データの管理・統合・品質維持・ガバナンスとは?

従来のデータウェアハウス(DWH)は、社内にある各種データベースからETLツールを使ってデータを抽出・変換・加工し、データマート(DM)に格納するという手法で、分析や活用のためのデータ統合を行ってきました。

しかしセルフサービス化を目指すためには、ETL処理だけでなく、正しいデータを安全に提供するための品質維持の機能と、データの取得・整理・蓄積・活用の全フェーズにおいてガバナンスを効かせられる仕組みを備えなければなりません。また、ビジネス・ユーザーやデータ・サイエンティストが、必要なときに必要なデータへアクセスできるようにするためには、IT担当者でなくてもデータの意味がわかるようにするためのデータのカタログも用意する必要があります。

IBM InfoSphere Information Serverは、データの管理・統合・品質維持・ガバナンスに関するこれらの機能を利用可能とし、データレイクの基礎を支えるソリューションのセットをスイート製品として提供します。

お客様によるデータ統合とガバナンス・ソリューションの活用事例

データの管理・統合・品質維持・ガバナンス 製品一覧

データ統合

さまざまなソースからのデータを統合して、意思決定に必要となる貴重な情報をユーザーに提供します。ETL機能だけでなく、ガバナンス観点での機能も含めトータルソリューションを提供します。

詳細はこちら

製品:

コンポーネント
論理・物理データモデル作成  
メタデータ管理と来歴把握
ビジネス用語辞書
データ品質検証とモニタリング    
データ・クレンジング    
抽出/ 変換 / ロード (ETL)    
ETL/クレンジングの設計
(クライアントツール)
 
SOAの展開  
データ・マスキング Masking Engine      

* 用語集、カテゴリー、情報ガバナンス・ポリシー、情報ガバナンス・ルールを、任意の組合せで最大250個まで作成可

データ・ガバナンス

データ・ガバナンスソリューションにより、ソースデータから帳票に至るまで、データの流れを「見える化」します。正しいデータを安全に、使いやすい状態でユーザーへ提供できるようになり、データレイクによるデータ利活用のセルフサービス化を促進します。

詳細はこちら

製品:

コンポーネント
論理・物理データモデル作成  
メタデータ管理と来歴把握
ビジネス用語辞書
データ品質検証とモニタリング    
データ・クレンジング    
抽出/ 変換 / ロード (ETL)    
ETL/クレンジングの設計
(クライアントツール)
 
SOAの展開  
データ・マスキング Masking Engine      

* 用語集、カテゴリー、情報ガバナンス・ポリシー、情報ガバナンス・ルールを、任意の組合せで最大250個まで作成可

データ品質

IT担当者がデータをメンテナンスする負荷を軽減し、データ品質をより厳格に維持します。高品質なデータをユーザーへ提供できるようになり、データレイクによるデータ利活用のセルフサービス化を促進します。

詳細はこちら

製品:

コンポーネント
論理・物理データモデル作成  
メタデータ管理と来歴把握
ビジネス用語辞書
データ品質検証とモニタリング    
データ・クレンジング    
抽出/ 変換 / ロード (ETL)    
ETL/クレンジングの設計
(クライアントツール)
 
SOAの展開  
データ・マスキング Masking Engine      

* 用語集、カテゴリー、情報ガバナンス・ポリシー、情報ガバナンス・ルールを、任意の組合せで最大250個まで作成可

マスター・データ管理

重複していて一貫性のない多様なシステムの顧客データや商品データなどを、重複のないマスター・ビューからアクセスできるようにします。


詳細はこちら

製品:

製品
機能
オペレーショナル
マスターデータ管理
(主に顧客データ管理)
仮想MDM      
物理MDM        
ハイブリッドMDM        
コラボレイティブ マスターデータ管理
(主に商品データ管理)
       
Hadoop上での大量・高速マッチング        
参照データのマスター管理        
エンタープライズサーチ *1 *1 *1   *1
データ統合 *2 *2 *2    
データ品質 *2 *2 *2   *3
データガバナンス *2 *2 *2    

*1 以下の制限付き IBM Watson Explorerを同梱

  • 索引付けは合計10ギガバイトまで可能(別途追加購入可能)

*2 以下の制限付きInformation Server Enterprise Edition(ISEE)を同梱

  • MDMをターゲットとした処理にのみ使用可能(ISEEで作成した一時ファイルやステージングテーブルはISEEでのみ使用可能)
  • 導入可能なマシンは480PVUまで(別途追加購入可能)
  • InfoSphere Change Data Deliveryは使用不可(別途追加購入可能)

*3 以下の制限付きInformation Server for Data Quality(IS for DQ)を同梱

  • MDMにロードするためのソースデータをクレンジングする目的でのみ使用可能
  • 導入可能なマシンは480PVUまで(別途追加購入可能)

データの管理・統合・品質維持・ガバナンス 使用方法

データ統合とガバナンスの参照資料

 

データ統合ツール
ガートナーのMagic Quadrant

10 年以上にわたって IBM がデータ統合に関するガートナーの Magic Quadrant のリーダーに選ばれている理由を説明します。

 

マスタ・データ統合
ガートナーのMagic Quadrant

ガートナーの Magic Quadrant では、IBM がマスタ・データ管理におけるリーダーとして位置付けられています。

 

IBM Data Governance Unified Process(日本語版)

情報ガバナンス・プログラムを実装するための実用的なステップとサブステップを詳しく説明するほか、IBMソフトウェアが提供する自動化機能について説明しています。

 

アナリティクスと意思決定のためにビッグデータのガバナンスと管理を行うには

データに基づく意思決定を可能とするためにデータレイクに必要な管理とガバナンスとは何か?それを実現するIBM Data Lake のアーキテクチャとは?

お客様事例

 

ニッセイ情報テクノロジー株式会社

保険業の財務・資産運用で求められたデータ・ガバナンスの強化とデータ活用の効率化。

お客様事例を読む

ヤマトシステム開発株式会社

ユーザーからの突発的なデータ集計依頼の対応にIBM InfoSphere DataStageを採用。データ集計プログラムの開発時間が8時間から1時間に短縮。

お客様事例を読む

株式会社北洋銀行

分散した顧客情報の一元化。顧客情報の統合を実現し、営業現場の情報提供と本部でのデータ分析に基づく戦略立案に活用。

お客様事例を読む

IBM のデータ統合とガバナンスの専門家にお問い合わせください