RPAの2022年の受賞

IBMのRPAテクノロジーがG2 CrowdとTrustRadiusで賞を獲得

IBM® Robotic Process Automationが、価格、リレーションシップ、機能の分野で、14個のG2 Crowdリーダーシップ・アワードと3個のTrustRadiusアワードを受賞しました。
G2 Crowdのレビュー(IBM外部へのリンク)→
TrustRadiusのレビュー(IBM外部へのリンク)→

TrustRadiusで受賞した複数のバッジ

概要

RPA自動化で効率良く成果を得るには

データサイエンスを利用したアルゴリズムでボトルネックを特定、自動化による最大の利益が得られる場所をターゲットにします。
オンライン・デモ相談会を実施しております。お気軽にお申し込みください。

ユースケース

RPAが必要な理由

IBM Robotic Process Automationの機能を表すスクリーン・ショット

RPAが必要な理由

RPAツールを使用して生産性を向上させましょう。 戦略的な業務に費やす時間を増やし、反復的なタスクを行う時間を減らします。

ボットを構築する

IBM Robotic Process Automationを使用してボットを構築するプロセスを示すスクリーン・ショット

ボットを構築する

IBMのRPAツールは、RPA開発者が(実質的には誰でも)数分でRPAボットを構築し、レポートを作成できるようにします。

ボットを統合する

IBM Robotic Process Automationを使用してボットを統合する方法を示すスクリーン・ショット

ボットを統合する

技術的な問題のトラブルシューティングを行い、リアルタイムで顧客に応答するチャットボットを開発します。

ボットを管理する

IBM Robotic Process Automationを使用してボットを管理する方法を示すスクリーン・ショット

ボットを管理する

ご使用のRPA環境を維持し、メトリックを追跡できます。

IBMアカデミック・イニシアチブでのIBM Robotic Process Automationの詳細説明

メリット

IBM Robotic Process Automation 2021 TEI調査

Forrester社のTotal Economic Impact(TEI:総経済効果)調査を読み、Webセミナーにご参加ください。

お客様事例

主要な機能

ボットの構築、実行、モニター

ローコードとAIの機能をご覧ください。

無人ボット

反復的な業務を人手の不要な自動化タスクに。

有人ボット

作業担当者がボットをオンデマンドで使用できるようになります。

インテリジェントなチャットボット

あらゆるチャネルに対応する魅力的なチャットボットを作成できます。

ワークロード管理

作業を複数のボットにインテリジェントに配分します。

スケジューリング

無人ボットを稼働する時間スケジュールを管理します。

ローコード・オーサリング・ツール

数多くの作成済みのコマンドで、ボットをすぐに作成できます。

自由なデプロイメント

オンプレミスにもクラウド(SaaS)にもデプロイできます。

ボットの同時実行

拡張性を向上させ、同じ仮想ホスト上で複数のボットを実行します。

資格情報ボールト

ボットのログイン資格情報を安全に保管します。

さらに充実したケイパビリティー

IBM Cloud Pak® for Business AutomationでIBM Robotic Process Automationをご利用ください

自動化を大胆に進めることで、業務上の課題の数々を解決しましょう。

統合

IBM Cloud Pak for Business Automationには、AIを活用した機能、共通UI、ローコード・ツールが含まれます。

完全性

タスクの自動化、ワークフローのオーケストレーション、意思決定管理、コンテンツサービスなど、さまざまな機能をご利用になれます。

最先端

モジュール式の便利な料金体系ですので、ニーズに合わせてご利用いただけます。

次のステップへ

IBMのAIによるRPAメリットをご覧ください。自動化に関する疑問、お悩みにお答えします。

オンライン・デモ相談会を実施しております。お気軽にお申し込みください。