Buryは新たな挑戦に挑む
自動車産業が電力に軸足を移す中、部品メーカーのBuryは変革を加速化できます
高速道路の高い角度からの眺め
より持続可能な自動車の開発は設計から始まり、大手自動車ブランドのコア・サプライヤーとして活動するOEMは、顧客の期待に応えるだけでなく、エンドツーエンドの持続可能性を確保するために製造プロセスを常に再評価しなければなりません。

世界の自動車市場は、持続可能な交通手段への消費者の需要を満たすために、そしてもちろん、ますます厳しくなる排ガス規制を満たすために、電気自動車の設計、開発、製造に急速に軸足を移しつつあります。Bury Groupは、フォルクスワーゲン、ダイムラー・ベンツ、BMW、ゼネラル・モーターズなどの大手業界ブランドの主要サプライヤーとして、新たに拡大する要件のリストに直面しています。

同社は常に変化のペースに合わせて、非常に高い品質を維持しながら、製造および制御システムをできるだけ早く適応および強化することを目指しています。BURYは、IATF 16949、ISO26262、ASPICEなど複数の業界規格に従い、ベスト・プラクティスの運用を実現するために開発ライフサイクル全体を最適化します。さらに、市場とOEM顧客の高まる期待に応えるために、サイバーセキュリティー・ソフトウェアと機能安全要件に関連するシステムを製品内に実装しています。

BURYの最高情報責任者、Mariusz Bielawa氏は次のように述べています。「当社の戦略は、すべての開発プロセスにわたって総合的なアプローチを採用することです。目標は、修正作業の削減、リソースの削減、物理的なプロトタイプに代わる仮想モデリングを通じて、全体的な生産性を向上させ、エンジニアリングの品質を改善し、持続可能性を高めることです」

しかし、会社が成長するにつれて、BURYの既存のエンジニアリング・ライフサイクル管理システムは対応できず、十分な機能を提供できなくなりました。

「要求の厳しい顧客にハードウェアとソフトウェアの両方で最高のソリューションと製品を提供するために、複雑なプロセスと開発サイクルを最高水準に沿ってスムーズ、迅速、正確に実行できるようにしたかったのです」とBielawa氏は説明します。

強化されたソリューションを探す支援をするため、BURYはIBMビジネス・パートナーであるSmarterProcessと連携しました。 SmarterProcessは、テストの自動化、要件管理、品質管理、統合アプリケーション開発サイクル、DevOps、アプリケーション展開自動化などのコンサルティングおよびテクノロジー・サービスを専門としています。

500人のエンジニア

 

複雑なプロセス管理ソリューションを500人のエンジニアに提供し、新しい市場の開拓を支援

ASPICE-5

 

ASPICE-5の認定を目指し、業界での認知度を獲得できるようになります

IBM Engineering Lifecycle Managementによって、BURYは業界規格を導入し、開発ライフサイクル全体を最適化することができ、生産性の向上、修正作業の削減、リソース消費の削減、自動車業界の将来の課題への対応を支援します。 Mariusz Bielawa氏 Chief Information Officer(最高情報責任者) BURY
新しいEV市場への転換

SmarterProcessと緊密に連携しながら、BURYはターゲット・ソリューションとしてIBM Engineering Lifecycle Management(ELM)プラットフォームを選択しました。IBMソリューションは、物理的な製品とソフトウェア製品の両方について、仕様と要件の段階から設計、テスト、構築、監視、最適化の段階に至るまで完全な製品ライフサイクル管理をサポートします。選択プロセスは、IBMソリューションにアドバイス、サービス、サポートを提供するSmarterProcessが支援しました。

BURYは包括的なプラットフォームの実装を選びました。これは、その後の個々のコンポーネントの設置で生じる可能性のある影響を軽減するために設計された選択肢です。SmarterProcessは導入を管理しました。それには、利用可能なすべての製品についてプラットフォーム・ユーザーの最初のグループをトレーニングするためのテスト環境が含まれます。

SmarterProcessは、IBM ELMによる新機能を活用するプロセスの設計を支援するなど、実装全体を担当しました。

約3か月続いた導入フェーズの後、SmarterProcessは、IBM Engineering Lifecycle Optimization - Publishingツールを使用したレポートの作成など、プラットフォーム開発のための追加サポートを行いました。移行を管理するため、現在のプロジェクトはBURYの既存のシステム上で完了し、新しいプロジェクトはすべて新しいIBMプラットフォーム上で開始されたため、プロジェクトの移行プロセスは不要になりました。

BURYのシステム管理者、Marcin Blacha氏は次のようにコメントしています。「実装中に、新しいプロセスやシステム応答の導入など、組織的および技術的な課題を解決しました。SmarterProcessのサポート、スキル、包括的なトレーニングに満足しています。当社のエンジニアの完全な承認を得て、すべてが正しく時間通りに管理されました」

IBM ELMを使用すると、すべてのプロセスのデータが一か所に保存され、進行中のプロジェクトに関する信頼できる唯一の情報源と、製品データ・ストレージの中央リポジトリーが形成されます。

「以前は、さまざまなツールに情報を保存することが、多くの曖昧さの原因となっていました。IBM ELMをBURYの中央リポジトリーとして使用することで、これらの問題が解消され、レポート機能が大幅に向上しました」とBlacha氏は続けます。

Blacha氏は次のように付け加えています。「当社では、IBM Engineering Jazz Reporting ServiceおよびEngineering Publishingを通じてデータをレポートするための標準メカニズムとともに、要件管理(DOORS Next)と品質およびテストのプロセス管理(Test Management)を使用しています。さらに、IBMエンジニアリング・プラットフォームの一部としてIBMによって実装されたオープン・スタンダード、OSLC(Open Services for Lifecycle)を使用しています。この独自の機能のおかげで、エンジニアリング・プロセスをサポートする他の既存の製品とソリューションを自由に統合できます」

実装中、新しいプロセスやシステム応答の導入など、組織的および技術的な課題を解決しました。SmarterProcessのサポート、スキル、包括的なトレーニングに満足しています。当社のエンジニアの完全な承認を得て、すべてが正しく時間通りに管理されました。 Marcin Blacha氏 上級システム管理者 BURY
最高の品質レベルを目指す

顧客プロジェクトの承認を受けるには、BURYはISO26262とASPICE規格の特定の資格レベルを満たしている必要があります。同社がより高い資格レベルを達成するに伴い、さらに複雑で価値の高い自動車プロジェクトの機会が開かれることになります。IBM EngineeringプラットフォームとSmarterProcessにより、BURYはASPICEが要求する標準を上回る、より高いレベルのプロセス成熟度を達成し、維持できるようになります。

現在、BURYはバリアント管理にIBM Engineeringプラットフォームを使用しており、最終顧客に応じてコア製品をカスタマイズしています。BURYはASPICEレベル2と3を満たしており、最終的にはより高いレベルを目指しています。SmarterProcessは、BURYがプロセスを最適化し、異形コンポーネントへの対応を強化できるよう支援し、IBM ELMは、ベントレー、BMW、VWといったそれぞれの顧客に適した、設計以降の完全な製品ライフサイクル管理を可能にします。マーケティングを国際的に広げているBURYにとって、バリアント管理を処理するグローバル構成機能はますます重要になっています。

「IBM ELMは、私たちのチーム全体がASPICE認定資格を取得するのに非常に役立っています。このソリューションは、複雑なマルチスレッド、複数の人によるプロジェクトを適切に管理するのに役立ち、ASPICE 要件を満たす力を与えてくれます。これは、顧客に一定レベルの品質でサービスとソリューションを提供したい場合に「必須」です」とBlacha氏は続けます。「BURYはSmarterProcessを、IBMソリューションへの投資から最大限のメリットを得られるように支援してくれる信頼できるアドバイザーとみなしています」

BURYの2,200人のスタッフの半数以上がIBM Engineeringプラットフォームを使用しており、全部門での採用が進んでいます。

「以前のソリューションには可用性の問題があり、そのパフォーマンスと実装ではチームが作業して日常業務を完了することができませんでした。SmarterProcessと連携してIBM ELMを実装することで、これらの問題が解決し、可用性と拡張性が高く、BURYの現在のニーズを完全に満たすソリューションが実現しました」とBielawa氏はコメントしています。「BURYでは未来を見据え、新しいトレンドを先取りしようと努めています。たとえば、電気自動車の人気の高まりに応えて、当社はさまざまな電気自動車充電器を開発しました。IBM ELMのおかげで、わずか数か月以内にスケールアップした製造を開始できるようになり、市場投入までの時間が大幅に短縮される予定です」

電動ドライブトレインへの移行により従来のコンポーネントが不要になり、新たなソリューションやイノベーションへの要望を生まれる中、BURYは新たな市場機会を反映させるために事業の再構築に意欲的に取り組んでいます。

「競争力を維持するため、BURYは最高の品質、管理、効率基準を遵守し、会社を確実に持続可能にするために製造工程を定期的に評価しています」とBielawa氏は結論づけます。IBM ELMによって、BURYは業界規格を導入し、開発ライフサイクル全体を最適化することができ、生産性の向上、修正作業の削減、リソース消費の削減、自動車業界の将来の課題への対応を支援します。競争優位性の観点からの主要なメリットは、プロセスの成熟度が向上し、顧客の間でBURYの認知度が高まることです。IBM Engineeringソリューションを通じて達成されたプロセスの成熟度は、BURYが最高の市場基準に従う経験豊富なプロバイダーであることを顧客に証明しています」

Buryのロゴ
BURYについて

BURYは電子部品の大手メーカーであり、世界中の自動車産業向けに高度な情報および通信システムを提供しています。1987年に設立された同社は2,200人以上の従業員を擁し、そのうち500人以上がエンジニアです。BURYはポーランドのミエレツとジェシェフ、メキシコのウアマントラで事業を展開し、ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン州レーネに本社を構えています。

SmarterProcessのロゴ
SmarterProcessについて

SmarterProcessは、顧客の主要なビジネス・プロセスの変革をサポートする専門的なコンサルティング・サービスを提供します。SmarterProcessは、ポーランドでIBM - Rational(ソフトウェア・エンジニアリング)、I-Concurソフトウェア、または UrbanCode(アプリケーション実装自動化)ソフトウェアを販売する専門のITソリューション・プロバイダーとして2012年9月に設立されました。

次は
電気自動車:持続可能なモビリティーへの入り口

IBM Institute for Business Valueレポートを読んで、自動車メーカーが高度なテクノロジーを使用して、より持続可能なモビリティーへの移行を加速する方法を学びましょう。

レポート全文を読む
サイバー犯罪者の逃亡を阻止

Insta Advance Oy社、高度な自動脅威検知機能により、SOCサービスを強化

詳細はこちら
込み合う市場で突出した存在感

Enfoは、IBM Storageを使用して、自社のマネージド・サービスを他社製サービスよりも確実に優れたサービスにします。

詳細はこちら
脚注

© Copyright IBM Corporation 2023.IBM Corporation, IBM Systems, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2023年5月、米国で作成。

IBM、IBM LOGO、およびibm.comは、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」 www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtmlで入手できます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。