Forresterが、IBMを産業用IoT(IIoT)プラットフォームのリーダーと評価

製造業におけるIoT活用を成功に導くためには、適切なIoT基盤が必要です。さらに、IoTへの専門知識だけではなく、業界の専門知識、高度なアナリティクス、AI、デバイスに安全に接続して迅速にデータを取得する能力も不可欠です。

スモール・スタート、迅速な拡大

デバイスを迅速かつ確実につなぎ、ビジネス価値を高めるためのデータを取得、収集、処理する。セキュリティやプライバシーなど、ビジネス・リスクを抑えながら、変化するビジネスニーズに迅速に対応する -- そんなIoTプラットフォームをご用意しています。

視覚化、分析、行動

IoTを活用してデータを可視化し、分析を行いビジネス価値を高めようと検討中なら、自社のデータ戦略の作成とその実現を支援するIoTプラットフォーム選びが必須です。IBM Cloudを活用したAI主導型の高度な分析が、収集データを意味のある洞察に変換し、コスト最適化や投資効果の向上へと結びつけます。

追跡、トレース、信頼

ブロックチェーンを使用することで、ビジネス情報の安全な共有が実現します。改ざんが不可能な信頼できる台帳によって、データのトレーサビリティや透明性を確保します。また、スマートコントラクト(プログラムによる契約の自動化)によるスピードアップも可能となります。

IBMが提供するIoT製品

IBM Watson IoT platform

Watson IoT Platformは、IoTデバイスを容易な活用とIoTプロジェクトの迅速な開始をサポートするクラウド基盤のマネージド・サービスです。

お客様導入事例

KONE:エレベーター・サービスをインテリジェント化

毎日、10億人の人々がエレベーター・サービスを提供するKONE社に支えられています。KONEは、重要な予知保全を行うために、Watson IoT Platformを使用して、リアルタイムに、エレベーター機器とのインテリジェントな会話を実現しています。

Watson IoT Platformの活用領域