モバイル・セキュリティー・ソリューションでどこでも働ける世界でも保護レベルを維持
MaaS360でデバイスを問わずにモバイル・セキュリティーへの脅威を阻止
デモを予約 無料評価版を試す
円の中にセキュリティー・シールドが付いたスマートフォンのイラスト
モバイル社会に対応したモバイル・セキュリティー

今日では、あらゆる場所が職場になります。CIO、CISOとそのチームは、モバイルワーカーの保護、およびデバイス間でアプリケーション、コンテンツ、リソースの柔軟な配信を可能にし、良好なサイバーセキュリティー体制を確保するエンタープライズ・モバイル・セキュリティー・ソリューションを必要としています。個人所有デバイスの業務使用(BYOD)、個人所有デバイスの選択(CYOD)、または企業責任の環境をサポートするかどうかに関係なく、これらのリーダーには、モバイル・セキュリティーの脅威、およびランサムウェアやフィッシングなどの高度な脅威から保護し、脆弱性を効率的に修復するのための戦略的なオプションが必要です。このようなオプションには、リスクに対するインサイトと行動分析、セキュリティー・ポリシー、ミッションクリティカルなリソースのコンテナ化が含まれます。

現代社会において、企業はエンドポイントとセキュリティーを一元的に管理しながら、IT専門家の効率を高め、ユーザーに円滑な体験を提供し、サイバー脅威を軽減して、総所有コスト(TCO)を低く抑える必要があります。

メリット AIを活用したリスク評価をほぼリアルタイムで実行

IBM® Security MaaS360 AdvisorはAIを用いて、IT管理者が登録されたデバイスとユーザーに影響を及ぼす可能性のあるリスクに対するインサイトを取得し、優れたセキュリティー体制を維持できるようにします。ユーザー・リスク管理機能は、登録者ごとのリスクの評価を継続に更新して、こうした洞察をさらに深めることができます。

ユーザー・リスク管理の詳細はこちら
コンテナ・ポリシーで重要なアプリケーションとデータを保護

封じ込めは、ユーザーの生産性と企業のデータ保護の間のバランスを実現する上で役立ちます。情報漏えい対策(DLP)に必要な場合でも、エンタープライズ・アプリケーション認証の設定に必要な場合でも、MaaS360にはその業務に適したコンテナ・アプリケーションがあり、機密データの漏洩やフィッシング攻撃、その他のサイバー攻撃を防ぎます。

MaaS360コンテナ・アプリケーションの詳細はこちら
モバイル脅威防御による直接行動

MaaS360とZimperiumの連携の一部であるIBM Security MaaS360向けZimperium Mobile Threat Management(MTM)は、企業に最適かつ包括的なモバイル・セキュリティーを提供します。Zimperium MTDは、モバイル・ファーストのアプローチにより、デバイス侵害、ネットワーク攻撃、フィッシング、コンテンツおよび悪意のあるアプリケーションという4つの脅威カテゴリーすべてで攻撃を検知します。

MaaS360とZimperiumの連携について読む
対応デバイス
AIを活用した統合エンドポイント管理(UEM)で、複数のプラットフォームを管理する方法を紹介します。 MaaS360のプランの診断はこちら 資料はこちら
プラットフォーム
モバイル・セキュリティーのためのプラットフォーム サイバー犯罪が巧妙化している今日、従業員は際限なくアプリケーションを使い、データは通貨のようになりました。企業は、モバイル・セキュリティー・ソリューションを使用した投資および戦略の調整を迫られています。しかし、これらのセキュリティー・ソリューションは、スマートフォンやタブレットに限られるわけではありません。ノートPC、デスクトップ、IoT(モノのインターネット)、非標準デバイスも、モバイル機器と同様に管理することができます。AI駆動型の脅威インテリジェンスと修復機能を備えた統合エンドポイント管理(UEM)プラットフォームは、エンドポイント・セキュリティーに関するあらゆる対話を促進し、IT管理者の脆弱性管理活動にも役立ちます。 IBM Security MaaS360の詳細はこちら
モバイル・セキュリティー・ソリューション モバイル・デバイス管理(MDM)

あらゆるUEM導入の基本となるのがMDMです。IBM MaaS360のMDM機能は、APIベースのポリシー、自動化、iOS、Android、iPadOS、ChromeOSなどのモバイル・オペレーティング・システムのサポート、コンプライアンス・ルール、およびアプリの配布を提供します。これは、モバイル・デバイス管理プラットフォームの基盤です。

個人所有デバイスの業務使用(BYOD)

BYOD(個人所有デバイスの業務使用)は、従業員が個人のデバイス(スマートフォン、タブレット、ノートPC、ウェアラブル)を使用して、どこからでも企業データにアクセスできるようにする企業ポリシーです。 IBM MaaS360はネイティブ・コンテナから開発者向け機能まで、生産性の高いIT管理に向けたあらゆる種類のBYOD(個人所有デバイスの業務使用)、デプロイメント、リモート・コントロールに対応します。

統合エンドポイント管理(UEM)

IBM MaaS360 UEMは、ITマネージャーが、より優れたデジタル従業員体験を実現し、高度なセキュリティー機能をリアルタイムで提供する最新の管理アプローチを取るのを支援します。MaaS360は、基本的にあらゆる種類のデバイスと多様な業界のユースケースを管理し、サイバー脅威を防ぐ組み込みのエンドポイント・セキュリティーで企業データを保護します。

安全なモバイル・アプリケーションの開発

IBM Cloudを使用して、よりスマートなモバイル・サービスとアプリケーションを構築できます。設計、プロトタイプの作成、市場への投入を短期間で行います。認証、分析、人工知能を通じて価値実現までの時間を短縮し、サーバーレス・モバイル・アプリケーションの自動スケーリングを実現できます。

Mobility Success Services

デバイスの調達から導入、ライフサイクル管理、Windows 10への移行サービスまで、Mobility Success Servicesは、企業のセキュリティーと生産性の向上を支援します。

Mobility Success Servicesの詳細はこちら
お客様事例
Credico USA社がタブレット・ポリシーへの100%準拠を達成 世界中に広がる個々のさまざまな販売拠点の数千台のタブレットを、組織はどのように管理しているのでしょうか。MaaS360の導入により、Credico社はコンプライアンス施行とレポート機能、セルフサービス・ポータル機能を向上し、ポリシーの完全順守、セキュリティー・リスクの迅速な特定と修復、コストの大幅な削減を達成しました。 お客様事例はこちら
次のステップ

IBM Security MaaS360の無料評価版の使用を開始するか、IBMのエキスパートとの相談を予約して、特定のビジネス・ニーズを促進する方法についてご相談ください。

無料評価版を試す デモを予約
その他の参考情報 資料 サポート パートナー 参考情報 コミュニティー