音声チャネルと会話チャネルのための仮想アシスタントをお探しですか?

AIが、どのチャネルでも1回目の問い合わせで顧客の問題を解決します。

概要

Watson Text to Speechとは

IBM Watson Text to Speechは、既存のアプリケーションやWatson Assistant内で、書かれたテキストをさまざまな言語の自然な響きの音声に変換することができる、APIクラウド・サービスです。 お客様のブランドに「声」をもたらし、ユーザーの母国語での対話を可能にすることで、顧客体験とエンゲージメントを向上させます。 あらゆるユーザーのアクセシビリティーを高めることができます。不注意運転を防ぐために音声オプションを提供する目的で利用することも可能です。このサービスを活用してカスタマー・サービスでの対話を自動化すると、待ち時間を排除できます。

メリット

お客様事例

さらなる活用を目指したWatson Assistantとの組み合わせ

カスタマー・サービス

既存の仮想エージェント内またはIBM Watson Assistantに、親しみを感じさせる音声を組み込むことができます。

アクセシビリティーの改善

ユーザーが自分の母国語または方言の音声を使用して対話できるようにして、安全性とアクセシビリティーを改善します。

教育ツール

場所にかかわらず、自然な音声により学習体験を変革し、生徒の関心を高めて、より優れた指導を可能にします。

スポットライト

Watson Text to Speechの差別化要因

関連製品

Watson Speech to Text

強力な機械学習テクノロジーにより、音声をテキストに変換します。

Watson Assistant

すべてのアプリケーション、デバイス、チャネルで、AI仮想アシスタントを使用して、1回目の問い合わせで顧客の問題を解決します。

Watson Discovery

AIを搭載した検索を使用して、文書とWebサイトから具体的な回答とトレンドを見つけます。

IBM Watson Text to Speechの利用を今すぐ始める

データとAIの活用にお困りですか?