Think 2019

未来の工場をつなげる

インダストリー4.0の世界では、人・プロセス・機械それぞれがリアルタイムで最適化を実施していきます。 IBMは、工場を超えてバリュー・チェーンを変革する製造業のコグニティブ・ソリューションを用いて、この新時代を導きます。

80 %

保守時間の80 %は、壊れた部品と設備への対応に費やされています。

44 %

予定外のダウン時間の44 %は、老朽化した設備によるものです。

ソリューション領域

サプライ・チェーンの最適化

リスクを可視化し、お客様志向のサプライチェーンを構築します。

オペレーションの強化

製造のプロセス、材料、コンポーネントを分析して製品の品質を向上させます。

スループットの最大化

主要なEAMソリューションと、人、センサー、デバイスからのIoTデータの力とを組み合わせ、リアルタイムでの可視性を実現します。

事例

予測型への強化

Flotek社はIBM Watsonによって複雑なプロセスを管理。より高いROIをお客様に提供します。

稼働時間の最大化と安全性の向上

Cheniere Energy社はIBM Maximoを使用することで、資産の存続期間を引き延ばし、予期しないダウン時間を回避しています。

HONDAの品質改革を実現したモノづくり変革手法

京都フォーラム2018での本田技研工業様の講演を補足したIBMの講演資料です。

 IBMのテクノロジー

クラウド

スケーラブルなIBM Cloudソリューションにより、時間を節約してコストを制御するためのリアルタイムの洞察が提供されます。

AI

IBM Watsonの能力を活用して、需要を予測し、品質の問題を特定し、予測保守ソリューションによって設備の稼働率を向上します。

セキュリティー

防御の強化、攻撃の防止、機密データの保護、IoTのリスクの軽減のため、セキュリティー・ソリューションで保護します。

IoT

潜在的な機械の問題の特定、ダウン時間の防止、品質と収益の向上のため、IoTソリューションを使用して工場のデータを継続的にモニターおよび分析します。

トレンドおよびニュース

インダストリー4.0で目指す新しい工場システム

先進テクノロジーを活用してQCDを向上する「インダストリー4.0」の考え方を取り入れたスマートファクトリーを構築するための方法をまとめた資料です。

スマートファクトリーによる生産現場改革事例

スマートファクトリー実践への5つのアプローチを、事例を通じて分かり易く解説します。

IBMが考える デジタル時代の次世代アーキテクチャー:スマートファクトリー

データと人による自動化で生産性を画期的に高めるものづくり。スマートファクトリーを構築するためのアーキテクチャーのポイントをご紹介します。

 

さらに詳しい情報

IBMの製造業向けのサービスとソリューションの詳細をお問い合わせください。