個人所有デバイスの業務使用(BYOD)ソリューションで従業員をエンパワーメントする
MaaS360でリモート・ワーカーにBYODセキュリティーを提供する
デモを予約 無料評価版を試す
VRヘッドセット、スマートフォン、ノートPC、タブレットにログイン・プロファイルを表示したイラスト
BYODプラットフォームの概要

個人所有デバイスの業務使用(BYOD)は、従業員が個人のスマートフォン、タブレット、ノートPC、ウェアラブルを使用して、どこからでもエンタープライズ・データにアクセスできるようにするものです。サイバーセキュリティーを維持するために、組織は会社の機密データに対する制約事項とユーザーのプロダクティビティーのバランスを取る必要があります。BYODデバイス向けソリューションでは、IT管理者、企業ペルソナ、またはコンテナが、誰がどのデータ(機密データを含む)にアクセスできるかを制御することができます。これまで以上にリモートワーカーが増える中、潜在的な脆弱性を軽減するために、適切なテクノロジーと考え抜かれたBYODポリシーとBYOD管理を行うことが不可欠になっています。

BYODポリシーの適切なセキュリティー体制を維持するには、組織は、標準デバイスと同じレベルで非標準デバイスをサポートしながら、最新の管理と従来の管理を組み合わせて従業員所有のデバイスを管理する必要があります。また、IT部門は漏洩する資格情報のリスクを克服し、企業のネットワークやアプリケーション、データへの接続を試みる感染したデバイスはデータ侵害の原因となる可能性があるため、これらを検出できるようにする必要があります。

MaaS360の期間限定特典:10%割引とセットアップのサポートを追加料金なしで提供します。

KuppingerColeリーダーシップ・コンパス・レポート - 統合エンドポイント管理(UEM)2023レポートを読む

UEMへの移行がエンドポイントのセキュリティーをどのように強化するかを読む

デモを予約
メリット 向上したモバイルの生産性

MaaS360には適切なBYODセキュリティー・ポリシーが適用されており、IT管理者は、多要素認証(MFA)などの機能により、大企業や中小企業の企業ネットワークまたは公共のWi-Fiを使用するデバイスのセキュリティーを確保できます。業務内容、成果物、メッセージング・アプリは暗号化されたコンテナに保管され、データの漏洩やサイバー脅威から保護されます。

コスト削減

BYODプログラムを利用すると、企業はスマートフォンやタブレットを大量に購入する必要がなくなります。コンテナ化により、個人データは企業データから分離され、従業員は退職後も個人情報をそのままの状態で保持できるため、高いデータ・セキュリティー体制が確保されます。

従業員の信頼の向上

BYODポリシーを確実に遵守するには、従業員はデバイスの私的使用とプライバシーが保護されていること、および組織がセキュリティー・プログラムを強制するツールを備えていることを確認する必要があります。MaaS360 は、効果的なリモートワークを可能にし、セキュリティー上の懸念を軽減する上で役立つコンテナ化を提供します。

対応デバイス
AIを活用した統合エンドポイント管理(UEM)で、複数のプラットフォームを管理する方法を紹介します。 MaaS360のプランの診断はこちら 資料はこちら
関連ソリューション モバイル・デバイス管理(MDM)

あらゆるUEM導入の基本となるのがモバイル・デバイス管理(MDM)です。IBM MaaS360のMDM機能は、APIベースのポリシー、自動化、iOS、Android、iPadOS、ChromeOSなどのモバイル・オペレーティング・システムのサポート、コンプライアンス・ルール、およびアプリの配布を提供します。これは、モバイル・デバイス管理プラットフォームの基盤です。

統合エンドポイント管理(UEM)

IBM MaaS360 UEMは、ITマネージャーが、より優れたデジタル従業員体験を実現し、高度なセキュリティー機能をリアルタイムで提供する最新の管理アプローチを取るのを支援します。MaaS360は、多種デバイスと多岐にわたる業界のユースケースを管理し、サイバー脅威を防ぐ組み込みのエンドポイント・セキュリティーで企業データを保護します。

モバイル・セキュリティー

IBM MaaS360は、標準的なUEMツールに加えて、AIを活用した実用的なリスクに関する洞察、ネイティブなマルウェア検出、ネットワーク、ユーザー、デバイス、アプリ、データレベルのサイバー攻撃に事前に対応するモバイル脅威防御を備え、セキュリティーとエンドポイント管理を1つのコンソールで実現します。CIO(最高情報責任者)やCISO(最高情報セキュリティー責任者)は、企業戦略に適合したモバイル・セキュリティーを手に入れることができます。

Mobility Success Services

UEMのライフサイクルを通じて、MaaS360への投資を最大限に活用できるよう、モビリティー・サービスをカスタマイズして提供します。IBM Mobility Success ServicesのSecurity Expert Labsのエンゲージメントは、中堅規模ビジネスのお客様向けにカスタマイズされたものから大規模なエンタープライズ・プロジェクトまで幅広く対応しています。

Mobility Success Servicesの詳細はこちら
お客様事例
Credico社がタブレット・ポリシーへの100%準拠を達成 世界中に広がる個々のさまざまな販売拠点の数千台のタブレットを、組織はどのように管理しているのでしょうか。簡単ではありません。しかし、それはまさにCredicoがやっていることです。MaaS360の導入により、Credico社はコンプライアンス施行とレポート機能、セルフサービス・ポータル機能を向上させ、ポリシーの完全順守、セキュリティー・リスクの迅速な特定と修正、コストの大幅な削減を達成しました。 お客様事例はこちら

次のステップ

IBM Security MaaS360の無料評価版の使用を開始するか、IBMのエキスパートとの相談を予約して、特定のビジネス・ニーズを促進する方法についてご相談ください。

無料評価版を試す デモを予約
その他の参考情報 資料 サポート パートナー 参考情報 コミュニティー