IBM TRIRIGAで建物および施設に関する優れた洞察を獲得する

IBM TRIRIGAは、インテリジェントな不動産と施設のための管理ソリューションです。TRIRIGAは、データ、IoT、AIなどのスマート・アプリケーションを駆使して、重要な情報と洞察を導き出すためのお手伝いをします。スペースと施設の使用率、入居者の体験、投資計画、リース管理および会計をこれまでより視覚的に確認できるようにします。IBMだけが提供できるデータ・セキュリティーに支えられたTRIRIGAを使用して、建物の規模や構成を問わず、不動産投資を最大限に活用することができます。これが、Fortuneに選出された企業の5社のうち4社がTRIRIGAを選んだ理由です。

主な特長

  • スペースと施設の使用率の向上
  • 優れたワークプレース体験の実現
  • リースの管理および会計の最適化
  • 投資計画を最大化
  • 企業のニーズに合わせた拡張性

→ 詳細を見る

IBM TRIRIGA Building Insightsによる洞察と最適化

IBM TRIRIGA Building Insightsは、IoTとAIを使用して、建物の所有者と運用者が所有施設について理解を深め、占有率を管理し、建物の有効活用度を向上させるために役立つ、有用な洞察を提供します。

主な特長

  • スペース使用率の向上
  • 建物の統合と拡張時期の特定
  • 予防保守の実施
  • 優れたワークプレース体験の実現

→ 詳細はこちら

お客様事例

IBMグローバル不動産グループが語るTRIRIGA

今日不動産や施設管理の専門家は、もはやれんがやモルタル、あるいはモップやバケツのことで頭を悩ませているときではありません。テクノロジーを活用すること、データを理解すること、従業員の心をつかむことこそが重要なのです。IBMグローバル不動産グループがTRIRIGAを使用して、1300以上のロケーションで7800万平方フィートにわたり、適切なスペースと最高の体験を提供している方法について解説します。

独立系調査コンサルティング企業、Verdantixが、IBM TRIRIGAをIWMSのリーダーに選出

独立系調査コンサルティング企業、Verdantixが、IBM TRIRIGAをIWMSのリーダーに選出

ユースケースを見る