新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する職場閉鎖
IBM Global Real Estateはよりスマートな職場復帰を支援します
TRIRIGAデモはこちら
サージカル・マスクを着用した2人が公共のソファに間隔を置いて座り、ノートPCで作業している

新型コロナウイルス感染症は封じ込めを拒む山火事のように、2020年に世界中に蔓延し始めました。ほぼ一夜にして、ビジネス戦略は変化しました。職場の健康と安全に対する緊急性が高まりました。また、公衆衛生の指令が絶えず変化することから、組織の俊敏性が最重要となりました。

IBMは、その使命に従って、自社の従業員、顧客、パートナーだけでなく、他の企業の従業員、顧客、パートナーも保護するために、豊富な経験と技術的リソースを活用しようと努めました。

「IBMはこのような問題を熟慮することを得意としています。それが私たちであり、私たちの仕事であり、私たちの会社のため、そして世界のためなのです」と、IBMエンタープライズ・テクノロジー&セキュリティーのオペレーション&トランスフォーメーション担当バイスプレジデントであるCameron Pottsは述べています。

同社の不動産および施設管理組織であるIBMグローバル・リアルエステート(GRE)がこうした取り組みの指揮を執りました。政府による最初の自宅待機命令を受けて、GREは現場の幹部や危機管理チームと協力し、世界中にいるIBM従業員の95%をオフィスから自宅勤務に移行しました。セキュリティーが充実したインフラストラクチャーとデジタル・ワークプレイス・ツールが既に導入されているため、リモートワーカーをサポートする体制が十分に整っていました。

同社はまた、現場で働くエッセンシャル・ワーカーの体温と症状のスクリーニングのためのフロントドア・プロセスを早急に確立しました。建物内では、個人の衛生状態、社会的距離の取り方、その他の確立された健康ガイドラインを標識やその他の戦術で強化しました。

次に、政府が制限を緩和した後、拠点を安全に再開する方法を見据えていました。IBMは170カ国で約350,000人の従業員を雇用しています。意思決定者は、さまざまなビジネス・ニーズや地域の公衆衛生指令に適応できる、柔軟でベスト・プラクティスのアプローチを必要としていました。

広範囲のリーチを実現

 

IBMの370カ所の拠点で、従業員のためのより安全な職場体験を支援

より迅速な分析

 

スペースの利用状況の分析を99%高速化

私たちは、GRE組織を「Watson Worksのクライアント・ゼロ」と考えています。新型コロナウイルス感染症から現場の従業員やその他の労働者を守るためにスマート・テクノロジーを積極的に活用することで、私たちに対する信頼を強化することができます。 Marianne Flores ディレクター IBM Global Real Estate

IBMや他の大企業が再開する際の指針となるよう、、IBM GREディレクターのMarianne Floresは、PottsやGREおよび人事部門の他のリーダーと協力して、「IBM Return to Workplace Playbook」を作成しました。このプレイブックは、サイト評価の準備状況、準備、安全性など、職場復帰のあらゆる段階における包括的な意思決定の枠組みとチェックリストを提供しています。

これらの作業を終えたFloresとPottsは、IBMの職場の再定義を始めました。最先端のテクノロジーを駆使して、現場の安全性、生産性、効率性を高めるように努めました。

従業員の健康と安全がかかっているのです。GREは、IBM従業員の職場復帰をどのように保護するかを課題の中心に据えています。 Cameron Potts オペレーション&トランスフォーメーション担当バイスプレジデント IBMエンタープライズ・テクノロジー&セキュリティ
スペース利用に関する洞察へのアクセスを99%迅速化

2021年1月までに、GREはWatson Worksソリューションを370カ所に導入しました。GREは、新型コロナウイルス感染症への対応とコンプライアンス・プロセスを変革することで、パンデミック関連の意思決定を迅速に行う必要のあるIBMのチーム(拠点や事業部門のリーダー、国または地域のゼネラル・マネージャー、危機管理チームなど)が、重要な洞察に迅速にアクセスできるようにしました。

Watson Worksソリューションにより、GREチームは、ある場所のスペース利用分析を完了するまでの時間を、10 日から10分へと99%短縮しました。さらに、GREのリーダーは、高精度のスペース利用データにより、IBMのグローバル・ポートフォリオ全体で、利用状況と経費を最適化することができます。

「GREは不動産の決定を戦略的に行い、将来の職場を設計する必要があります。データ収集、データ分析、洞察の生成に必要な時間と労力を大幅に削減できます」とFloresは言います。

最も重要なことは、IBMの施設に入る従業員、顧客、その他の人々が、その違いを見て、感じて、体験できるということです。IBMが新型コロナウイルス感染症の感染からの保護に全面的に投資していることを知ることで、自信を深め、最高のパフォーマンスを発揮することができます。

「従業員の健康と安全がかかっているのです」とPottsは言います。「GREは、IBM従業員の職場復帰をどのように保護するかを課題の中心に据えています。GREは、新型コロナウイルス感染症の蔓延を食い止めるために、IBMがほぼ一夜にして方向転換するのを支援しました。」

IBMロゴ
IBM Global Real Estateについて

米国ニューヨーク州アーモンクを本拠地とするGREは、世界中の1,200の拠点で7,200万平方フィートのスペースを管理しています。その中には、IBMのオフィス、研究所、データセンター、教育センター、倉庫が含まれます。約600人のIBM従業員が、優れた仕事体験を提供するというGREの使命を遂行しています。

次のステップ
職場復帰計画の作成 職場復帰の3つのP:people(人)、processes(プロセス)、productivity(生産性)
法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

米国で製作、2021年2月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Maximo、TRIRIGA、およびWatson Worksは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中各地の管轄区域で登録されています。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」https://www.ibm.com/jp-ja/legal/copytradeでご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

適切なセキュリティ実践に関する声明:ITシステムのセキュリティには、企業内外からの不適切なアクセスの防止、検出、対応を通じてシステムと情報を保護することが含まれます。不適切なアクセスは、情報の改ざんや、破壊、悪用、誤用、または他者への攻撃への使用を含む、システムの損傷または誤用につながるおそれがあります。ITシステムや製品は完全に安全であると捉えるべきではなく、不適切な使用やアクセスを防止する上で絶対に効果のある、製品や、サービス、セキュリティー対策は1つもありません。IBMのシステム、製品およびサービスは、合法的で包括的なセキュリティー・アプローチの一部として設計されているため、必然的に運用手順が追加されることになります。また、最も効果を発揮するために他のシステム、製品、またはサービスが必要となる場合があります。IBMでは、いずれの当事者による不正行為または違法行為により、いかなるシステム、製品もしくはサービス、またはお客様の企業に対して影響が及ぶことはないことを保証するものではありません。