概要

データは、組織のあらゆる運用に重要な基盤を提供します。データを安全に保護して使用することが、ゼロトラスト・セキュリティー戦略の中核となります。

残念ながら、サイバー犯罪者もデータの価値を認識し、セキュリティーの脆弱性を悪用して、企業の情報を危険にさらそうとしています。オンプレミスであれハイブリッド・マルチクラウド環境であれ、セキュアなデータ・ソリューションは、脅威を調査および修正するための可視性を高め、洞察を獲得し、リアルタイムの制御とコンプライアンスを実施するのに役立ちます。

メリット

データ・セキュリティーの脆弱性をリアルタイムで発見

貴社のセキュリティー・チームは、重要なデータがどこにあり、誰がそれにアクセスできるのかを把握していますか?機密データを保護するための重要なステップには、可視化の自動化、アクセス・ポリシーの制御、セキュリティー侵害になる前に脆弱性とリスクを発見するための継続的な監視の実施などがあります。

セキュアなソリューションを使用して重要なデータを保護

貴社のような組織では、個人情報、個人医療情報、支払いカード情報、知的財産など、さまざまな重要なデータが危険にさらされています。統合された一連の機能を使用することで、オンプレミスまたはハイブリッド・マルチクラウド導入環境のサイバーセキュリティーの欠陥に対処できます。

規制へのコンプライアンスを簡素化

チームにとって、増え続けるプライバシー要件に対処することは十分に困難ですが、報告のペースについていくこともまた困難です。自動化、分析、アクティビティーの監視により、プロセスを簡素化します。

IBM Cloud Pak for Security

セキュリティー・ツールを統合して、ハイブリッド・マルチクラウド環境全体の脅威に関する洞察を得ることができます。

データ保護ソリューション

データ保護プラットフォーム

包括的なデータ・セキュリティー・プラットフォームを使用して、よりスマートで適応性の高いアプローチで重要なデータベースやファイルなどを保護します。IT環境全体でデータが最も危険にさらされている場所を特定し、コンテキストに関する洞察と分析を得て、問題を監視、保護、軽減するための措置を講じます。

データ・セキュリティー・サービス

サイバーセキュリティー戦略を変革します。IBMのセキュリティーの専門家は、データ・セキュリティーのテクノロジーと専門知識を活用して、機密データがどこにあってもそれを検出、保護、監視できるように支援します。

データ・プライバシー

データ・プライバシーの懸念により新しい規制が推進され続ける中、プライバシー要件へのコンプライアンスに対処し、利害関係者との信頼を築き、競合他社と一線を画せるようにします。

クラウドのデータ・セキュリティー

戦略から脅威の封じ込めに至る、包括的なセキュリティー・プログラムによって、企業のハイブリッド・マルチクラウド環境を自信を持って保護します。

データ保護のための暗号化

IBMとそのビジネス・パートナーのテクノロジーと専門知識の組み合わせにより、相手方の当事者がアクセス、保管、送信する機密データを完全に管理し続けます。

重要データを保護

発見から監視に至る、重要データの保護に対する包括的なアプローチの5つの主要な手法を活用してください。

大規模なオープンソースのデータ分析による公共の安全の向上

ある政府機関は、ソーシャル・メディア情報を実用的な洞察に変換することで、市民をよりよく理解しようと努めました。IBM SecurityとIBMのビジネス・パートナーは、柔軟で拡張性の高いセキュアなオープンソース・インテリジェンス・ソリューションを構築して、大量のデータを迅速に分析しました。

参考情報

2020年度版 X-Force脅威インテリジェンス・レポート

2019年に世界で発生した主な脅威動向に関する状況を解説するとともに、今、知っておくべき洞察を提供します。

セキュリティーとプライバシーの技術基盤の構築

プライバシーとコンプライアンスの戦略の成功は、適切なデータ・セキュリティー・テクノロジーを選択することから始まります。

データ暗号化と鍵管理のベスト・プラクティス

ハイブリッド・マルチクラウドの世界におけるデータ・セキュリティーの傾向、課題、ベスト・プラクティスについてご覧ください。

一般的なデータ・セキュリティーの5つの落とし穴

データ漏えいが増加しています。上位のデータ・セキュリティーの落とし穴を回避する方法をご存じですか?

次のステップ