リスクの最小化、機密データの保護、そして適応

ビジネス・データはお客様の知的資産であり、競争上の差別化要因であり、組織の生命線です。IBM®が提供するデータ・セキュリティーおよび保護機能により、セキュリティー担当チームはデータ環境全体で発生している事象を自動分析できるようになります。

  • データのリスクを分析
  • 機密データを悪意のある社内外の人間から保護
  • 環境の変化にスピーディーに適応

GDPRへの対応

保護が必要なデータと入力が必要なセキュリティー・ギャップを見つけます。

データ・セキュリティー製品

IBM Security Guardium

データベースからビッグデータ、クラウド、ファイル・システムなど、さまざまな環境の機密データを保護するために開発された、データ・セキュリティーおよび保護製品のファミリー。

IBM Data Risk Manager

お客様のビジネスに対するデータ関連リスクを事前に発見、分析、視覚化し、対策を講じる

詳細情報

お客様に求められるGDPRへのアクション・プラン

お客様が直ちに対応を開始すべきGDPRの要件を説明します。

IBMをデータベース・セキュリティーのリーダーに選定

KuppingerCole社の新しいCompassレポートで、IBMは全体的なリーダーシップのトップに位置付けられました。

IBMがMorneau Shepell社の機密データ保護を支援

人材コンサルティングおよびテクノロジー企業が、IBM Security Guardiumで機密データを保護しています。

TEI調査

Forrester Consulting社のTotal Economic Impact™ (TEI)調査で、コストとリスクを削減し、生産性を高め、ROIを評価する方法をお読みください。

Guardiumユーザー・グループ

技術的資料を発見し、ローカルな人脈を見つけ、セキュリティーの専門家とグローバルにつながるためのグループです。

お問い合わせ電話番号: 0120-550-210 (識別コード: Security)