エッジコンピューティングとは何か
IBMのエッジコンピューティング・ソリューションはこちら クラウド関連の最新情報を購読する
コンピューターのモニター、サーバー、雲、ドットのピクトグラムをコラージュしたイラスト
エッジコンピューティングとは何か

エッジコンピューティングは、企業アプリケーションをIoTデバイスやローカル・エッジ・サーバーなどのデータソースに近づける分散コンピューティングのフレームワークです。このようにデータの発生源に近いことは、インサイトの迅速化、応答時間の改善、帯域幅の可用性の向上など、ビジネスに大きなメリットをもたらします。

IoTデバイスの爆発的な成長とコンピューティング能力の向上により、かつてない量のデータが生じています。また、5Gネットワークによって接続されるモバイル機器の数が増えるにつれ、データ量はさらに増えていきます。

かつて、クラウドとAIに期待されていたのは、データからアクショナブルなインサイトを導き出すことで、イノベーションを自動化し、高速化することでした。しかし、接続されたデバイスによって作成されるデータの規模と複雑さは前例がないほど圧倒的であり、ネットワークとインフラストラクチャーの能力を上回っています。

デバイスが生成したすべてのデータを一元化されたデータセンターやクラウドに送信すると、帯域幅や遅延の問題が発生します。エッジコンピューティングは、より効率的な代替手段を提供します。データは、作成されたポイントの近くで処理され、分析されます。データを処理するためにクラウドやデータセンターまでネットワークを経由しないため、遅延が短縮されます。エッジコンピューティング、そして5Gネットワーク上のモバイル・エッジコンピューティングは、より高速で包括的なデータ分析を可能にし、より深いインサイト、迅速な対応、顧客体験の向上を実現します。

エッジのデバイス:潜在能力を高める

コネクテッドカーから工場現場のインテリジェント・ボットに至るまで、世界中で生成されるデバイスからのデータ量はかつてないほど多くなっていますが、こうしたIoTデータのほとんどは利用されていません。たとえば、McKinsey & Companyの調査によると、海上石油掘削施設では3万台のセンサーからデータが生成されますが、現在、意思決定に利用されているデータはそのうちの1パーセントにも満たないことがわかっています。1

エッジコンピューティングは、拡大するデバイス内のコンピューティング能力を活用し、深いインサイトと予測分析をほぼリアルタイムで提供します。エッジデバイスにおけるこの分析能力の向上は、品質向上と価値向上のためのイノベーションの原動力となります。また、コンピューティング能力が向上している中で、このようなアクションを実行するワークロードのデプロイメントをどのように管理するのかという、重要な戦略的問題も提起しています。デバイスに組み込まれたインテリジェンスを利用して、従業員、顧客、そしてビジネスの業務プロセスにどのように影響を与えることができるでしょうか。これらすべてのデバイスから最大の価値を引き出すには、大量の演算処理をエッジに移す必要があります。

DaaSで柔軟な職場を叶える

Desktop as a Service(DaaS)をつかって企業がどのようにアプリケーションをオンプレミスに展開するのと同じレベルのパフォーマンスとセキュリティを達成できるかをご覧ください。

関連コンテンツ

ハイブリッドクラウドのためのガイドに登録する

エッジコンピューティングへの道のり: 考慮すべき事項

エッジコンピューティングは、接続されたデバイスによって生成される未開拓の膨大なデータの可能性を解き放つことができます。新たなビジネス・チャンスを発見し、業務効率を高め、顧客により迅速で信頼性の高い一貫したエクスペリエンスを提供することができます。最高のエッジコンピューティング・モデルは、ローカルでデータを分析することにより、パフォーマンスを加速させることができます。エッジコンピューティングに対する熟考されたアプローチは、事前に定義されたポリシーに従ってワークロードを最新の状態に保ち、プライバシーの維持を支援し、データ・レジデンシーの法律や規制を遵守します。

しかし、このプロセスにも課題が残されています。効果的なエッジコンピューティング・モデルは、ネットワーク・セキュリティーのリスク、管理の複雑さ、遅延や帯域幅の制限に対処する必要があります。実行可能なモデルは、次の点を支援します。

  • あらゆるクラウドとあらゆるデバイスでワークロードを管理する
  • すべてのエッジのロケーションにアプリケーションを確実かつシームレスにデプロイする
  • 進化するニーズに対応するオープン性と柔軟性を維持する
  • 安全性と信頼性の高い運用
エッジコンピューティングの主な機能

クラウド・エッジ、IoTエッジ、モバイル・エッジなど、どの種類のエッジコンピューティングに関心がある場合でも、以下の目標を達成するのに役立つソリューションを見つけるようにしてください。

大規模にソフトウェアの配布を管理する

不要な管理者を減らし、関連コストを削減しながら、必要な時に必要な場所にソフトウェアをデプロイします。

オープンソース・テクノロジーの活用

革新的な能力を育み、今日の市場における多様な機器やデバイスに対応できるエッジコンピューティング・ソリューションを活用してください。

セキュリティーの懸念事項への対応

適切なワークロードが適切なコンピューターに適切なタイミングで展開されていることを確認します。企業のポリシーを管理し、実施する簡単な方法があることを確認してください。

業界に精通した信頼できるパートナー

実績のあるマルチクラウド・プラットフォームと、エッジ導入における拡張性の向上、パフォーマンスの高速化、セキュリティーの強化を目的とした包括的なサービス・ポートフォリオを備えたベンダーを探します。エッジのインテリジェンスとパフォーマンスを最大化する拡張サービスについて、ベンダーに確認します。

業界におけるエッジコンピューティングの未来

銀行、鉱業、小売などのあらゆる業界のCIOは、顧客体験をパーソナライズし、より迅速なインサイトと行動を生み出し、継続的なオペレーションを維持するための戦略を構築しています。これは、エッジコンピューティングとして知られる大規模分散コンピューティング・アーキテクチャーを採用することで実現できます。しかし、各業界では、エッジITの必要性を駆り立てる固有のユースケースが存在します。

銀行は、消費者の安全性を高めるために、ATMの動画フィードをリアルタイムで分析するエッジを必要とするかもしれません。鉱業会社はデータを活用することで、オペレーションの最適化、作業者の安全性の向上、エネルギー消費の削減、生産性の向上を図ることができます。小売業者は、顧客の購買体験をパーソナライズし、特別なオファーを迅速に伝えることができます。キオスク・サービスを利用する企業は、キオスクベース・アプリケーションのリモート配信と管理を自動化できるため、キオスクが接続されていない場合やネットワーク接続が不十分な場合でも、アプリケーションを確実に運用し続けることができます。

エッジコンピューティングが業界における可能性をどのように形成しているかをご覧ください。
関連ソリューション
IBM Edge Application Manager

何千台ものエッジ・サーバーと何十万台ものエッジ・デバイスをコスト効率の高い方法で管理し、セキュリティーを推進します。

詳細はこちら
エッジにおけるデータとAIのためのインフラストラクチャー

IBM Power Systems および IBM Storage ソリューションは、AIモデルをエッジで機能させます。エッジで生成されたライブ・ビジュアル・データからインサイトを解き放ちます。

詳細はこちら
 IBM Cloud Pak for Data

データの収益化を加速し、アプリケーションやモデルをエッジに拡張することで、データを移動せずに、リアルタイムのインサイトが得られます。

詳細はこちら
参考情報 エッジコンピューティングに自律型コンピューティングが必要な理由

自律管理によりエッジコンピューティングへのアプローチに革命が起きています。

エッジでのデータ管理

エッジコンピューティングは、新しいテクノロジーによって引き起こされる将来のネットワークの混雑を緩和するための強力な戦略を提供します。

医療分野におけるエッジコンピューティング

医療分野の新興企業であるInnocens BVは、予測エッジコンピューティングにより、敗血症の発症リスクのある乳幼児を特定します。

次のステップ

IBM Edge Application Managerは、エッジコンピューティングに自立管理を提供する、インテリジェントかつ柔軟なアプリケーションです。管理者1人が複数のエンドポイントで、アプリケーション環境の規模、変動性、変化率を同時に管理できます。

Edge Application Managerの詳細はこちら
脚注

1"The Internet of Things: Mapping the Value Beyond the Hype," (ibm.com外部リンク)McKinsey Global Institute, McKinsey & Company, June 2015