開発における最大の課題に関する洞察

ソフトウェア開発の意思決定者を悩ませていることは何でしょうか。 Forresterを特集したIBMのWebセミナーをご覧ください。

IBM Engineering Lifecycle Management

IBM Engineering Lifecycle Management(ELM)は、今日の複雑な製品開発とソフトウェア開発を牽引するプラットフォームです。 ELMは、標準的なALMツールの機能を拡張し、すべてのエンジニアリング・データに完全な透明性と追跡可能性をもたらす、統合されたエンドツーエンドのソリューションを提供します。 ELMは、要件管理からテストとデプロイメントに至るまで、すべての利害関係者間のコラボレーションとコミュニケーションを最適化し、意思決定、生産性、製品全体の品質を改善します。

IBM Engineering Lifecycle Managementでできること

複雑さの管理

開発チーム全体の透明性と追跡可能性を維持して、変更を効果的に管理し、製品がすべての要件を満たし、完全にテストされるようにします。

意思決定の強化

モデル・ベースのシステムズ・エンジニアリングを使用して、システム間と製品ライフサイクル全体にわたる設計変更の影響をより深く理解することで、より優れた意思決定を行えるようにします。

デリバリーを加速

アーキテクチャーと設計のモデリング、シミュレーション、テストと品質管理を統合する際に、アジャイル・メソッドを採用します。 コンポーネントを再利用することで製品ラインのエンジニアリング効率を改善できます。

品質の向上

すべての成果物に対する可視性をもたらす、統合テストとライフサイクルの追跡可能性により、開発の全体像を把握します。これにより、製品が確実にすべての要件を満たし、完全にテストされるようにできます。

継続的なコラボレーションの育成

分散したチームの特定のニーズをサポートするアジャイル・ツールとコラボレーション・ツールを使って、複数のチーム、役割、作業分野にまたがる構成可能なプロセス自動化を実現します。

コンプライアンスの簡素化

コンプライアンスと規制の標準を開発プロセスに組み込んで、監査能力と追跡可能性をもたらすとともに検証とレポート作成を可能にすることで、コンプライアンスを開発プロセスに付随するものとします。

動作中のギアを描いたピクトグラム

ELMの対話式ツアーを見る

包括的なエンジニアリング・ライフサイクル管理ソリューションが、企業のコンプライアンスと透明性を高めます。

IBM Engineering Lifecycle Managementの主要な機能

  • すべての開発機能と地理的に分散したチーム全体での、共同チーム開発をサポートする
  • SAFeのサポートなど、大規模に俊敏性をサポートする
  • 開発プロセスへの業界標準と規制要件の実装を支援する
  • すべての要件、設計、テスト・データを、ライフサイクル全体で追跡可能にする
  • 複数の製品バージョンやバリアントの提供をサポートするために、要件、設計データ、プロセスの再利用をサポートする
  • アーキテクチャーと設計のビジュアル・モデリング、シミュレーション、テストを可能にし、開発プロセスの早い段階で設計を最適化する
  • カスタマイズ可能なレポート作成とダッシュボードを提供する
  • 要件管理からテストまでの、完全な変更の影響評価と変更管理をサポートする
  • OSLCのようなオープン・スタンダードによる拡張性を実現する
  • データ分析を可能にして、意思決定を改善する
  • ベスト・プラクティスの自動化により継続的な改善を促進する
  • 開発ライフサイクルのエンドツーエンド管理を可能にする

メルセデス・ベンツ社は、エンジニアリングにおけるデジタル変革を採用

複雑な接続システムを開発するために統合的に組み合わせたIBMツールを採用することにより、Mercedes-Benz社は、イノベーションを推進する基盤を構築しました。

IBM Engineering Lifecycle Managementのツール

お客様の声