Text to Speechとは

Watson Text to Speechを利用すると、テキストから人間のような音声を合成できます。複数の言語やトーンでユーザーとやり取りでき、顧客体験とエンゲージメントの向上をサポートします。ユーザーがそのレベルに関係なくコンテンツにアクセス アクセスできたり、不注意運転をしないように音声オプションを提供したり、あるいは効率性向上のためにカスタマー・サービスを自動化したりできます。

Text to Speech デモを試す

1)まずは デモサイト (英語,IBM外のWebサイトへ) を使用してみましょう。初めに、PCのミュートを解除し、ボリュームを調節して音声が聞こえるようにしてください。

text-to-speech-1

 

2)Input Text欄で Japanese Text を選択してください。

text-to-speech-2

 

3)Text の欄に日本語のサンプル文が表示されたのを確認した後、下にある Speak ボタンでText To Speech の生成した音声を再生してください。

text-to-speech-3

デモを見る

 

さて、いかがでしたか?どのように活用するかは皆さん次第です。

→ 音声合成 Text To Speech を試してみる (英語,IBM外のWebサイトへ)

→ 開発資料

Watson Text to Speechの機能

システムを「話せる」ようにする

対話式の教育用製品の開発、コールセンターの対話の自動化、ハンズフリーでの指示の伝達、子供用の対話型玩具の構築などに利用できます。

発音のカスタマイズ

それぞれの単語の発音をコントロールし、お客様の顧客に対応する円滑な音声対話を実現します。

複数の言語と音声で対応

英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、スペイン語、ブラジル・ポルトガル語に変換できます。米国英語と英国英語、カスティリャ語、南米/北米のスペイン語など、各種の方言を識別します。

Watson Text to Speechを今すぐ始める

Text to Speechをコミュニケーションにどのように活用できるかご覧ください。ぜひ、無料でお試しください。