サプライチェーン・コントロール・タワーとは

洞察を提供するAIによって可視性の問題から解放され、より素早く確信をもって行動できます。

貨物コンテナと物流倉庫の航空写真
サプライチェーン・コントロール・タワーの定義

サプライチェーン・コントロール・タワーは従来から、サプライチェーン全体でのデータ、重要なビジネス・メトリック、およびイベントの、接続され、パーソナライズされたダッシュボードと定義されています。 サプライチェーン・コントロール・タワーを使用すると、企業は重要な問題をリアルタイムにより詳しく把握し、優先順位を付けて解決することができます。

サプライチェーンのエグゼクティブは、お客様が必要とするものを必要な時に必要な場所で提供しながら、供給の運用を最適化し、コスト節約の目標も達成するという非常に大きな重圧を受けています。 これは、予測できない上に避けられない脆弱性と混乱の時代においては特に困難です。

よりスマートなコントロール・タワーがあれば、サプライチェーン全体にわたってエンドツーエンドの可視性が得られるだけでなく、特に予見できない外部イベントについて把握できるようになるはずです。 AIや機械学習などの高度なテクノロジーを活用することで、データのサイロを打破したり、手動プロセスを削減あるいは排除したり、実用的な洞察をリアルタイムに入手したりすることができるようになります。

よりスマートなコントロール・タワーは、チームとパートナー間のコラボレーションを可能にし、組織の知識を保存することで意思決定と成果を向上し加速します。 最終的にこれは、より的確な障害の予測、レジリエンシーの向上、例外の管理、および予期しないイベントへの対応に役立ちます。

IBM Sterling Inventory Control TowerがAI洞察を生成する方法についてはこちら

サプライチェーン・コントロール・タワーの主な機能とメリット

リアルタイムでエンドツーエンドの可視性

コントロール・タワーではサプライチェーン全体にわたるエンドツーエンドの可視性を確立し、サイロ化されたシステム間のデータと外部イベント情報を相互に関連付けて、起こりうる障害に関する実用的な洞察を提供します。お客様はその洞察を使用して例外を管理できます。しかも、これらすべてをパーソナライズされたダッシュボード内で行うことができます。

予測および対応の意思決定支援

スマート・アラートとリアルタイムの実用的な洞察により、より的確に障害を予測し、レジリエンシーを向上させることで、お客様に対するイベントのアップストリームおよびダウンストリームの影響を把握し、対応に優先順位を付けることができます。

コラボレーティブな情報の共有

AIを活用したResolution Roomsとデジタル・プレイブックに、サプライチェーン・アプリケーションを組み合わせて使用して、サプライチェーン全体の例外に関するコラボレーションを向上させ、より適切に例外を管理できます。これらは、予期しないイベントに素早く対応して実行を強化し、KPI実績を推進するのに役立ちます。


サプライチェーン・コントロール・タワーの種類

物流/輸送コントロール・タワー

物流/輸送コントロール・タワーは、事前の出荷通知、配送データおよび配送追跡情報を提供し、入荷と出荷の物流を可視化します。

フルフィルメント・コントロール・タワー

フルフィルメント・コントロール・タワーは、荷物配送の支援に特化したもので、注文を迅速に処理しながら全体的な供給コストを削減できるよう設計されています。

在庫コントロール・タワー

在庫コントロール・タワーでは、在庫切れや欠品を防ぐことに特に重点を置きながら、在庫管理に対するリアルタイムな洞察を得ることができます。

供給保証コントロール・タワー

供給保証コントロール・タワーは、十分な供給が可能であること、多くの供給が配送のために計画されていること、供給に関連するその他の事項を保証します。

E2Eサプライチェーン・コントロール・タワー

E2Eサプライチェーン・コントロール・タワーは、さまざまな部門や組織のためのアプリケーションを使用して、社内外のシステムやプロセス全体を把握できるように設計されています。


専用のコントロール・タワーがエンドツーエンドの可視性を実現する方法

2020年に起きた世界的な出来事は、世界のサプライチェーン全体でレジリエンシーを強化する必要性を痛感させました。 企業の回復や営業再開が見られ始める中、サプライチェーンやフルフィルメントのリーダーが直面する日々の課題は、需要と供給における大きな混乱によって拡大されています。

迅速に行動することが、今まで以上に重要になっています。 効果的に対応するため、企業は障害とリスクの軽減に必要なリアルタイムのインテリジェンスと実用的な推奨を必要としています。

そのための最良の方法が、サプライチェーンの中核となる機能を最適化するように設計された専用コントロール・タワーです。 例えば専用の在庫コントロール・タワーは、在庫をより効率的に管理するために欠かせないリアルタイムの洞察を提供します。

AIおよび機械学習を活用するサプライチェーン在庫コントロール・タワーは、原材料の在庫状況や、取引業者への注文、お客様への最終配送に至るまで、各地の倉庫やさまざまなシステム全体にわたるエンドツーエンドの可視性を実現します。

正確かつリアルタイムに納期を回答できる在庫を実現して、意思決定と成果を向上させます。 またコントロール・タワーでは、起こりうる脆弱性や障害を予測するだけでなく、アップストリームとダウンストリームへの影響も理解し、より迅速な対応を可能にします。

IBV調査レポートを読む

業界ごとのサプライチェーン・コントロール・タワー

医療

病院では、物品の紛失や置き間違えにより、10%もの在庫を損失しています。 重要な救命機器やサプライ用品を適切な場所とタイミングで確保することで、在庫投資を保護し、効率性を向上させ、医療ケアの質を向上させることができます。

食品

増え続ける障害の可能性をモニターして軽減することで、膨大な需要を管理し、商品の入手可能性を確保します。 在庫の可視性を高めることで、倉庫だけではなく、店舗の在庫や輸送中のサプライも含めて把握し、棚の在庫を確保します。

工業

サービス契約のSLAを満たしながら、在庫量を最小限に抑えます。 ERPやその他のシステム全体でSKUごとの保守部品および保管場所を可視化し、重要な部品の在庫を確保して顧客の期待に応えます。


サプライチェーン・コントロール・タワーをデプロイする際の注意点

データ品質

効果的なサプライチェーン・コントロール・タワーは、品質データに依存しています。データの質は、達成できる可視性のレベルや洞察出力にも直接影響します。

実用的で実行可能な出力

データが有用であるためには、まずそのデータが使用可能でなければなりません。 実用的で実行可能な出力は、データを簡単に理解でき、一般的な活動や問題に適用できるものです。

考え方の変革管理

コントロール・タワーをデプロイするには、多くの計画と運用の大幅な変更が必要です。また既存の考え方から脱却するために組織的な協力が必要です。


サプライチェーン・コントロール・タワーの導入事例

お客様事例:Lenovo
視覚化、モニター、リアルタイムの洞察の獲得

Lenovo社グローバル・プロキュアメントとサプライチェーン担当エグゼクティブのBobby Bernard氏が、AIを活用した同社のリスク管理アプローチにより、サプライチェーンの障害への対応時間を数日から数分間に短縮する方法を説明します。

Lenovo社がよりスマートなコントロール・タワーを構築する様子をご覧ください。

登録してオンデマンドのWebセミナーを見る

関連するソリューション

サプライチェーン・コントロール・タワー

サプライチェーン全体からのデータ、主要なビジネス・メトリック、イベントの接続されたダッシュボードを取得し、そのデータを使用して強力な洞察力で可視性の課題を克服します。


サプライチェーンの透明性

デジタル・ビジネス・ネットワーク上でのB2B取引をデジタル化して自動化することで、サプライチェーン全体でお客様、サプライヤー、取引関係者とのつながりを簡素化し、透明性を高めます。


食品供給向けブロックチェーン

食品の原産地、取引データ、処理の詳細などの許可済みで不変の共有記録を通して、生産者、流通業者、小売業者を結びつけることで、よりスマートで安全なフード・エコシステムを作成します。


サプライチェーン・コンサルティング

制限された柔軟性のないワークフローを乗り越えてサプライチェーン・サービスを進化させ、リアルタイムの洞察と迅速なサービスを提供することで、サプライチェーンのレジリエンシーを高め、カスタマー・エクスペリエンスを向上させ、運用コストを削減します。


注文管理

シームレスなオムニチャネルのカスタマー・エクスペリエンスと、サプライチェーン上のすべての場所で注文調達を最適化できる機能により、お客様との約束をより多く果たします。


Supply Chain Insights

サイロ化したシステムのデータを素早く関連付け、組織の知識を取り込むAI対応のソリューションによる高度な洞察を使用することで、サプライチェーンの障害やリスクを予測し、評価して、効率的に軽減します。