エンジニアリングライフサイクル管理
イノベーションとコンプライアンスの融合:大規模なエンジニアリングに関するインサイト。
デモを予約
IBM Engineering Lifecylce Managementのグラフィック画像

要件|トレーサビリティ|コンプライアンス|報告

IBM Engineering Lifecycle Management(ELM)は、市場の最前線に立つ包括的なエンド・ツー・エンドのエンジニアリング・ソリューションです。要件からシステム設計、ワークフロー、テスト管理までシームレスにガイドし、ALMツールの機能を拡張して、より優れた複雑なシステム開発を実現します。製品ライフサイクル全体にわたってエンド・ツー・エンドの視点を採用し、データ・トレーサビリティのデジタル基盤を実現することで、変更をより簡単に追跡してリスクを最小限に抑え、コストを削減することができます。

設計から実行までの複雑さの克服、デジタルスレッドを通じたチームの団結、モデリングと再利用の活用、自動化されたレポートからのインサイトの活用、信頼できる大規模な運用でイノベーションの基盤を築きます。

IBM Engineering Lifecycle Managementポートフォリオ

製品およびソフトウェア開発プロセスに利用可能なアプリケーションについてすばやく理解できます。

ELMが選ばれる7つの理由

メリット トレーサビリティ

デジタルスレッドの双方向データにより、機能、ソフトウェア、機械、および電気工学の領域を単一の信頼できる情報源で実現できるようになります。

戦略的再利用

製品レベルの検証を可能にする製品ターゲットと要件の統合ビューを通じて、製品ラインの変動性と再利用をサポートします。再利用を活用して迅速なイノベーションを実現します。

影響分析

反復にはコストがかかります。新機能が予定どおりに配信され、すべてのサブシステムとベンダーが統合の失敗と配信の遅延を軽減する責任を負っていることを確認します。

コンプライアンス

コンプライアンスと規制に関する報告は変化しています。ライフサイクルを完全に可視化できるため、コンプライアンスに向けた進捗状況を追跡するレポートを簡単に作成できます。最初から安全が組み込まれています。

プロジェクトと追跡のコラボレーション

プログラムによるレポートを通じて、プロジェクトのステータスをリアルタイムで把握できます。単一システムを使用して、エンジニアリングワークストリームのプロセスフローと連携します。

SAFeを使用したエンタープライズ・アジャイル・プランニング

企業規模でアジャイル実践を実装するための組織パターンとワークフローパターンを適応および展開します。

機能

デジタルスレッドによる複雑さの軽減 ELM により、要件、設計、テストデータのライフサイクル全体にわたる完全なトレーサビリティが可能になります。また、欠陥や問題を発生源まで簡単に追跡できるため、組織が問題の根本原因を特定して対処できるようになります。さらに、製品またはプロセスがこれらの要件をどのように満たしているかを明確に記録することで、コンプライアンスを実証するのに役立ちます。

市場投入までの時間を短縮する この機能は、要件、設計データ、プロセスの再利用をサポートし、複数の製品バージョンとバリアントの配信をサポートし、チームがより洗練され、よりソフトウェア集約型で、よりスマートなシステムや システムオブシステムを構築できるようにします。

意思決定のスピードアップ 私たちのアプローチでは、SysML を利用して、アーキテクチャと設計のビジュアル モデリング、シミュレーション、テストの力を活用します。これにより、組織は開発プロセスの初期段階で設計を最適化できるようになります。さらに、当社のソリューションはカスタマイズ可能なレポートとダッシュボードを提供し、カスタマイズされた洞察を提供します。データ分析機能を活用することで、より多くの情報に基づいた意思決定が容易になります。

コンプライアンスの合理化 当社のツールは、業界標準と規制要件を開発プロセスにシームレスに統合します。要件からテストまでのすべてを含む変更管理プロセス全体をサポートするだけでなく、合理化します。この包括的なアプローチにより、コンプライアンスの達成と維持が保証されると同時に、途中で行われた変更の影響を徹底的に評価することも可能になります。

チームの効率を向上させる ELM は共同チーム開発を促進し、すべての開発機能、さらには地理的に分散したチーム間のギャップを埋めます。この堅牢な機能により、チームの場所や規模に関係なく、シームレスな調整が保証され、効果的なコミュニケーションが促進され、プロジェクトの進行状況を効率的に追跡できるようになります。

俊敏なシステムエンジニアリングでデリバリを加速 ELM は大規模な俊敏性を強化し、SAFe をサポートして計画の合理化、市場投入までの時間の短縮、バリューストリーム全体にわたるワークフローの加速を実現します。この革新的なアプローチはシステムとソフトウェア配信の両方に拡張され、企業内のあらゆるレベルでの俊敏性を実現します。さらに、当社のソリューションは、実用的な洞察に変換される視覚化されたデータを提供し、より予測可能な配信結果につながります。 ソリューションの概要を読む

購入方法
永続ライセンス

IBM エンジニアリング・ライフサイクル管理オンプレミスの許可またはフローティング・ユーザー・ライセンス。ソリューション内のすべての製品が利用可能です。 サブスクリプションとサポートは1年間含まれています。


SaaS (100 人以上の認定ユーザー)

シングルテナントの安全なサイト上の IBM エンジニアリング・ライフサイクル管理。サブスクリプションとサポートが含まれています。


SaaS (最大 100 人の許可されたユーザー)

シングルテナントの安全なサイト上の IBM エンジニアリング・ライフサイクル管理。サブスクリプションとサポートが含まれています。


料金体系を今すぐリクエストしてください。

ビジネス・ニーズに合った適切なエディションと料金体系を見つけるために、お問い合わせください。

お客様事例 航空宇宙産業がIBM Engineering Lifecycle Managementにより東南アジアで「飛躍」 

TUSAS Malaysiaは、その堅牢性、コラボレーション機能、拡張性により、エンジニアリング・プロセスのアップグレードにIBM ELMを選択しました。

共同での開発作業と持続可能性に配慮した設計

仮想テストと段階ベースの追跡により、ENYSEはサステナビリティー面での目標を達成すると同時に、コストの削減、市場投入までの時間の短縮を実現しました。

自動車イノベーションの迅速化

Nobo TechnologiesはIBMと協力して、将来の車両設計を可能にする新世代のデジタルR&D管理を共同開発します。

モジュール
要件管理

開発チームと関係者間のコミュニケーションを最適化するスケーラブルなソリューションを使用して、要件の変更をキャプチャ、追跡、分析、管理します。

要求管理はこちら
システムモデリング

プロトタイプ、シミュレーション、検証された設計の検証を通じて要件を分析および詳細化すると同時に、生産性と品質の向上を促進します。

モデルベース・システムズ・エンジニアリングの詳細を見る
テスト管理

エンドツーエンドのテスト計画と資産のテストを共同で管理します。テストの実行を自動化し、テスト結果を記録し、リアルタイムのテストステータスを表示します。

テスト管理を詳しく見る
ワークフロー管理

アジャイル、SAFe、またはカスタムプロセスを活用して、複数の開発プロジェクトにわたる作業計画、スプリント、タスクを作成および管理し、リリースサイクルの短縮を可能にします。

ワークフロー管理を詳しく見る
プロセス・イネーブルメント

IBM Engineering Lifecycle Managementの機能を拡張して、システムおよびソフトウェア開発環境をさらに強化および最適化します。

プロセス・イネーブルメントの詳細はこちら
レポートと洞察

XML および REST インターフェースを使用する IBM エンジニアリング製品および他のベンダーからドキュメントを生成する自動ドキュメント生成ソリューション。

レポートとインサイトを調べる
インテグレーションハブ

サード・パーティー・ツールとの統合によりアプリケーションのライフサイクル管理を拡張

統合ハブを探索する
次のステップ

製品ツアーに参加するか、IBM 専門家とのミーティングを予約して、組織がエンジニアリング ライフサイクル管理からどのようなメリットを得られるかを確認してください。

製品ツアーはこちら
その他の参考情報 製品ドキュメント トレーニングと認定