全体を適合させるには

デバイスを接続し、データをIBMクラウドに送信し、デバイスをセットアップして管理し、APIを使用してアプリケーションをデバイス・データに接続します。

Device icon

お使いのデバイスやゲートウェイ
ご使用のデバイスで開始する-センサー、ゲートウェイ、その他何かを問わず- IBMクラウド・レシピで接続、IBMがお手伝いします。

MQTT and HTTP

MQTTとHTTP
オープン、軽量のMQTTメッセージング・プロトコルまたはHTTPを使用してIBMクラウドに接続すれば、デバイス・データは常に安全です。

IBM Watson IoT Platform

IBM Watson IoTプラットフォーム
IBM IoTアプローチのハブ: 接続されたデバイスのセットアップ・管理により、アプリケーションがライブ・データと履歴データにアクセスできるようになります。

REST and real-time APIs

RESTおよびリアルタイムAPI
IBMクラウドのセキュアAPisを使用して、デバイスからのデータでアプリケーションに接続します。

Your application and analytics

アプリケーションと分析
データを解釈するために、IBM Cloud、別のクラウド、または独自のサーバー内にアプリケーションを作成します。

サンプル・アプリケーションの試行と電話のセンサー・データのライブでの表示の確認

スマートフォンと、さらに大きい画面のデバイスが必要になります。
メインのNode.jsアプリケーションでは、ユーザーが固有のユーザー名とPINをラップトップまたはタブレットに登録する必要があります。スマートフォンのガイドのWebサイトで、ユーザー名とPINの正しい組み合わせを使用して許可されると、メイン・アプリケーションは、そのユーザーに関連付けられたデバイスの移動を表す、多数のリアルタイムの表示とレンダリングを行います。

SilverHook Powerboats

SilverHook Powerboatsは、IBM Cloud内のIBM Watson IoT Platformサービスをリアルタイムのモーターボート・テレマティクス・プラットフォームのベースとして使用しています。このサービスを使用することで、海上での高速で高速で移動するレーシング・ボートについてリアルタイムで複雑な診断分析を実行できるようになります。Silverhook Powerboatsの素晴らしい体験をビデオでご覧ください。
「海は過酷な環境となることがあります。しかし DataSkill社 と SilverHook Powerboats はあえてこの環境を選択し、IBM ソリューションが時速 140 マイルの海上レース・トラックでパフォーマンスと信頼性をインテリジェントに予測できることを証明しました。」

-Nigel Hook氏、DataSkill社、CEO

必要となるコスト

IBM Watson IoT Platformは、以下の2つの価格設定モデルに基づく3つのプランを提供します。

  • 交換データ*
  • 分析されたデータおよび分析されたエッジ・データ**

Liteプラン

500台のデバイス、500個のアプリケーション・バインディング、および毎月200 MBずつ交換されたデータを取得し、データの分析およびエッジ・データの分析が無料です。

標準プラン

交換されたデータは毎月200 MBずつ交換され、データの分析およびエッジ・データの分析が無料です。

拡張セキュリティー・プラン

交換されたデータは毎月200 MBずつ交換され、データの分析およびエッジ・データの分析が無料です。このプランは、高度なリスクおよびセキュリティー管理機能を提供します。

*データ交換には3つの層( MB)があり、さまざまなデータ・ニーズに最適な価格を提供します。
**データ分析・エッジデータ分析(MB)使用した分のみを支払います。

IoT製品の選択

デバイスとデータを、Weather Companyのデータ・セットおよびAPIと接続するためのプラットフォームを提供します。

 IoTプラットフォーム

デバイス、ゲートウェイ、およびネットワークを接続し、関連データを管理、保護、および分析します。

気象データAPI

Weather Companyからの気象データをアプリケーションに統合します。 

始める

IBM Cloud Liteのトライアル版に登録

お問い合わせはこちら
電話番号:0120-550-210(識別コード: CLOUD)