概要

容易な構築

コーディング・スキルなしでAIシステムをトレーニング

困難に見えるAIシステムのトレーニングも、Watson Assistantを使用すれば、各トピックを、いくつかの質問例だけでトレーニングできます。

ステップを使用して情報を素早く収集

複雑で問題の生じやすい決定木ではなく、ステップを使用すると、 アクション内でステップに優先順位を付けるだけで、情報の収集や顧客への対応を迅速に行えます。

顧客からの平易な言葉による応答を認識

ステップは、顧客からの平易な言葉による応答を検出するために、背後でAIを活用しています。これにより、つづりや発音に誤りがあっても、同義語、日付、時刻などを検出できます。

条件により会話の流れを微調整

使いやすい条件ビルダーを各ステップで使用することにより、会話の流れを非常にきめ細かく管理できます。

顧客の観点でアクションをプレビュー可能

構築しながら、ユーザーが体験する会話をプレビューできます。高度なデバッグ機能を使用して、問題をすばやく修正できます。

共通コンポーネントを再利用してより迅速に構築

同じフローを複数の場所で再作成する代わりに、フローの一部を一度作成して、どこでも再利用できます。

統合によるアシスタントの最適化

既存のコンテンツとCRMシステムへの統合を使用して、アシスタントを完成させます。

既存コンテンツの検索

拡大鏡の抽象イラスト

Watson Discoveryを使用して、知識ベースからWebサイトまで、既存のコンテンツにおける最新の回答を検索します。

担当者への引き継ぎ

顧客サービス担当者の抽象イラスト

Web、アプリ、電話、メッセージングのチャネルなど、お客さまのビジネスと顧客とのコミュニケーションが発生する場所に、どこでも導入できます。

複数チャネルにわたる統合

電話の抽象イラスト

チャットボット・プラットフォームを既存のライブ・エージェント・ツールに簡単に接続して、顧客を適切な担当者にリアルタイムでルーティングします。

お客様の声

よくあるご質問(FAQ)

Watson Assistantは機械学習や自然言語処理を使用しますか。

Watsonは、ディープ・ラーニング、機械学習、自然言語処理(NLP)のモデルに基づいて構築されています。これによって、顧客体験を向上させ、顧客が予定の変更、出荷の追跡、バランスのチェックなどを行うのを支援します。 Watsonは機械学習アルゴリズムを使用し、補足の質問を行うことで、顧客をよりよく理解でき、必要に応じて担当者に引き継ぐこともできます。

拡張インテント検出モデルをお試しください。 この新しいモデルは、ベータ機能として英語のダイアログ・スキルとアクション・スキルで提供されており、より迅速かつ正確です。 従来の機械学習、転移学習、ディープ・ラーニングの手法を組み合わせた結合モデルにより、実行時に高い応答性を実現します。 詳しくは、インテント認識の向上を参照してください。

チャットボットの構築にはどのくらい時間がかかりますか。

30分以内で、製品の使い方を学び、最初のトピックを作成することができます。

APIとは何ですか。

APIは、2つのアプリケーションが、それぞれのデータと機能を利用可能にすることによって相互に通信できるようにする、ソフトウェア仲介機能です。 アプリケーション開発者は、APIのインターフェースを使用して他の製品やサービスと通信し、エンド・ユーザーが要求した情報を返します。 携帯電話またはコンピューターでアプリケーション(仮想アシスタントなど)を使用すると、アプリケーションはインターネットに接続し、APIを介してデータをサーバーに送信します。 APIは、サーバーがデータを解釈して、必要なアクションを実行できるようにするのに役立ちます。 最後にサーバーは、要求されたデータをAPIを介してデバイスに送り返し、データはそこでアプリケーションによって解釈されて、読み取り可能な形式でユーザーに提示されます。 APIがなければ、今日活用されているオンライン・アプリケーションの多くは実現できなかったでしょう。

ビジュアル・ボット・ビルダー・インターフェースの利用を開始する上で最適な方法は何ですか。

最初にチャットボットのビルドを開始する方法については、はじめにの資料をご覧ください。

ビジュアル・チャットボット・ビルダーのチュートリアルはありますか。

ビジュアル・チャットボット・ビルダーを使用した仮想アシスタント作成のための完全なチュートリアルについては、Watson Assistantの資料をご覧ください。

Watson Assistantには、すぐに利用できるWebチャット・ウィジェットはありますか。

はい、アシスタントをWebチャット・ウィジェットとして企業のWebサイトにすぐに追加できます。これにより、一般的な質問やタスクにおいて顧客を支援します。また、顧客を担当者につなぐこともできます。 Webチャット・ウィジェットを統合するには、こちらの手順に従って、必要なコードを生成し、 Webページにコピーします。

Facebook Messenger、WhatsApp、Slack、Amazon Alexaなどのチャネルにチャットボットを導入できますか。

はい、Facebook Messenger、Intercom、Slack、TwilioによるSMS、WhatsAppにチャットボットを導入することができます。 Amazon Alexaにも導入できます。 Watson Assistantの統合の詳細をご覧ください。

WordPressに導入できますか。

はい、このWordPressプラグイン(IBM外部へのリンク)を使用できます。 わずか数分のトレーニングで、Watsonは、よくある質問への回答、有用な情報の提供、Webサイトを顧客がナビゲートするための支援を行えるようになります。

チャットボットのTwilioアカウント設定はどうすればよいですか。

チャットボットをTwilioと統合するには、まず、Watson Assistantの電話統合を追加してから、Twilio Flexプロジェクトと、着信通話を処理するTwilio関数を作成する必要があります。 Watson Assistantの資料の詳しい説明をお読みください。

使用できるチャットボット・テンプレートはありますか。

デフォルトでは、Webチャット・ウィンドウにホーム画面が表示され、ユーザーへのあいさつと、アシスタントとの対話方法の説明が行われます。 ホーム画面のスタイルの変更に使用できるCSSヘルパー・クラスについては、事前作成テンプレートの資料を参照してください。

チャットボットの一般的なユースケースは何ですか。

チャットボットの最も一般的なユースケースは、カスタマー・ケアです。 チャットボットは、顧客の質問に答え、簡単なトラブルシューティングにおいて顧客をガイドし、必要なリソースに顧客をつなぐことができます。そのため、優れたユーザー・エクスペリエンスの提供を目指す、製品ベースとサービス・ベースの双方の企業に役立ちます。

チャットボットは、リード生成を支援するツールを求めている販売チームでもよく使用されます。 チャットボットは、尋ねられた質問に基づいて潜在的なリードを素早く検証してから、取引の成立につなげるために販売担当者に引き継ぐことができます。

チャットボットはまた、e-コマースにおいてデジタル販売員として活用することもできます。これにより、従来型ストアのような顧客体験を創出できます。 e-コマースのチャットボットは、消極的なサイト訪問者を、関心の高い見込み客に変えるような、パーソナライズされたショッピング体験を提供することができます。

次のステップへ

顧客体験を向上させるスマートなAIチャットをはじめましょう

一社ごとにシナリオ・ベースのデモを通して解説、疑問にお答えするオンライン・デモ相談会を開催しています。
デモ内容: シナリオにない、自由な質問への回答 / 満足度を高める回答

オンライン・デモ相談会 → 無料評価版を始める →