システム・エンジニアリング・ソフトウェアおよびソリューション
複雑な製品開発の問題にはシステムエンジニアリングソリューションが必要
ELM を選択する理由を確認 ELMインタラクティブツアーに参加
大型機械システムで作業する安全ゴーグルを着用した人
概要
複雑な製品開発の課題

今日のソフトウェアおよび製品開発チームは、高品質で、安全性が重要なコンプライアンスおよび規制基準を満たし、価格競争力があり、迅速に提供される製品を作成するという任務を負っています。

解決策は、要件やモデリングから開発、製品テスト、リリースに至るまで、基本を管理するための実用的なアプローチを採用することです。効果を最大化するには、すべての利害関係者の製品ライフサイクル全体にわたるエンドツーエンドのビューが必要です。

IBM Engineering Lifecycle Management (ELM) は、製品およびソフトウェア開発を管理するための主要なソリューションです。

IDC の製品開発視点を取得

製品開発を推進するデジタル エンジンを促進する方法を学びましょう。

メリット
製品の複雑さを管理

製品およびソフトウェアの開発ライフサイクルにエンドツーエンドのソリューションを採用すると、複数の作業ストリームの調整が容易になり、サプライヤーを含むすべての関係者間でのコラボレーションとコミュニケーションが容易になります。

チームの生産性を向上

分散したチームの接続を維持し、リアルタイムのコラボレーションと割り当てを強化し、反復的なタスクを自動化し、開発ライフサイクル全体にわたるトレーサビリティを向上させることで、開発チームの生産性が向上します。

リスクの最小化と優位性の最大化

エンドツーエンドのアプローチを通じて提供される可視性を活用することで、要件からテストまでの透明性とトレーサビリティが可能になります。継続的なテスト、変更管理の改善、手戻りの減少により、リスクが軽減され、品質が向上します。

コストを削減

製品およびソフトウェア開発の管理に、より俊敏なアプローチを採用すると、ソフトウェア エンジニアリング チームの生産性が向上し、コストのかかるサイクル後半の手戻りが削減され、製品全体の品質が向上します。

コンプライアンスと文書化

エンジニアリング データとプロセスの単一ソースをトレーサビリティとともに活用することで、コンプライアンスを検証し、開発ステータスを文書化するための強力な基盤が提供されます。

レポートと分析

レポートを作成して問題の原因を理解し、プロジェクトのステータスを伝達し、潜在的なプロセス改善の領域を定義できることは、コストの削減、品質の向上、製品の納期厳守の確保に役立ちます。

システム・エンジニアリング・ソリューション エンジニアリングライフサイクル管理

IBM Engineering Lifecycle Management は、今日の複雑な製品およびソフトウェア開発のための主要なプラットフォームです。ELM は標準 ALM ツールの機能を拡張し、すべてのエンジニアリング データにわたって完全な透明性とトレーサビリティを提供する統合されたエンドツーエンド ソリューションを提供します。

SDLCプロセスの最適化

IBM Engineering Lifecycle Optimizationは、エンジニアリング・データの分析、システムの運用、プロセスの管理、ベスト・プラクティスの確立、カスタム・レポートの生成、サードパーティ製統合アダプターの管理などの機能を強化し、標準的なALM機能を拡張します。

モデルベース・システムズ・エンジニアリング (MBSE)

製品の複雑さが増すにつれて、より優れたモデルベースのシステム設計を提供する必要性も高まります。MBSE 手法を使用すると、多様なチームが協力して要件を分析し、設計上の決定を最適化し、機能を徹底的に検証できます。さらに、チームでデザインレビューを行い、納品を自動化する。

要件管理

要件管理は、製品ライフサイクル管理の必須の実践およびフレームワークとして機能します。プロジェクトの範囲をコントロールし、時間とコストを節約する。 また、トレーサビリティが強化され、コラボレーションが向上するため、製品開発プロセスに関する洞察が向上します。

アジャイルソフトウェア開発ワークフロー管理

リアルタイムで効果的なコラボレーションを可能にすることは、分散した多分野のチーム全体で成功するために重要です。適切なワークフロー管理により、コラボレーションのためのオープン システム アーキテクチャ、合理化されたアジャイル開発モデル、ガバナンスの自動化が実現します。

テスト管理と品質保証

品質管理は利益の機会を生み出しますが、製品の品質を高めるには、包括的なテスト計画を立てるための Web ベースの共同ツールが必要です。統合されたテスト ソリューションは、システム分析と実際の即時フィードバックを極めて明確にし、最大の効率とコストの削減を実現します。

お客様事例
システム・エンジニアリングへのアジャイル・アプローチの使用 ASTRI が開発ライフサイクルの早い段階で顧客とシステムの要件をどのように求めて検証し、将来の設計変更への対応の機敏性を高めたかを学びましょう。 お客様事例はこちら
参考情報

システムのシステム、チームのチーム。 未来は他に何がありますか? 国際システム工学会議は将来を見据えています。

システムズ・エンジニアリング・ブログ

エンジニアリング分野におけるデジタル変革が人々の生活や働き方をどのように変えているかについて、業界の専門家からの最新情報をお読みください。

エンジニアリングコミュニティ

エンジニアリング ライフサイクル管理の詳細については、Jazz ユーザー コミュニティにアクセスしてください。

エンジニアは決して仕事を止めない

エンジニアリングが変化の時代におけるレジリエンスとブレークスルーをどのように促進するかをご覧ください。

エンジニアリング ライフサイクル管理に関するリーダーシップ アナリスト レポート

Kisaco の調査レポートを読んで、エンジニアリング ALM 市場の状況と、IBM が 2022 年のリーダーにランクされる理由を理解してください。

次のステップ

インタラクティブな製品ツアーを開始するか、IBM 専門家との相談を予約して、組織が IBM のエンジニアリング ソリューションからどのようなメリットを得られるかを確認してください。

ELM インタラクティブ製品ツアーに参加

拡張、データの透明性の向上、コンプライアンスの達成、自動化の追求に役立つソリューションを検討してください。

詳細はこちら
専門家を雇う

エンジニアリング ライフサイクルの各段階をより簡単に管理できるよう、専門家との 1 対 1 の相談をスケジュールします。