ビジネス・オペレーション

自動車産業のエンジニアリングの複雑さの制御: AI、洞察および専門知識で、製品開発の変革を支援

記事をシェアする:

エンジニアリング・プロセスの自動化方法を解説、全社規模で開発に AI を導入するためには

私たちは、テクノロジーが絶え間なく変化する時代に生きています。そして自動車エンジニアは、世界で最も複雑な資産を作っています。しかし、複雑さがどれだけ増えようと、依然として、製品をスケジュールどおりに提供しなければなりません。それによってはじめて、高まる一方のお客様の期待に応え、混乱を切り抜けることができるのです。

 

なぜ製品開発に対するデジタル変革が不可欠なのか

明らかにテクノロジーの複雑性がどこよりも高いのが自動車産業です。最善の環境だったとしても、車両のエンジニアリングというのは難しい業務です。増え続ける先進運転支援システム(ADAS)を用いた車両のエンジニアリングは、それよりもはるかに困難です。安全性(ISO 26262)、サイバーセキュリティー(ISO 21434)、プロセスおよび品質(ASPICE)、さらには SOTIFなど AIに関する最新規格など、準拠すべきコンプライアンス規格を考えてみてください。

こうした標準規格に加え、国際競争や今世界的混乱の渦中にある業界は、今こそエンジニアリング・ライフサイクル管理(ELM)に対する現代的なアプローチを取る時期といえます。資産、エンジニアリング、およびサプライチェーン業務を結びつけることにより、製品ライフサイクル全体を監視できるようになります。自動車産業では、成功するためにデジタル・トレーサビリティーが求められるからです。これは、組織が変化する市場ニーズに素早く対応しつつ、できるだけ安全な製品を迅速に市場に投入し、しかもそのすべてを大規模に行うことを今後とも可能にするために必須の手段です。

今まさに切迫したビジネス上の問題に取り組まれているのであれば、IBMにご相談ください。 

最近の IDC Analyst Connection(英語, 要登録)「How to Fuel the Digital Engine Driving
Product Development(製品開発を加速するデジタル・エンジンへの燃料供給)」1によれば、「ハードウェアとソフトウェアを統合した、ますます複雑化する製品を首尾よく開発することは、デジタル変革なしでは実現不可能です。デジタル変革は、ハードウェアおよびソフトウェア・システムの開発の簡素化に役立つだけでなく、エンジニアリング・ライフサイクル全体にわたって特定のタスクを効果的に自動化するのための基盤を提供します」。

1. 日本語解説記事: IDCアナリストが答える、製品開発のデジタル変革
https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/iot-idcqa1/
https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/iot-idcqa2/
https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/iot-idcqa3/

 

先進テクノロジーを活用してエンジニアを支援

デジタル変革を開始すると、先進テクノロジーの力を利用することの大きなメリットに気付くことができます。成功のための鍵の一つが、AI と機械学習の利用です。IDC によれば、「ソフトウェア集約型の製品開発へと移行するにつれて、要件はますます複雑になってきています。そうした状況の中では、組織がより多くの経験豊富なエンジニアの知識によって恩恵を受け、さらに測定基準の可視化も可能にしながら、機械学習、AI、およびインテリジェント・アナリティクスが重要な役割を果たしています」。 これは、開発チーム、パートナー、およびサプライヤー・エコシステムが分散して存在するエンジニアリングにおいて、要件と設計意図の伝達という最基本的な問題に取り組むのに役立ちます。

製品開発プロセスにおけるもう 1つのよくある分岐点は、自動車産業の複雑性の中心部、つまり、システム、ソフトウェア、および電気工学が交わるところです。これに対しては、ASPICE や ISO26262 その他のサポートと併せて世界クラスのプロセスをサポートする、反復可能なベスト・プラクティス、ツールやガイダンス、および自動化されたワークフローが必要とされます。これらのアプローチによって、エンジニアリング組織が悪戦苦闘している問題の多くが自然に解決されます。

 

IBMによるお客様支援

IBM は、Visteon やメルセデス・ベンツのような企業と協力して、エンジニアリング組織の変革を行っています。IBM Engineering Lifecycle Management(ELM) は、お客様がエンジニアリング・プロセスをより完全にデジタル化し、プロセスに AI を組み込み、また自社独自の開発プロセスに製品データを統合できるようにして、全社規模で新機能を配備できるようにします。

製品開発の変革については、全社規模でのシステム・エンジニアリングをご覧ください。

次世代のビジネスオペレーションの情報もこちらでまとめています。

 

AI、洞察および業界専門知識により、混乱に対応してお客様のビジネスを変革

IBMは、急速に変化する条件に対応するインテリジェント・ワークフローを構築するための、ソフトウェア、サービス、および業界専門知識の不可欠な要素をお客様にご提供しています。お客様がデジタル変革の過程のどこであっても、IBMはお客様のパートナーとして、レジリエントな事業運営のために必要とされる、AIによって強化された洞察とコンサルティング・サービスをご提供いたします。詳細な説明をご希望される場合は、IBMにご相談ください。

著者について: ブレット・ヒルハウス(Brett Hillhouse)は、IBM のグローバル・オートモーティブ・リーダーです。業界およびテクノロジー戦略はもとより、全世界の自動車業界のお客様の成功に対しても責任を負っています。その 25 年以上に及ぶ業界経験には、世界的な自動車および航空宇宙業界の OEM や一次サプライヤーにおける変革エンゲージメントなどが挙げられます。こうしたエンゲージメントには、製品開発の変革、再利用戦略とその実施、業界コンプライアンス、および AI の応用が含まれています。過去には、IBM および Siemens(旧 SDRC)で、業界の指導的地位をいくつか務めてきました。彼はコーネル大学で機械・航空宇宙工学の理学士号を取得しています。

※この記事は米国時間2020年4月22日に掲載したブログ(英語)の抄訳です。

More ビジネス・オペレーション stories

Maximo Visual Inspection | すべてGUIで作るAI画像モデル

Cognitive Applications Blog

– 「プログラミング、データサイエンス人材がいないのでAI活用ができない」 – 「外部のAI開発担当者とのやり取りが大変。なかなか現場のコツがAIに反映されない」 – 「AIモデルに微 ...続きを読む


変革が迫られる保険業界、 量子コンピューターやAIをどう役立てるか?

保険

「Global Insurance Live」レポート 量子コンピューターなど最先端のテクノロジーが保険業界に与える影響をテーマとするオンラインイベント「Global Insurance Live」が、ドイツを拠点に保険 ...続きを読む


電気自動車のエンジニアリングとデザインに必要不可欠なもの

Cognitive Applications Blog

  ソフトウェアで定義された自動車にエンジニアリング・デジタル基盤が必須な理由 安全性と品質を確保するための新しい車両内テクノロジーとシステム開発、テクノロジー基盤となるデータの管理とアクセス保護、そしてこの新 ...続きを読む