クラウド・コンピューティングとは何か

インターネット経由でサービスとして提供されるコンピューティング環境

しばしば略して「クラウド」とも呼ばれるクラウド・コンピューティングとは、インターネット経由でアプリケーションやデータ・センターなどのコンピューティング・リソースを、従量課金制で提供するオンデマンド・サービスです。

  • 柔軟なリソース―拡張、縮小が、需要に応じて素早く簡単にできます。
  • 料金は使用した分のみにかかり、無駄がありません。
  • セルフサービス―必要なすべてのITリソースにセルフ・サービスでアクセスすることができます。

Software as a service(SaaS)

クラウド・ベースのアプリケーション、つまりSoftware as a Service(SaaS)は、遠く離れた「クラウドの中の」コンピューターで稼動しています。そのコンピューターはサービス・プロバイダーによって所有、運用され、ユーザーはインターネット経由で、通常はWebブラウザーを使って、そのコンピューターに接続します。

SaaSの利点

  • 登録すれば、革新的なビジネス・アプリをすぐに使い始めることができます。
  • 接続しているどのコンピューターからでもアプリとデータにアクセスできます。
  • データはクラウドにあるので、コンピューターが中断してもデータが失われることはありません。
  • 使用ニーズに合わせてサービスを動的に拡大したり縮小したりできます。

Platform as a service(PaaS)

Platform as a Service(PaaS)は、クラウド・ベースのアプリケーションのライフサイクル全体、つまりアプリケーションの開発からサービス提供までをサポートするのに必要なものすべてを提供する、クラウド・ベースの環境です。これにより、環境構築に必要であった、ハードウェアおよびソフトウェアの購入手続やプロビジョニング、そしてホスティングの管理コストと複雑な運用が解消されます。

PaaSの利点

  • アプリケーションの開発と市場への投入にかかる時間を短縮します。
  • 新しいWebアプリケーションを数分でクラウドに導入します。
  • Middleware as a Serviceにより複雑さを軽減します。

Infrastructure as a Service (IaaS)

Infrastructure as a Service(IaaS)は企業に、サーバー、ネットワーク、ストレージ、そしてデータ・センター・スペースなどのコンピューティング・リソースを従量課金制で提供します。

IaaSの利点

  • ハードウェアに投資する必要がありません。
  • 動的なワークロードをサポートするためにインフラストラクチャーをオンデマンドで拡大できます。
  • 柔軟かつ革新的なサービスをオンデマンドで使用できます。

パブリック・クラウド

パブリック・クラウドとは、クラウドを所有・運営する企業が、手頃な価格でコンピューティング・リソースへの迅速なアクセスをパブリック・ネットワーク上で提供するサービスです。パブリック・クラウド・サービスを使用する場合、ユーザーはハードウェア、ソフトウェア、またはサポート・インフラストラクチャーを購入する必要はありません。これらはプロバイダーが所有し、管理します。

パブリック・クラウドの重要な側面

  • 顧客リソース管理(CRM)からトランザクション管理とデータ分析に至るアプリケーション向けの革新的なSaaSビジネス・アプリ
  • すぐに利用できる、ストレージ・サービスおよび計算サービス向けの柔軟で拡張可能なIaaS
  • クラウド・ベースのアプリケーション開発と導入環境向けの強力なPaaS

プライベート・クラウド

プライベート・クラウドとは、社内で管理するか、サード・パーティーが管理するか、また、内部でホストされるか、外部でホストされるかを問わず、1つの企業のためだけに運用されるインフラストラクチャーです。プライベート・クラウドは、所有する企業がリソースをきめ細かく管理したり、他企業との共有環境となるのを避けると同時に、クラウドの優れた能力を利用できます。

プライベート・クラウドの重要な側面

  • サービスを制御するセルフサービス・インターフェース。これにより、ITスタッフはオンデマンドITリソースを迅速にプロビジョン、割り振り、送達できます。
  • 高度に自動化されたリソース・プールの管理。計算機能からストレージ、分析、ミドルウェアに至る、あらゆるものが対象です。
  • 企業の固有の要件に合わせて設計された、洗練されたセキュリティーとガバナンス

ハイブリッド・クラウド

ハイブリッド・クラウドでは、プライベート・クラウドの基盤を、パブリック・クラウド・サービスとの戦略的な統合と利用を組み合わせて使用します。実際のところ、プライベート・クラウドだけを、社内のITリソースやパブリック・クラウドから独立して使用することはできません。プライベート・クラウドを所有するほとんどの企業は、やがてワークロードを複数のデータ・センターやプライベート、パブリックのクラウドにまたがって同時に管理するよう進化しています。それがハイブリッド・クラウドです。

ハイブリッド・クラウドの重要な側面

  • 企業は、重要なアプリケーションと機密データを、従来のデータ・センター環境またはプライベート・クラウドに保存可能
  • 最新のアプリケーション用にはSaaS、柔軟な仮想リソース用にはIaaSのように、パブリック・クラウド・リソースを活用可能
  • データ、アプリ、サービスのポータビリティーの促進と展開モデルの選択肢の増加

Be the first to hear about news, product updates, and innovation from IBM Cloud.