ホーム ケーススタディ Turkish Aerospace Malaysia社(TUSAS Malaysia社) 航空宇宙産業がIBM Engineering Lifecycle Managementにより東南アジアで「飛躍」 
最も高い「高度」での工学コラボレーションの先駆けTurkish Aerospace Malaysiaの詳細をご覧ください
背景に会社のロゴを持つ空のAnka UAVのクローズアップ
航空宇宙工学のギャップを埋める

マレーシアの活気に満ちたテクノロジーハブの中心であるサイバージャヤで、世界的に有名なTurkish Aerospace Industries社の子会社であるTurkish Aerospace Malaysia社(TUSAS Malaysia社)は、2030年までに世界上位10に入る交友宇宙会社になるという同社の目標に貢献するエンジニアリングおよび設計のハブを構築するという画期的な取り組みに着手しました。

TUSAS Malaysia社は元々、アビオニクス・システムとソフトウェア・ソリューションを提供するために精力的に働く献身的な先鋭のエンジニア集団により小規模でスタートしました。

同社の設計ハブは、常に、厳しい期限で、洗練され、かつ安全なアビオニクス・システムとソフトウェア・ソリューションを提供するために奮闘していました。IBM® Engineering Lifecycle Management(ELM)プラットフォームを導入する最大の動機となったのは、無数の課題に加え、業界標準への準拠でした。航空システムおよび機器認証のDO-178や航空電子ハードウェアの設計保証ガイダンスのDO-254などの規格では、エンド・ツー・エンドのトレーサビリティーと高品質の開発プロセスが必要ですが、IBM ELMのような工学プラットフォームなしでは達成することは事実上不可能です。

変化のきっかけ:デジタル・トランスフォーメーションの着手

変化のきっかけは2022年、工学開発プロセスを変革するための堅牢な統合型デジタル工学プラットフォームを探していたTUSAS Malaysia社がIBM ELMを選択したことでした。

IBM ELMを選択した決め手:

  • 堅牢な統合型プラットフォームの必要性:TUSAS Malaysia社は、厳しい納期要件と規制要件のある業界で事業を展開しているため、プロセスを最適化して業界標準に準拠するための堅牢な統合型デジタル工学プラットフォームが不可欠でした。 IBM ELMの包括的な機能は、TUSAS Malaysia社のニーズと完全に一致していました。
  • コラボレーション用プラットフォームの必要性:TUSAS Malaysia社は、異なるチームのエンジニアが連携する重要性を認識していました。IBM ELMのコラボレーション機能は、組織のサイロ化を打破し、より結束力があり、生産的な作業環境を促進するのに役立ちました。
  • スケーラブルなプラットフォームの必要性:TUSAS Malaysia社は急速に成長しており、ビジネスに合わせて拡張できるプラットフォームを求めていました。 IBM ELMは、TUSAS Malaysia社の増大するニーズに対応できるスケーラブルなプラットフォームです。

IBM ELMプラットフォームは、TUSAS Malaysia社に工学開発プロセスを最適化する強力な統合ソリューションを提供します。

このプラットフォームの堅牢で市場をリードする要件管理機能により、要件の正確な定義、追跡、管理が可能になり、TUSAS Malaysia社がDO-178およびDO-254ガイドラインへの準拠を管理するのに役立ちます。 アジャイルな計画機能を備えたワークフロー管理は、さまざまなチーム間のコラボレーションを促進します。モデル・ベースの設計と開発の場合、ELMはシステム・エンジニアとソフトウェア・エンジニア間のシームレスなコラボレーションを促進し、モデルのコードへの変換を合理化します。 さらに、このソリューションのテスト管理機能により、テストの自動化が加速され、欠陥追跡が改善されます。

IBM ELMは、航空宇宙および防衛工学プロセスを強化しました。 要件管理と共同ワークフローのための堅牢なツールは、生産性の向上に役立ち、卓越した設計と開発成果を保証します。 つまり、これは企業の状況を一変させる威力があります。 Muzaffar Bin Tajuddin氏 エンジニアリング担当ディレクター Turkish Aerospace Malaysia社
航空宇宙の景観を変える

IBM ELMの導入により、TUSAS Malaysia社の工学プロセスが強化され、次のことが可能になりました。

  • ソフトウェア開発プロセスの加速と最適化:ELMの合理化されたワークフローと自動化されたプロセスにより、TUSAS Malaysia社はソフトウェア開発を大幅に加速させ、市場投入までの時間を短縮し、プロジェクトの効率を向上させることができました。
  • チームのコラボレーションの改善:ELMのコラボレーション機能により、エンジニア間のシームレスなコラボレーションが促進され、知識の共有が促進され、修正作業が減り、プロジェクト全体の生産性が向上しました。
  • DO-178とDO-254へのコンプライアンスの管理:ELMの包括的なトレーサビリティー機能により、TUSAS Malaysia社は工学プロセスを厳しい業界標準に合わせて管理し、リスクを最小限に抑え、認証プロセスを合理化することに成功しました。
  • エンド・ツー・エンドのトレーサビリティーを実現:TUSAS Malaysia社は、ELMの統合プラットフォームによって、すべての工学成果物に対する単一の真実のソースを提供し、開発ライフサイクル全体を通じて変更を追跡し、完全なトレーサビリティーを確保できるようになりました。

TUSAS Malaysia社が慎ましやかなオフィスから110名以上のエンジニアを擁する設備の整ったオフィスを構える組織に至るまでの道のりは、同社のイノベーションと卓越性への取り組みの証です。 IBM ELMの支援により、TUSAS Malaysia社は航空宇宙産業のリーディングカンパニーとなり、先進技術開発のハブとしてのマレーシアの評判の高まりに貢献しています。 同社の成功事例は、効率、コラボレーション、コンプライアンスの推進におけるデジタル変革の力を実証し、航空宇宙分野の明るい未来への道を切り開いています。

Turkish Aerospace Malaysia社のロゴ
Turkish Aerospace Malaysia社(TUSAS Malaysia社)について

TUSAS Malaysia社(ibm.com外部へのリンク)は、Turkish Aerospace社の新しい支社で、同社初の東南アジアの工学および設計オフィスです。同社は、世界の航空エコシステム向けの無人航空機、ジェット練習機、戦闘機、ヘリコプター・プロジェクト、モダナイゼーション・プログラムに注力しています。

IBM Engineering Lifecycle Managementの実際の動作をご覧ください

規制の厳しい業界で複雑な製品を効率的かつ納期厳守で設計するためのさまざまな方法をご覧ください。

デモを予約 お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2024.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒105-5531 東京都港区虎ノ門二丁目6番1号 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

2024年3月に米国で制作。

IBM、IBMのロゴ、ibm.comは、米国やその他の国と地域におけるInternational Business Machines Corporationの商標または登録商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。現時点でのIBMの商標リストについては、ibm.com/legal/copyright-trademarkをご覧ください。

Microsoft、Windows、Windows NT、Windows のロゴは、米国、その他の国、またはその双方におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。お客様のシステムおよびご注文のサービス内容によって各クライアントの結果は異なるため、一般的に予測される結果を提示することはできません。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。