資産パフォーマンス管理

電力消費ダッシュボード デモ | IBM Maximo Monitor

Cognitive Applications Blog

  問題解決や課題解消に必要なのは「スピーディーな対応」でしょうか。それとも「中長期的取り組み」でしょうか。 皆さんがご想像される通り、「時と場合による」が答えであり、それはつまり「両方必要」を意味しています。 ...続きを読む


IBM Maximoによる「インテリジェント・ワークフロー」 | 設備診断デモ

Cognitive Applications Blog

およそ2年にわたり続いている新型コロナウイルス感染症の大きな影響に、私たちは「社会のあり方」「暮らしのあり方」「ビジネスのあり方」の見直しを余儀なくされました。 何が「エッセンシャル」で何が「不要不急」なのか。満員電車や ...続きを読む


資産管理・設備保全の統合プラットフォーム IBM Maximo 後編(月刊誌「食品機械装置」より)

Cognitive Applications Blog

株式会社ビジネスセンター社発行の月刊誌「食品機械装置」2021年11月号に、『資産管理・設備保全の統合プラットフォーム』という、コグニティブ・アプリケーションズの野ヶ山尊秀の寄稿記事が掲載されました。 その内容を2回に分 ...続きを読む


[事例] Novate Solutions | 人間には知覚できないものを認知するテクノロジー

Cognitive Applications Blog

  プラントに24時間365日のプロセス信頼性を提供  プロセス障害のコストが分単位で測定されることが示しているように、製造・生産システムの停止は一分一秒でも短くする必要があります。変化する状況に迅速に適応でき ...続きを読む


[事例] オマーン石油開発会社 | バックオフィス業務を一元化。2,300時間をMaximoで削減

Cognitive Applications Blog

  全社設備資産の管理および調達などに用いる管理システムを刷新する必要に迫られていたオマーン石油開発会社(PDO)は、それまでの紙ベースの作業からコンピュータ支援施設管理システムへの全面移行にパートナー企業と共 ...続きを読む


電力送配電DXレポート 第1回 海外送配電事業者が進める5つのDXプロジェクト

IBM Consulting, デジタル変革(DX)

日本アイ・ビー・エム株式会社グローバル・ビジネス・サービス事業 公益サービス事業部根津 千幸 2016年の電力自由化、2020年の法的分離など、電力業界を取り巻くビジネス環境は近年、大きく変化しています。なかでも送配電事 ...続きを読む


事後保全から「予防保全」への転換 | ホワイトペーパーダウンロード(無料)

Cognitive Applications Blog

今、現場では設備資産の保全業務がボトルネックとなりつつある。さまざまな要因が重なり合っての現象ではあるが、どの要因にもほぼ必ず関係してくるのが「人手」と「属人性」だ。 こうした状況を改善すべく登場したのが、「後追いの解決 ...続きを読む


エクサが語る! コロナ禍でのシステム導入支援、その裏側。

Cognitive Applications Blog

  昨年コロナ禍にも負けずIBM Maximo Asset Management(以下、IBM Maximo)を基盤とする新しい設備保全管理システム構築プロジェクトを実施し、無事にサービスインした東亜石油株式会 ...続きを読む


IoTデータとAIで、鉱業・採掘業界に次世代の生産性を

Cognitive Applications Blog

  このブログ記事は、サンドビックグループのRock Drills & Technologies社の社長パトリック・マーフィー氏が書かれた『How AI technology can make mini ...続きを読む


保全戦略を進化させる設備管理パッケージIBM Maximo(資産パフォーマンス管理編)

Cognitive Applications Blog, 設備保全・高度解析

  AIとIoT技術の実用化が進み、これまで作業員が行っていた「計画→点検→分析→保全作業」という一連の保全業務PDCAプロセスを、自動化・省人化する取り組みが進んでいます。 企業競争力をさらに高めるためには、 ...続きを読む


アトランタの都市交通を守るIBMのIoTとAI – APMが進化させる保全戦略

Cognitive Applications Blog, 事例, 設備保全・高度解析

  IBMは、資産集約型産業の保全戦略を、IoT(モノのインターネット)とAIによる高度分析で支援する新たなソリューションを発表しました。 これはすでに、アトランタ都市圏高速交通局(通称「マルタ」)での採用が決 ...続きを読む