サプライチェーン・ロジスティクスとは
IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suiteはこちら スマートな管制塔をご紹介します
自然の要素のイラスト

公開日:2023年11月28日
寄稿者:Amanda McGrath、Alexandra Jonker

サプライチェーン・ロジスティクスとは

サプライチェーン・ロジスティクスとは、企業のサプライチェーン全体にわたる商品の生産、輸送、流通の管理を指します。これには、インバウンド・ロジスティクス(材料と消耗品がビジネスに持ち込まれる流れ)とアウトバウンド・ロジスティクス(ビジネスの結果生まれる製品が小売業者や消費者に届く流れ)の両方が含まれます。

世界中の物の流れをサポートするサプライチェーン・ロジスティクスは、ビジネスと世界経済を円滑に機能させる重要な役割を果たしています。効果的な物流を導入することで、企業は変動する世界でレジリエンスを構築し、競争上の優位性を獲得することができます。

物流管理は、原材料の仕入れ先確保、調達、工場への材料輸送、材料の製品への変換、小売業者や顧客への製品の配送に関連する活動の調整において必要となります。在庫管理、倉庫保管、輸送と流通、カスタマー・サービスと返品管理など、さまざまな課題に対処する必要があります。

IBM Supply Chain Control Tower

変化に迅速に対応し、効率的なコラボレーションを可能にし、運用の自動化を推進します。

なぜサプライチェーン・ロジスティクスが重要なのか

消費者に商品をできるだけ早く簡単に届けるために欠かすことはできません。効果的なサプライチェーン物流管理は、コストを削減し、ビジネスプロセス全体の業務効率を向上させるのに役立ちます。需要計画、輸送ルート、インベントリー・レベル、リードタイムなどのサプライチェーンの各部門を最適化することで、お金と時間を節約できます。

顧客が期待どおりの時間と場所で注文を確実に受け取ることができれば、顧客満足度の維持にも役立ちます。物流が適切に管理されている企業は、市場の変化に迅速に対応し、より良い配送条件を提供し、最もコスト効率の高い方法で混乱に対処できるため、こうしたメリットが企業の競争上の優位性を高めます。

適切に管理されたサプライチェーン・ネットワークは、企業、消費者、その他の利害関係者に利益をもたらします。顧客にとって、効率的な物流はタイムリーな配達と正確な注文の履行を意味し、すべてがポジティブな購入体験につながります。また、適切に管理された「リバース・ロジスティクス」、つまり返品またはリサイクルや廃棄のために顧客から元の場所に商品を移動する物流も、顧客にとってのメリットとなります。

適切に管理された物流は、小売業者や卸売業者にとっても利益となります。効率的な在庫管理は保有コストを、効果的な輸送管理は出荷費用を削減し、全体的な収益性を向上させます。

関連ソリューション

IBM Food Trust

IBM Sterlingによる透明性の高い供給

IBM MRO Inventory Optimization

サプライチェーン・マネジメントとは何か。

サプライチェーン・マネジメント(SCM)は、サプライチェーン・ロジスティクスをその要素の1つとして含む、より広義の用語です。SCMでは、最初の材料調達から消費者への完成品の最終配送まで、サプライチェーン・プロセス全体にわたる製品のライフサイクル全体の監視を扱います。物流活動にとどまらず、調達戦略、製品開発、生産管理、需要予測なども含まれます。SCMの一部であるサプライチェーン・リスク管理(SCRM)は、企業のサプライチェーン内の潜在的な脆弱性を発見して対処するプロセスです。SCRMは、企業のサプライチェーン運営および企業の評判や財務実績に対するリスクの影響を最小限に抑えることを目的としています。

サプライチェーン・ロジスティクスで使用されているテクノロジーとは

多くの企業が、混乱の中でもレジリエンスを確保するため、グローバル・サプライチェーン全体での物の移動をより確実に保護する方法を模索しています。しかし、生産計画から物品の保管、最終顧客の問題解決に至るまで、物流は複雑です。異なる地域で活動する複数のサプライヤー、製造業者、輸送プロバイダーにわたるサプライチェーン管理業務の調整は、計画と組織の複雑化に拍車をかけます。さらに、顧客の需要は常に変化しているため、急速に変化する市場動向や顧客のニーズに適応することが難しい場合があります。サプライヤーの信頼性、輸送の混乱、地政学的要因などのリスクを特定して軽減することが課題となっています。

一部の企業はテクノロジーを活用してサプライチェーン管理の課題を解決しています。先進的なテクノロジーは、サプライチェーン分析を利用する新しく強力な方法を示し、また以下のようにサプライチェーンの可視性と透明性を向上させます。

追跡と監視

センサー、GPS、モノのインターネット(IoT)デバイスは、サプライチェーンのあらゆる段階で、商品の位置や状態に関する豊富なリアルタイム情報を提供することができます。様々なポイントから収集されたサプライチェーンデータは、業務効率、潜在的なリスク、改善すべき領域に関するインサイトを提供することで、最適化を推進します。

オートメーション

自動倉庫(Automated Storage and Retrieval Systems:ASRS)や、ロボット・ピッキング・システムといった倉庫の自動化技術は、効率を大幅に向上させています。手作業を減らし、エラーを最小限に抑えることで、商品の仕分け、保管、取り出しのプロセスがスピードアップします。輸送物流では、自動化システムが積載計画と車両のスケジュールを最適化し、出荷業務の効率を高めます。

Blockchain

不変でアクセス可能な台帳であるブロックチェーンは、サプライチェーン全体の透明性とトレーサビリティを強化し、製品の真正性の確認や、商品の動きの追跡を容易にします。

人工知能

人工知能(AI)機械学習(ML)アルゴリズムは、膨大な量のデータを分析して、最も効率的な輸送ルートを特定し、潜在的な混乱や矛盾を浮かび上がらせ、環境負荷のインサイトを獲得するすることができます。シミュレーション・ソフトウェアは、潜在的なシナリオをモデル化してリスクを予測し、緊急時対応計画を作成するのに役立ち、物流業務で先回りした対応を取ることができます。

クラウド・コンピューティング

クラウド・コンピューティングは、データの保存と共有、情報システム、およびサプライチェーンの各段階でのコラボレーションと情報交換を容易にするコンポーネントのためのスケーラブルなソリューションを提供することができます。

サプライチェーン・ロジスティクスに関わる役職

サプライチェーンの物流の円滑な運営に貢献する重要な役職がいくつかあります。物流マネージャーは、輸送や倉庫保管などの物流業務を監督し、より広範な企業目標に合わせた意思決定を促進します。調達専門家は原材料や商品の購入を管理し、輸送業務管理者と倉庫管理者の職務はそれぞれの分野で効率を維持することです。インベントリー・プランナーは適切なレベルの在庫が維持されるようにし、顧客サービス担当者は注文の問い合わせを受け付け、返品や問題を管理します。ほとんどのサプライチェーン専門家は、そのキャリアの中で複数の役割を担っています1 。物流に特化した仕事の場合、その分野に特化した証明書や学士号が必要となる場合があります。

サプライチェーンの物流は持続可能性にどのような影響を与えるか

温室効果ガスの排出を制限したり、脱炭素化を追求してネットゼロ目標を設定したり、環境への影響を削減する方法を模索する企業が増えています。サプライチェーンの持続可能性は、こうした目標を達成する上で重要な役割を果たします。

サプライチェーン・マネジメント・プロフェッショナル協議会(CSCMP)は、サプライチェーンの持続可能性を、国連の持続可能な開発目標に沿った、サプライヤー、メーカー、流通業者、顧客からなるネットワーク内およびネットワーク間での環境的・社会的影響の管理と定義しています2。これは、原材料の供給源獲得と調達から製品の使用、製品寿命の終わりに至るまで、サプライチェーンのあらゆる段階に及びます。

効果的なロジスティクス計画は、サプライチェーンの持続可能性を考える上で重要なパートです。たとえば、輸送と流通のルートを最適化し、環境にやさしい車両を使用することで、サプライチェーン全体で燃料使用量と全体的な排出量を削減できるでしょう。サプライチェーン・ロジスティクスは、企業が廃棄物を削減し、リサイクル活動を促進することで循環経済の原則を推進し、製造プロセスの改善すべき分野を特定するのにも役立ちます。

AIやサプライチェーン・データ分析のような先進技術により、物流チームは効果的で変化に迅速に対応するネットワークを調整し、持続可能な取り組みを妨げる過剰生産や過剰在庫を回避することができます。適切に管理された物流を通じて、企業はより持続可能なビジネスモデルで運営し、より健全な地球に貢献することができるのです。

関連ソリューション
IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suite

人工知能 (AI) の力と自動化のスピードを適用して、サプライチェーンの管理、回復力、持続可能性を向上させます。

IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suiteはこちら

IBM Sterling Intelligent Promising

オムニチャネルの収益性を高めながら、デジタル・コンバージョン、リアルタイムのグローバル在庫の可視性、店舗での販売を改善します。

IBM Sterling Intelligent Promisingを詳しく見る

IBM Sterling Order Management

持続可能性を目指して構築された完全なオムニチャネル注文履行ソリューションを使用して、完璧に注文を届けます。

IBM Sterling Order Management

参考情報 IBM Blockchain Transparent Supply

サプライチェーン・パートナーとブロックチェーンに対応した独自のコラボレーションおよびデータ共有エコシステムを構築する方法をご覧ください。

IDCテクノロジーの注目

物流と配送を超え、サプライチェーン全体を網羅する現代の管制塔とも呼ばれるハブの利点について学びましょう。

IBM Supply Chain Control Towerデモ

IBM Supply Chain Control Towerで、変化に迅速に対応し、効率的なコラボレーションを実現し、運用の自動化を推進する方法をご覧ください。

サプライチェーン・マネジメントとは何か。

サプライチェーン・マネジメントでは、原材料のコンポーネントから最終製品の納品まで、製品またはサービスの生産フロー全体を管理します。

サプライチェーン・コントロール・タワーとは

サプライチェーン・コントロール・タワーは、従来から、サプライチェーン全体でのデータ、主要なビジネス・メトリック、およびイベントについての、接続され、パーソナライズされたダッシュボードと定義されています。

サプライチェーンの最適化とは何か。

サプライチェーンの最適化では、技術とリソースを利用して、供給ネットワークの効率とパフォーマンスを最大化します。

詳細情報はこちら

IBM Sterling Supply Chain Intelligence Suiteは、AI駆動型の最適化・自動化ソリューションです。 このスイートは、従来型のトランスフォーメーションを進める中で起きるサプライチェーンの混乱の解決に苦慮している企業向けに設計されており、実用的なインサイト、よりスマートなワークフロー、インテリジェントな自動化を通じて供給ネットワークのレジリエンスとサステナビリティーを向上させ、俊敏性を高めながら、価値実現までの時間を短縮します。

Supply Chain Intelligence Suiteの詳細はこちら 無料評価版(30日間)
脚注

1Operations and supply chain management career paths and patterns (リンクはibm.com外)、Report for APICS, Association of Supply Chain Management, 2014.

2Defining supply chain sustainabilit (リンクはibm.com外)State of Supply Chain Sustainability 2023, MIT Center for Transportation & Logistics and Council of Supply Chain Management Professionals, October 2023.