IWMSとは

IWMS(統合型職場管理システム)は、企業の不動産および施設管理のプロフェッショナルが、スペースの使用効率、投資計画、保守およびリソース計画に関してよりスマートな意思決定を行うために肝要となる洞察を提供します。

スペース管理を最適化し、新しい従業員を引き付ける

ワーク・スペースは重要です。不動産戦略の基盤であり、コストに大きな影響を与えるとともに、従業員に与えるワークプレース・エクスペリエンスの全体を左右します。ミレニアル世代から中堅・ベテラン社員までを魅了し、運用効率を向上させることで従業員の満足度全体を向上させる方法をご覧ください。

予知保全により建物の運用管理を最適化

IWMSでは、継続的な保守の計画、管理、および監視によって、ビジネス・プロセスの中断を最小限に抑えることができます。保守と修理を完全に避けて通ることはできませんが、これらに上手に取り組むことは可能です。そのために特に役立つことはデータの活用です。

建設プロジェクトを制御

投資、施設、環境の計画には、次のような数多くの不確定要素があります。それは、優先順位の識別、計画、予算の確保、ベンダーの選定、そして契約の管理です。それらすべてに、どのように対処しますか?

レポート作成の効率を向上

シンプルで直感的なレポートにより、ストーリーを伝え説得力を強めます。視認性や判読性の高いユーザーフレンドリーなレポートにより、組織にとって重要な指標を分かりやすい形に調整して提供することができます。

このソリューションを支える製品

IBM TRIRIGA

インテリジェントな不動産・施設管理のための洞察に富んだソリューションです。

IWMSの実例を見る

IWMSを使用することで、建物の状況を把握し、不動産ポートフォリオ全体を可視化できます。対話式サイトにアクセスして、建物における運用効率の向上と魅力的な職場環境の実現にIBM TRIRIGAが役立つ方法をすべてご覧ください。

お客様事例

IBMグローバル不動産建設

今日の不動産や施設管理の専門家の皆様は、もはやれんがやモルタル、あるいはモップやバケツのことで頭を悩ませているときではありません。テクノロジーを活用すること、データを理解すること、従業員の心をつかむことこそが重要なのです。IBMグローバル不動産グループがTRIRIGAを使用して、1300以上のロケーションで7800万平方フィートにわたり、適切なスペースと最高の体験を提供している方法について説明します。

このソリューションが活用される設備

IWMSに関するよくある質問への回答をご覧ください。

IWMSが必要な理由

今日、ますます多くの施設やワークプレースがIoTで接続されおり、データの主な発生源であり受け取り手になっています。統合ワークプレース管理システム(IWMS)は、組織がこのようなデータを収集および分析し、運用効率を理解して改善できるようサポートします。適切なIWMSを使用することで、企業は変化に迅速に対応することができ、よりスマートな意思決定を行うことで、入居者にとってより魅力的なワークプレース・エクスペリエンスを作ることができます。

IWMSの機能とは

業界およびテクノロジーのアナリストの多くが、不動産、投資計画、施設スペース管理、施設保全、環境およびエネルギー管理の分野にまたがる機能モデルを1つのテクノロジー・プラットフォームに統合した「統合ワークプレース・マネジメント・システム(IWMS)」こそが理想的であると定義しています。

IWMSによるコスト削減の仕組み

統合ワークプレース管理システム(IWMS)は、さまざまな側面から組織のコスト削減を実現します。「つながる施設」は、組織に次のような大きなメリットをもたらします。

  • 新規施設にかかるライフサイクル・コストのさらなる削減
  • 施設使用効率の向上
  • エネルギー消費量と水道光熱費の削減
  • スペース需要の削減
  • 保守コストの削減

CAFMとIWMSの違いとは

CAFM は「コンピュータFM支援システム」を表し、主に資産の追跡とスペースの最適化ツールとして機能します。統合型職場管理システム(IWMS)は、不動産管理における幅広いビジネス・プロセスをサポートする、より堅固なFMソリューションです。

IWMSを使用する業界とは

統合ワークプレース管理システム(IWMS)は、業界・業種を問わずにご活用いただける製品であり、IWMSを代表する製品であるIBM TRIRIGAは、公共・民間を問わずさまざまな企業や組織にご利用いただいています。大規模不動産の所有者にとって特に有用で、TRIRIGAは世界中で多くの政府機関にご使用いただいています。TRIRIGAを用いることにより、計画・運用により高い透明性をもたらすため、投資計画管理などの面からも官公庁セクターのお客さまに大きな価値を提供し、高い評価をいただいています。

IBM TRIRIGAと、市場に出ているその他のIWMS製品やソリューションとの比較

IBM TRIRIGAは、施設管理の業界が必要とする中核機能において他の製品よりも高い評価を受けており、独立系調査会社のVerdantix社によってリーダーとして選出されています。特に、大規模な建物の所有者や複雑なニーズを持つ利用者にとって最適な選択肢です。

IWMSの実装で期待できるビジネス成果

適切な統合ワークプレース管理システム(IWMS)を選択することで、組織の真の強みと価値を高めることができます。理想的なIWMSと評価されているTRIRIGAは、コスト削減の実現はもとより、組織の不動産ポートフォリオをさまざまな方法で最適化できるように設計されています。
ビジネス成果例: データ駆動型スペース最適化戦略の高度化。働きやすい環境による社員生産性の向上。ワークロード合理化のためのモバイル・ソリューション活用。確固たる設備投資計画プロセスがもたらすリスク軽減。

IWMSが魅力的なワークプレース・エクスペリエンスの作成にどのように役立つか

デジタルに精通する従業員が増えると、それらの人々の考えに合わせてワークプレース・エクスペリエンスの定義も変わっていきます。こうした従業員たちの新しい期待と価値観に応えられるよう、IBM TRIRIGAは次の3主要要素の解決を支援します: スペース管理、ワークプレース・サービス、職場における従業員エクスペリエンス。