ITインフラストラクチャーとは?

ITインフラストラクチャー(情報テクノロジー・インフラストラクチャー)とは、企業のITサービスおよびIT環境の運用や管理に必要なコンポーネントを組み合わせたものです。

Lower Manhattan Skyline at blue hour, NYC, USA
ITインフラストラクチャーが重要である理由

テクノロジーは、現代の企業において、個々の従業員の作業から事業運営、商品やサービスに至るまでの、大半の領域を支えています。 適切にネットワーク化されると、テクノロジーは最適化されて、コミュニケーションを改善し、効率を高め、生産性を向上できるようになります。

ITインフラストラクチャーが柔軟性、信頼性、安全性に優れていれば、企業は目標を達成し、市場で競争力を発揮できます。 しかし、ITインフラストラクチャーが適切に実装されていない場合、接続性、生産性、セキュリティーの問題(システムの停止やセキュリティー侵害など)が発生する可能性があります。 つまり、インフラストラクチャーの適切な実装は、ビジネスの成否を決める要因となり得るのです。

企業にとって、ITインフラストラクチャーには次のような利点があります。

  • Webサイトやオンライン・ストアへのスムーズなアクセスを可能にすることで、良好な顧客体験を提供できる。
  • ソリューションの迅速な開発および市場への展開ができる。
  • データをリアルタイムで収集し、迅速な意思決定ができる。
  • 従業員の生産性が向上する。

ITインフラストラクチャーのコンポーネントの機能

ITインフラストラクチャーは、相互依存の関係にある複数の要素で構成されています。それらの要素の中核を成す2つのグループが、ハードウェアとソフトウェアです。 ハードウェアは、動作するためにオペレーティング・システムなどのソフトウェアを使用します。 同様に、オペレーティング・システムは、システム・リソースとハードウェアを管理します。 さらに、オペレーティング・システムは、ネットワークのコンポーネントを使用して、ソフトウェア・アプリケーションと物理的なリソースを接続します。

ハードウェア

ハードウェア・コンポーネントには以下が含まれます。

  • デスクトップ・コンピューター
  • サーバー
  • データセンター
  • ハブ
  • ルーター
  • スイッチ
  • 施設

ソフトウェア

ソフトウェア・コンポーネントには以下が含まれます。

  • コンテンツ管理システム
  • カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)
  • エンタープライズ・リソース・プラニング(ERP)
  • オペレーティング・システム
  • Webサーバー

施設
設備や施設は、ハードウェア、サーバー、データセンターなどをネットワーク接続するための場所です。 施設には、ITインフラストラクチャーのコンポーネントを相互に接続するために使用する、オフィス・ビル内のネットワーク・ケーブルなども含まれます。

ネットワーク
ネットワークはスイッチ、ルーター、ハブ、サーバーで構成されます。 スイッチは、ルーター、サーバー、その他のスイッチなど、ローカル・エリア・ネットワーク(LAN)上のネットワーク・デバイスを接続します。 ルーターは、異なるLANに配置されたデバイス同士が通信し、ネットワーク間でパケットを転送できるようにします。 ハブは、複数のネットワーキング装置を接続して、単一のコンポーネントとして機能するようにします。

サーバー
エンタープライズITインフラストラクチャーに必要とされる、中核的なハードウェア・コンポーネントはサーバーです。 サーバー とは本質的には、複数ユーザーによるリソースへのアクセスや共有を可能にするコンピューターです。

サーバー・ルーム/データセンター
組織が複数のサーバーを収容している部屋を、サーバー・ルームまたはデータセンターと呼びます。 多くの場合、データセンターはネットワークの中枢でもあります。


インフラストラクチャーのタイプ

ITインフラストラクチャーの2つの主要なタイプは、従来型インフラストラクチャーとクラウド・インフラストラクチャーです。

従来型インフラストラクチャー

従来型インフラストラクチャーは、施設、データセンター、サーバー、ネットワーキング・ハードウェア、デスクトップ・コンピューター、企業向けアプリケーション・ソフトウェア・ソリューションなど、通常のハードウェアとソフトウェアの要素で構成されています。 通常、このインフラストラクチャーのセットアップには、他のインフラストラクチャー・タイプよりも多くの電力、物理的スペース、および資金が必要です。 従来型インフラストラクチャーは、一般的には非公開で使用される企業の専用物であり、企業が所有している施設の構内(オンプレミス)に設置されます。

クラウド・インフラストラクチャー

クラウド・コンピューティング用のITインフラストラクチャーは、従来型インフラストラクチャーに似ています。 ただし、エンド・ユーザーはインターネット経由でこのインフラストラクチャーにアクセスします。また、仮想化により、コンピューティング・リソースを、オンプレミスでインストールすることなく利用できます。 仮想化は、サービス・プロバイダーが管理している物理サーバーを接続します。サーバーの配置場所や、それらが各所に分散されているかどうかは問いません。 そして、ストレー クラウド・インフラストラクチャーは、一般に公開されていることが多いため、通常はパブリッククラウドと呼ばれています。


最適なITインフラストラクチャー

ITインフラストラクチャーはビジネス・ニーズや目標に沿って構築されますが、あらゆる企業に共通の目標がいくつかあります。 最適なインフラストラクチャーは、高性能ストレージ、低遅延ネットワーク、セキュリティー、最適化されたワイド・エリア・ネットワーク(WAN)、仮想化、ゼロ・ダウンタイムを企業に提供します。

  • 高性能ストレージ・システムは、データの保管とバックアップを行い、災害時のデータ復旧システムも組み込んでいます。
  • 低遅延ネットワークは、企業向けに優れた性能を提供するインフラストラクチャー機器を使用して、データ・フローの遅延を低減します。
  • セキュアなインフラストラクチャーには、情報へのアクセスやデータの可用性を管理するシステムが組み込まれています。 また、データの保管場所にかかわらず、ビジネスをセキュリティー侵害やサイバー攻撃から保護し、顧客の信頼を維持します。
  • WANは、トラフィックを優先順位付けし、必要に応じて特定のアプリケーションの帯域幅を増減することで、ネットワークを管理します。
  • 仮想化は、サーバー・プロビジョニングの迅速化、アップタイムの増加、災害復旧の改善、エネルギーの節約を可能にします。
  • ゼロ・ダウンタイムは、事業運営の中断を低減し、システムのダウンタイムをなくして、コスト削減と利益拡大を実現することを目的としています。

ITの参考情報


インフラストラクチャー・ソリューション

ITインフラストラクチャー

業界屈指のパフォーマンス、卓越したアップタイム、インスタント・リカバリー、さらには世界最高レベルの信頼性とレジリエンシーを備えたコンピューティング、ストレージ、およびソフトウェアのソリューションによって、顧客ロイヤルティーと信頼を維持します。 IBM ITインフラストラクチャー・ポートフォリオにより、最大限の効率性で年中無休の事業運営が可能になります。 卓越したアップタイムと優れたサーバー、ストレージ、およびソフトウェアをご活用いただけます。


エンタープライズ・サーバー

IBMのサーバーが持つ最先端のセキュリティー機能と信頼性によって、イノベーションや迅速化に必要な柔軟性とパフォーマンスを実現します。


データ・ストレージ

IBMのデータ・ストレージでは、より多くのデータを保管して、洞察を素早く引き出し、コンテナにアプリケーションをデプロイできます。これにより、データのモビリティーが向上し、サイバー・レジリエンシーとデータ保護が強化されます。


ソフトウェアとオペレーティング・システム

IBMソフトウェアは、ITインフラストラクチャーのモダナイズ、ワークロードの高速化、運用の簡素化、新規アプリケーションの開発とデプロイを支援します。 また、柔軟でオープンかつ互換性の高いハイブリッド・マルチクラウド・ソリューションにより、現在のIT投資を最大に活用できます。 オンプレミス、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、パブリッククラウドなど、資本の投下先がどこであっても、IBMのITインフラストラクチャーはお客様の設備と連携し、それを有効活用します。


メインフレーム

IBMメインフレームでは、すべてハイブリッドクラウド環境で提供される革新的なデータ・プライバシー、セキュリティー、サイバー・レジリエンシーの機能によって、アプリケーションとデータ・ポートフォリオを変革します。


インフラストラクチャー・セキュリティー

非常に高度なデータ・セキュリティーとプライバシーがすべてのレイヤーに組み込まれており、データの保存中も送信中もコンプライアンスを確保します。 データがどこにあっても、顧客の信頼を維持しながら、セキュリティー侵害やサイバー攻撃からビジネスを保護します。 また、最新の商用データ・プライバシーおよび、プラットフォーム外からのアクセス権限を無効化し