ホーム topics モノのインターネット モノのインターネット(IoT)とは
IBMのIoTソリューションはこちら サステナビリティーに関する最新情報を購読する
顔の横顔、葉、雲のピクトグラムのコラージュ付きイラスト
IoTとは

モノのインターネット(IoT)とは、センサー、ソフトウェア、ネットワーク接続を内蔵した、データの収集と共有が可能な物理的な機器、車両、家電製品、その他の物理的なオブジェクトからなるネットワークを指します。

IoTデバイスは「スマート・オブジェクト」とも呼ばれ、スマート・サーモスタットのような単純な「スマート・ホーム」デバイスや、スマートウォッチやRFIDタグ付き衣服などのウェアラブル端末、複雑な産業機械および輸送システムまで、多岐にわたります。一部の技術者は、IoTテクノロジーで町全体を「スマート・シティ」にする構想を提唱しています。

IoTにより、これらのスマートデバイスは相互に、また他のインターネット対応デバイスと通信できます。 スマートフォンやゲートウェイのように、相互接続されたデバイスによる広大なネットワークを構築し、データのやり取りやさまざまなタスクの自律的な実行が可能です。これには次のものが含まれます。

  • 農場の環境監視
  • スマートカーやその他の自動車用スマートデバイスによる交通パターンへの対応
  • 工場内の機械やプロセスの制御 
  • 倉庫内の在庫と出荷の追跡

IoTの潜在的な用途は広大かつ多様であり、その影響はすでに製造、運輸、医療、農業などの幅広い業界に及んでいます。インターネットに接続された機器の数が増えるにつれ、IoTは私たちの世界を形成する上でますます重要な役割を果たすことになるでしょう。 人々の生活や仕事、人間関係のあり方に変革をもたらします。

事業の面においては、IoTデバイスは温度や湿度、大気環境、エネルギー消費、機器のパフォーマンスなどのパラメーターを幅広く監視するのに使われています。このデータをリアルタイムで分析し、パターン、傾向、異常を特定することで、事業運営を最適化し、収益を向上させることができます。

EUのCSRDに関する専用ガイドを詳しく見る

一部の企業に対しては早ければ2025年にESG情報の開示が開始されるので、当社のガイドを参考に準備しておきましょう。

関連コンテンツ

資産管理のスマート化に関するプレイブックはこちら

IoTが重要である理由

IoTがビジネスにとって欠かせない理由はいくつかあります。IoTの主なメリットは次のとおりです。

効率の向上

IoTデバイスを使用してプロセスを自動化および最適化することで、企業は効率と生産性を向上できます。たとえば、IoTセンサーを使用すれば、機器のパフォーマンスを監視し、ダウンタイムが発生する前に潜在的な問題を検知し、さらには解決できるため、メンテナンス・コストが削減され、アップタイムが向上します。

データに基づく意思決定

IoTデバイスは膨大な量のデータを生成するため、より適切な情報に基づいたビジネス上の意思決定や新しいビジネス・モデルの採用に使用できます。このデータを分析することで、企業は顧客行動、市場動向、業務パフォーマンスについての洞察が得られ、戦略、製品開発、リソースの割り当てに対して、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

コストの削減

手作業によるプロセスを減らし、反復作業を自動化することで、IoTは企業のコスト削減と収益性の向上に貢献します。たとえば、IoTデバイスを使用してエネルギー使用量を監視し、消費を最適化することで、エネルギー・コストを削減し、持続可能性を高めることができます。

顧客体験の向上

IoTテクノロジーを使用して顧客行動に関するデータを収集することで、企業はよりパーソナライズされた魅力的な顧客体験を創り出すことができます。たとえば、小売業者は店内にいる顧客の動きをIoTセンサーで追跡することで、パーソナライズされたサービスを顧客行動に基づいて提供できるようになります。

IoTを可能にするテクノロジー

次のテクノロジーを連携させることで、IoTが可能になります。

  • センサーとアクチュエーター:センサーは、温度、湿度、光、動き、圧力などの環境の変化を検知するデバイスです。アクチュエーターは、バルブの開閉やモーターのオン・オフなど、環境に物理的な変化を起こすデバイスです。IoTの中心であるこれらのデバイスにより、装置やデバイスは物理的に繋がることができるようになります。人が介することなく、センサーとアクチュエーターが問題を解決できれば自動化が実現します。
  • コネクティビティー技術:センサーやアクチュエーターからIoTデータをクラウドに送信するには、IoTデバイスをインターネットに接続する必要があります。IoTで用いられるコネクティビティー技術には、Wi-Fi、Bluetooth、セルラー、Zigbee、LoRaWANなど、さまざまな接続技術が挙げられます。
  • クラウド・コンピューティング:クラウドでは、IoTデバイスによって生成された膨大なデータを保存、処理、分析します。 クラウド・コンピューティング・プラットフォームは、このようなデータの保存や分析、およびIoTアプリケーションの構築とデプロイに欠かせないインフラツールです。
  • ビッグデータ分析:IoTデバイスによって生成された膨大なデータを企業が理解するには、高度な分析ツールを使って洞察を抽出し、パターンを特定する必要があります。これらのツールには、機械学習アルゴリズム、データ可視化ツール、予測分析モデルなどが挙げられます。
  • セキュリティーおよびプライバシー技術:IoTの導入が広まるにつれ、IoTのセキュリティーとプライバシーはますます重要になってきています。IoTデバイスとそれらが生成するデータをサイバー脅威から保護するために、暗号化、アクセス制御、侵入検知システムなどのテクノロジーが使用されます。
IoTの活用事例
医療

医療業界でIoTデバイスを使用すれば、患者を遠隔で見守り、心拍数、血圧、酸素飽和度などの生体信号に関するデータをリアルタイムに収集できます。センサーから読み取ったデータを分析しパターンを検出すれば、潜在的な健康問題を深刻化する前に特定できます。IoTデバイスは、医療機器の追跡、在庫管理、薬物治療コンプライアンスの監視にも使用できます。

製造業

産業用IoTデバイスは、製造現場で機械のパフォーマンスを監視したり、設備の故障を検知したり、生産プロセスを最適化したりするのに使用できます。たとえば、要件がシビアな製造現場では、センサーを使用して製造施設内の温度と湿度を監視することで、最適な状態を維持できます。IoTデバイスは、在庫の追跡、サプライチェーンの管理、完成品の品質の監視にも使用できます。産業用IoTは拡大が著しい新技術領域であるため、独自の略語であるIIOT(Industrial IoT)と呼ばれることもあります。

製造ソリューションの詳細はこちら
小売

小売業界では、IoTデバイスを使用して顧客行動の追跡や在庫レベルの監視を行ったり、店舗レイアウトを最適化したりできます。たとえば、センサーを使用して店内の客足を追跡し、顧客行動を分析することで、小売業者は商品の配置を最適化し、顧客体験を向上させることができます。IoTデバイスは、サプライチェーンの監視、出荷の追跡、在庫レベルの管理にも使用できます。

農業

IoTデバイスを農業に使用すると、土壌の状態、気象パターン、作物の成長を監視できます。たとえば、センサーを使用して土壌の含水率を測定し、作物に最適な時期に灌漑を行うことができます。IoTデバイスは、家畜の健康状態の監視、機器の追跡、サプライチェーンの管理にも使用できます。さらに、低電力または太陽光発電のデバイスなら、監視の見落としが少なくなるので、遠隔地での使用に最適です。

運輸

運輸業界では、IoTデバイスを使用して車両のパフォーマンスを監視し、ルートを最適化し、出荷を追跡できます。たとえば、センサーを使用してコネクテッド・カーの燃費を監視し、燃料コストを削減し、持続可能性を向上させることができます。IoTデバイスを使用して貨物の状態を監視し、最適な状態で目的地に到着させることもできます。

運輸・旅行ソリューションの詳細はこちら
IoTにおけるリスクと課題

IoTには多くのメリットがありますが、リスクと課題もあります。最も重要なものをいくつか次に示します。

  1. セキュリティーとプライバシーのリスク:IoTデバイスの普及に伴い、セキュリティーとプライバシーはますます重要になってきています。IoTデバイスの多くはハッカーやその他のサイバー脅威に対して脆弱であり、機密データのセキュリティーとプライバシーが侵害される可能性があります。IoTデバイスは大量の個人データを収集するため、プライバシーとデータ保護に関する懸念と無縁ではありません。

  2. 相互運用性の問題:異なるメーカーのIoTデバイスは異なる標準やプロトコルを使用していることが多く、その場合、いわゆる「マシンツーマシン」通信の実行が困難になります。これにより、相互運用性の問題が発生し、統合や分析が困難なデータ・サイロが発生してしまう可能性があります。

  3. データ過負荷:IoTデバイスは膨大な量のデータを生成するため、データを処理する準備ができていない企業は対処しきれない可能性があります。データを分析して有意義な洞察を抽出するにしても、特に必要な分析ツールや専門知識が不足している企業にとっては、大きな課題となる可能性があります。

  4. コストと複雑さ:IoTシステムの実装は高額で複雑になる可能性があり、ハードウェア、ソフトウェア、インフラストラクチャーに多大な投資が必要になります。さらに、IoTシステムの管理と保守の問題が重くのしかかる上、専門的なスキルと専門知識も持ち合わせていなければなりません。

  5. 規制および法的課題:IoTデバイスの普及に伴い、規制および法的課題が浮上しています。企業は、国ごとに異なるデータ保護、プライバシー、サイバーセキュリティーに関するさまざまな規制を遵守しなければなりません。

企業はIoTにどのようにアプローチすべきか

IoTデバイスの管理は複雑で困難なタスクになる可能性があります。しかし、企業がIoTデバイスの安全性と信頼性を確保し、パフォーマンスを最適化するために実践できるベスト・プラクティスがいくつかあります。IoTデバイスを管理するためのヒントをいくつか紹介します。

  1. IoT戦略を計画する:IoTデバイスを導入する前に、企業は目的、ユースケース、および期待する結果を明確に理解しておく必要があります。これは、適切なデバイス、IoTプラットフォーム、テクノロジーを選択し、IoT戦略をビジネス目標と確実に一致させるのに役立ちます。

  2. 安全なIoT製品を選択する:IoTソリューションはサイバー攻撃に対して脆弱である可能性があるため、当然のことながら、セキュリティーは重要な考慮事項です。企業は、セキュリティーを念頭に設計されたデバイスを選択し、暗号化、認証、アクセス制御などの適切なセキュリティー・システムを実装する必要があります。

  3. デバイスの監視と保守:IoTデバイスを最適に動作させ、セキュリティー上の脅威に対する脆弱性をなくすために、定期的に監視および保守を行う必要があります。これには、デバイスの健全性とパフォーマンスの監視、ファームウェアとソフトウェアの更新、定期的なセキュリティー監査および予知保全の実施などが含まれます。

  4. データの効果的な管理:IoTデバイスは膨大な量の実環境データを生成するため、管理や分析が困難になる場合があります。企業は、データの保存、分析、視覚化を含む明確なデータ管理戦略を策定しなければなりません。 IoTデバイスによって生成されたデータから有意義な洞察を抽出できるようにするためです。

  5. エコシステムを構築する:IoTデバイスは、多くの場合、他のデバイス、プラットフォーム、テクノロジーを含むより大きなエコシステムの一部です。企業はこのエコシステムを明確に理解し、自社のIoTデバイスが他のシステムやテクノロジーと効果的に統合できるようにする必要があります。

IoTの未来

IoTの未来は有望であり、企業にとって有意義な多くのことが開発段階にあります。IoTの未来の傾向と予測のいくつかを次に示します。

  • 成長:IoTデバイスの数は今後も急速に増加し続けると予想されており、今後数年間で数百億のIoTデバイスが使用されると推定されています。この成長は、業界全体でのIoT導入の増加と、新しいユースケースやアプリケーションの開発によってさらに促進される見込みです。

  • エッジコンピューティング:エッジコンピューティングは、一元化されたデータセンターではなく、データ・ソースに近い場所でデータを処理および分析できるため、IoTにとってますます重要になってきています。エッジコンピューティングにより、応答時間が短縮され、遅延が低減され、IoTネットワーク経由で転送する必要があるデータの量が削減されます。

  • 人工知能と機械学習:AIと機械学習は、IoTデバイスによって生成された膨大な量のデータを分析し、有意義な洞察を抽出するために使用できるため、IoTにとって重要さを増しています。企業はAIと機械学習を使用することで、より多くの情報に基づいた意思決定を行い、業務を最適化することができます。

  • ブロックチェーン:ブロックチェーン・テクノロジーは、IoTのセキュリティーとプライバシーを向上させる方法として研究が進められています。ブロックチェーンを使用すれば、IoTデバイス用の安全な分散ネットワークを作成でき、データ・セキュリティーの脆弱性を最小限に抑えることができると期待されています。

  • 持続可能性:企業が環境への影響を軽減する方法を模索する中、持続可能性はIoTにとってますます重要な考慮事項になってきています。IoTを使用することで、さまざまな業界にわたってエネルギー使用を最適化し、無駄を削減し、持続可能性を向上させることができると期待されています。

IoTの世界は活気に満ちていると言えるでしょう。なぜなら、IoTデバイスの製造コストが低下するにつれて、デバイスのプロバイダーは魅力的な価格を提供するようになり、多くの新しい開発やイノベーションが進められているからです。ただし、IoTデバイスの数が増えれば増えるほど、企業は新しいテクノロジーに適応し、新しいユースケースやアプリケーションを受け入れる準備をしなければならなくなります。それができる企業であれば、この革新的なテクノロジーの恩恵を享受できる有利な立場に立てるでしょう。

関連製品
資産管理 IBM Maximo Application Suite

単一のプラットフォームでインテリジェントな資産管理、モニタリング、予知保全、信頼性を実現

IBM Maximo Application Suiteについて詳しく見る IBM Maximoのツアーに参加しましょう

可観測性 IBM Instana™ Observability

アプリケーションのパフォーマンス監視を強化して、誤動作をより迅速に解決するために必要なコンテキストを提供します。

IBM Instana Observabilityについて詳しく知る IBM Instanaをお試しください

モノのインターネット モノのインターネット・ソリューション

接続されたデバイスやセンサーからのデータと分析を活用するアプリを作成および拡張します。

IoTソリューションの詳細はこちら

IoTリソース Sugar Creek Brewery

この醸造所では、IBMのAIテクノロジーを使用してプロセスを改善し、無駄を最小限に抑えました。

L'Oréal + IBM:インダストリー4.0への立て直し

L’Orealは、Watson IoTを自社の製造工場に適用することで、柔軟性、俊敏性、製品品質を最大化することに成功しました。

コネクテッドアセットの新しいモデル

AIとIoTデータを活用することで、接続されたインテリジェントな資産はパフォーマンスを最適化し、変化する状況に適応し、継続性を確保することができます。

IoTデータから最大の価値を引き出すための4つのステップ

IoTへの取り組みはここ数年で大きく進化しました。ここでは、すべての組織がIoTの取り組みを真の価値実現につなげるために習得する必要がある4つのステップを見てみましょう。

データ管理がIoT戦略をどのように実現(または破壊)するか

このブログでは、データ管理こそが実行可能なIoT戦略の鍵となる理由と、押し寄せる膨大なデータを管理するための最初の一歩について説明します。

IoTを始めるためのキーコンセプトとスキル

IoTを最大限に活用したい開発者は、重要とされるあらゆる領域のスキルを身につけなければなりません。

詳細情報はこちら

IBM Maximo Application Suiteを使用して 保守、検査、および信頼性システムを1つのプラットフォームに統合することで、企業資産の可能性を最大限に引き出します。IBM Maximo Application Suiteは、AI、IoT(モノのインターネット)、高度な分析の力を活用して資産のパフォーマンスを最大化し、資産のライフサイクルを延長して運用コストを最小限に抑え、ダウンタイムを削減する、統合されたクラウドベースのソリューションです。

Maximoはこちら ライブ・デモを予約する