設備保全・高度解析

[事例] キング・ハーリド国際空港を次世代スマート空港に変革するIBM Maximo

IBM Sustainability Software

サウジアラビアの首都リヤドにあるキング・ハーリド国際空港(KKIA)は、国内外45社以上の旅客・貨物サービスを提供する航空会社と、2,600万人以上の乗客に利用されている大空港です。 50,000を超える設備や機器、サイ ...続きを読む


インテリジェント・アセット・マネジメント戦略が必要な6つの理由

IBM Sustainability Software

資産管理プロセスに関するデータは爆発的に増え続けています。ところが、これらのデータのうち活用されているのは1/3に過ぎません。2/3は、ただ取得されているだけで、未使用のままとなっています。 こうなってしまっている理由は ...続きを読む


もっと持続可能な運用を実現するもっとスマートな資産管理20の方法

IBM Sustainability Software

環境負荷軽減に向けあらゆる企業が頭を悩ませている中、はっきりしていることが1つだけあります。 より持続可能な世界には、産業界がより持続可能な事業を構築することが必要だということです。   重工業や大規模製造業は ...続きを読む


土木の「協調領域」に新しい礎を | 清水建設とIBM Maximoのチャレンジ

IBM Sustainability Software

「まだ始まったばかり」−−この言葉が最も適切に状況を表しているのかもしれません。 でもビジネスに長く関わってきた方であれば、往々にして最も難しいのが「始めること」だということをご存知ではないでしょうか。 今回紹介するのは ...続きを読む


IBM Maximo Mobile動画 | モバイルEAMを利用して、あらゆる資産をいつでもどこでも管理

IBM Sustainability Software

IBM Maximo Mobileは、次世代のモバイル・テクノロジーで構築された、革新的で容易に導入できるプラットフォームです。 AIを活用した支援により、技術者が必要とするときに必要な場所で、適切な設備保全データおよび ...続きを読む


IBM Maximo Application Suite 概要&デモ動画

IBM Sustainability Software

信頼性の高い設備保全管理と障害に強い運用に必須のインテリジェンスを提供 クラス最高のエンタープライズ・アセット・マネジメント(EAM)であるIBM Maximo Application Suiteは、1つのプラットフォー ...続きを読む


IBM Maximo、IDC MarketScapeのSaaSおよびクラウド型の石油・ガス向けEAMアプリケーション分野のリーダーに

IBM Sustainability Software

  社会インフラストラクチャーとして、安全性を重視した労働集約型のビジネスモデルを長年続けてきた、石油・ガスをはじめとしたエネルギー業界。 しかし、ここ数年の急速な技術革新を受け、自動化やAIを活用し、より効率 ...続きを読む


最新ドローン技術活用による保全業務の「超」省力化(セミナーレポート)

IBM Sustainability Software

  3月17日、日本IBMとセンシンロボティクス社との共同開催にてセミナー『工場もインフラも人不足を解決!! 最新ドローン技術活用による保全業務の「超」省力化』が行われました。 当記事では、セミナーの模様をダイ ...続きを読む


保全業務の「超」省力化をドローンで | 3月17日セミナー開催

IBM Sustainability Software

工場もインフラも人不足を解決!! 最新ドローン技術活用による保全業務の「超」省力化   すでに多くの企業で活用がスタートしているドローン。最近では、エネルギープラントや建設現場、また空港や港湾などのインフラ施設 ...続きを読む


事例 | 東芝デジタルソリューションズによるIBM Maximo導入支援 ― 配電領域へ統合設備管理パッケージを業界初導入

IBM Sustainability Software

東芝デジタルソリューションズ株式会社様(以下TDSL)は、IBM Maximoに関する高度な技術力と構築実績、ノウハウを持つ、東芝グループのシステムインテグレーターです。 そのTDSLが、昨年IBM Maximoの導入を ...続きを読む


電力消費ダッシュボード デモ | IBM Maximo Monitor

IBM Sustainability Software

  問題解決や課題解消に必要なのは「スピーディーな対応」でしょうか。それとも「中長期的取り組み」でしょうか。 皆さんがご想像される通り、「時と場合による」が答えであり、それはつまり「両方必要」を意味しています。 ...続きを読む


IBM Maximoによる「インテリジェント・ワークフロー」 | 設備診断デモ

IBM Sustainability Software

およそ2年にわたり続いている新型コロナウイルス感染症の大きな影響に、私たちは「社会のあり方」「暮らしのあり方」「ビジネスのあり方」の見直しを余儀なくされました。 何が「エッセンシャル」で何が「不要不急」なのか。満員電車や ...続きを読む