プラットフォーム全体にわたるデータ保護の市場のリーダー

IBMには、業界をリードするセキュリティー・プロバイダーとしての長年にわたる歴史があります。現在、IBM Cloud™は企業向けの最もオープンで安全なパブリック・クラウドとして、その伝統の上に構築しています。市場をリードするデータ保護機能を活用して、データを保存中、移動中、使用中に保護します。分離、アクセス管理、統合セキュリティー体制の組み込み機能により、エンタープライズ・アプリケーションとワークロードの継続的なセキュリティーを実現します。IBMは比類ない専門知識を提供して、お客様のビジネスがセキュリティー、品質、コンプライアンスの目標を達成できるようにします。

機能

コンプライアンス

IBM Cloudは、グローバル、地域、政府、業界の規制に対するコンプライアンスを実現します。また、最高レベルの政府認証であるFIPS 140-2 レベル 4の最初のプロバイダーでもあります。

データ・セキュリティー

IBM Cloudのデータ保護を使用すれば、ユーザーは自分の個人情報の管理とアクセスができる唯一の当事者となります。IBMは、ユーザーが常に十分にコントロールできるようにします。

プライバシー

お客様の専有のコンテンツとデータを保護します。IBMの内部特権ユーザーのモニタリング・プログラムと監査プログラムにより、データへのアクセス権を持つトラステッド・ユーザーのみが許可されます。

クラウドの保護

アクセスの管理

IBM Cloudは、コンプライアンス管理を強化し、今日のクラウド環境におけるリスクを軽減する、IDとアクセス管理機能を提供します。

データの保護

IBM Cloudは、ライフサイクル全体でデータを保護するように設計されています。保存中、移動中、使用中のデータを暗号化する最先端の信頼できる機能を提供します。

可視性を獲得

IBM Cloudには、必要な可視性を提供するための機能が組み込まれています。ハイブリッド・クラウド・デプロイメント間のセキュリティー・インテリジェンスを実現して予防的に監視します。

参考情報

IBMセキュリティー

警察の隊列

IBM Securityは、エンタープライズ・セキュリティーの製品とサービスの最も高度なポートフォリオの1つを提供しています。

セキュリティー・アーキテクチャー

建物の青写真

セキュアなクラウドの開発、展開、運用に必要なセキュリティー・コンポーネントの理解を深めます。

クラウド・セキュリティーの説明

コンピューターの前にいる男性

このガイドでは、クラウド・セキュリティーの概念とコンポーネント、企業がそれらを適用できる方法について説明します。