を高め、生産障害を特定できます。

→ ソリューション概要を読む(PDF, 521KB, 英語)

→ツアーを見る(英語)

Maximo Visual Inspectionの主要なメリット

稼働時間の改善と障害の軽減

ディープ・ラーニングを使用してプロセスおよび出力を分析することにより、継続的にエラーおよび障害の検出精度を向上させ、根本原因分析を実行します。

どこにでもトレーニングして導入できる柔軟性

工場から現場に至る、すべての場所から検査と監視が可能になります。オンプレミス、クラウド、エッジ・デバイスなど、どこにでもモデルをトレーニングして導入できます。

迅速な行動と問題解決を可能に

AIはミリ秒単位で問題を検出し、検査すべきリソースに対して素早くアラートを発行して、あらゆる問題を調査、診断、および修正できるようにします。

対象分野のエキスパートを支援

簡素化されたユーザー・インターフェースにより、対象分野のエキスパートは容易にデータを取り込んだり、モデルをトレーニングできます。限定的なディープ・ラーニング・スキルしか持たないクライアントも、 AIソリューション用のモデルを構築できるようになります。

革新的なツールを容易に導入

信頼性や品質のエキスパートにAIベースの革新的なツールを提供します。

カスタム・モデルのサポートによる適応性の向上

カスタム・モデルをインポートできるようになったため、データ・サイエンティストがモデルをトレーニング、チューニング、または導入する必要がなくなりました。