量子コンピューティングとは
IBMの量子ソリューションの詳細はこちら IBMニュースレターの購読
量子コンピューティングを描いた図
量子コンピューティングとは

量子コンピューティングは、コンピューターのハードウェアや量子力学を利用したアルゴリズムなど、特殊なテクノロジーを用いて、従来型コンピュータやスーパーコンピュータでは解決できない、あるいは十分に速く解決できない複雑な問題を解決します。

現在、IBM Quantumによって、科学者が30年前に想像し始めたばかりのツールである実際の量子ハードウェアを何十万人もの開発者が利用できます。 IBMのエンジニアは、ソフトウェア、および量子/旧式オーケストレーションの重要な進歩とともに、これまで以上に強力な超電導量子プロセッサーを定期的に提供しています。 この取り組みは、世界を変えるために必要な量子コンピューティングの速度と容量の実現に向けて推進されています。

これらのマシンは、半世紀以上も前から存在する旧式コンピューターとはまったく異なります。 ここでは、この革新的なテクノロジーの基本について説明します。

IBM Quantumシステムの詳細はこちら
量子セキュリティー対策への工程を始めましょう

量子コンピューターによってもたらされる脅威について学び、量子に対応する暗号化に備えるための行動を開始しましょう。

関連コンテンツ

最も人気のあるサーバー・プラットフォームに関するレポートに登録する

量子コンピューターが必要な理由

科学者やエンジニアは、困難な問題に遭遇すると、スーパーコンピューターに頼ります。 スーパーコンピューターは非常に大型の旧式コンピューターであり、多くの場合、非常に大規模な計算と高度な人工知能を実行できる数千の旧式のCPUとGPUコアを搭載しています。ただし、スーパーコンピューターでさえ、20世紀のトランジスター・テクノロジーに依存したバイナリー・コード・ベースのマシンです。 特定の種類の問題を解決するのに苦労しています。

スーパーコンピューターが行き詰まったとしたら、それはおそらく、大きな旧式マシンが高度に複雑な問題を解くように求められたからでしょう。 旧式コンピューターが失敗するのは、多くの場合、複雑さが原因です。

複雑な問題とは、多くの変数が複雑に相互作用する問題です。 分子内の個々の原子の振る舞いをモデル化することは、さまざまな電子全部が相互作用するため、複雑な問題です。 金融取引における不正行為の微妙なパターンやスーパーコライダーにおける新しい物理現象を特定することも複雑な問題です。 旧式コンピューターではどのような規模であっても、解決方法がわからない複雑な問題がいくつかあります。

現実世界は量子物理学で動いています。 量子ビットの量子状態を使用して計算を行うコンピューターは、多くの状況において量子状態を理解するための最良のツールとなるはずです。

量子コンピューターが利用されている場所 メルセデスベンツ、電気自動車の未来を模索 エクソンモービル、複雑なエネルギー課題の解決に取り組む CERN、宇宙の謎を解明するために活動
量子コンピューターが高速な理由

旧式コンピューターが失敗した場合に、量子コンピューターがどのように成功するかを示す例を見てみましょう。

旧式コンピューターは、分子の巨大なデータベースを分類するような難しいタスクに優れているかもしれません。 しかし、これらの分子がどのように振る舞うかをシミュレートするなど、より複雑な問題はなかなか解決できません。

今日、科学者が分子がどのように振る舞うかを知りたければ、それを合成し、現実世界で実験する必要があります。 わずかな調整がその振る舞いにどう影響するかを知りたい場合は、通常、新しいバージョンを合成し、実験を最初からやり直す必要があります。 これは高価で時間のかかるプロセスであり、医療や半導体設計などのさまざまな分野の進歩を妨げています。

旧式スーパーコンピューターは多くのプロセッサーを使用して、分子のあらゆる部分がどのように振る舞う可能性があるのかを探るために、分子の挙動を総当りでシミュレートしようとするかもしれません。しかし、最も単純な分子を分析した後、スーパーコンピューターは失速します。 既知の方法を使用して分子の挙動の考えられるすべての順列を処理できる作業メモリーを備えたコンピューターはありません。

量子アルゴリズムは、この種の複雑な問題に対して新しいアプローチを採用し、多次元の計算空間を作成します。 これは、化学シミュレーションのような複雑な問題を解決するためのはるかに効率的な方法であることが判明しています。

旧式コンピューターでこれらの計算空間を作成する良い方法はなく、量子計算なしではその有用性が制限されます。 工業化学者はすでに量子手法を研究に組み込む方法を模索しています。 これはほんの一例です。 エンジニアリング会社、金融機関、世界的な海運会社などは、量子コンピューターが各分野の重要な問題を解決できるユースケースを模索しています。 量子の研究開発による利益の爆発的な増加が目前に迫っています。 量子ハードウェアのスケールと量子アルゴリズムが進歩するにつれて、分子シミュレーションのような多くの大きく重要な問題は解決策を見つける必要があります。

量子コンピューターの動作の仕組み

IBM Quantumプロセッサーは、ノートPCに搭載されているものと大きさがそれほど変わらないウェハーです。 量子ハードウェア・システムは自動車ほどの大きさで、大部分は超電導プロセッサーを超低温の動作温度に保つための冷却システムで構成されています。

旧式プロセッサーは、旧式ビットを使用して操作を実行します。 量子コンピューターは量子ビット(CUEビット)を使用して多次元量子アルゴリズムを実行します。

超電導体

デスクトップ・コンピューターは、作業に十分な温度を保つためにファンを使用している可能性があります。 IBMの量子プロセッサーは、「デコヒーレンス」を回避したり、量子状態を保持したりするために、絶対零度より約100分の1度高い温度で非常に低温である必要があります。 これを達成するため、過冷却された超流体を使用しています。 これらの超低温では、特定の物質が重要な量子力学的効果を示し、電子は抵抗なくその中を移動します。 これにより、それらの物質は「超電導体」になります。

電子が超電導体を通過すると、電子は一致して「クーパー対」を形成します。 クーパー対は、量子トンネルとして知られるプロセスを通じて、障壁または絶縁体を越えて電荷を運ぶことができます。 絶縁体の両側に配置された2つの超電導体がジョセフソン接合を形成します。

コントロール

IBMの量子コンピューターは、超電導量子ビットとしてジョセフソン接合を使用します。 これらの量子ビットにマイクロ波光子を照射することで、量子ビットの動作を制御し、量子情報の個々の単位を保持、変更、読み出すことができます。

重ね 合わせ

量子ビット自体はあまり役に立ちませんが、 重要なトリックを実行できます。それは、保持する量子情報を重ね合わせ状態に置くことで、量子ビットのありとあらゆる構成の組み合わせを表すことです。量子ビットのグループを重ね合わせると、複雑な多次元の計算空間を作成できます。複雑な問題は、これらの空間で新しい方法で表現できます。

もつれ

量子もつれは、2つの別々のものの振る舞いを相関付ける効果です。 物理学者は、2 つの量子ビットがもつれている場合、一方の量子ビットへの変化がもう一方の量子ビットに直接影響を与えることを発見しました。

干渉

もつれた量子ビットが重ね合わせ状態に置かれた環境では、確率の波があります。 システムの測定結果の確率です。これらの波は、その多くが特定の結果でピークに達したときに互いに積み重なったり、ピークと終息期が相互作用するときに互いに打ち消し合ったりします。 どちらも干渉の一種です。

量子コンピューターでの計算は、考えられるすべての計算状態の重ね合わせを準備することで機能します。 ユーザーが準備した量子回路は、アルゴリズムに従って重ね合わせの要素に選択的に干渉を使用します。 起こりうる結果の多くは干渉によって打ち消されますが、他の結果は増幅されます。 増幅された結果が計算の解になります。

量子コンピューターを活用する

現在、IBM Quantumは量子コンピューティングのハードウェアとソフトウェアの分野で世界をリードしています。 IBMのロードマップは、量子プロセッサーを拡張し、スケーリングの問題を克服し、ノイズの多い量子マシンの時代に量子のメリットを得るために必要なハードウェアを構築するための明確で詳細な計画となっています。

現在、量子コンピューティングの分野における多くの研究は、非常に大規模な量子コンピューターでノイズのない量子計算を可能にするテクノロジー、誤り訂正の実現に費やされています。

IBMなどの最近の研究は、ノイズの多い量子コンピューターが誤差軽減というテクノロジーを使用して、誤差訂正が登場する前であっても、近い将来、有益な作業を行える可能性があることを示しています。

IBMは、その有益な作業を実行するために必要なソフトウェアの開発に何年も費やし。 Qiskit quantum SDKを導入しました。 これはオープンソース、Pythonベースの世界で最も広く使用されている量子SDKであり、IBMの超電導量子コンピューターと、磁場に閉じ込められたイオンなどの代替テクノロジーを使用するシステム双方での実行に役立ちます。

IBMは、世界で最も強力な量子プログラミング・モデル、Qiskit Runtimeを開発しました (QiskitとQiskit Runtimeの両方、および開始方法の詳細については、次のセクションをご覧ください)。

量子の利点を達成するには、誤差を抑え、速度を向上させ、量子リソースと旧式リソースを調整するための新しい方法が必要です。 その取り組みの基礎は現在、IBMと産業界、学界、新興企業のパートナーによってQiskit Runtimeで築かれています。

参加する

IBMの量子コンピューターは、オープンソースかつPythonベースの量子SDK、Qiskitを使用してプログラミングされています。 Qiskitには、金融、化学、最適化、機械学習のアプリケーションをカバーするモジュールがあります。

  • ドキュメントを参照してすぐに開始し、開発者ツール・スイートの詳細をご覧ください。
  • 研究および開発レベルのコードをビルドして、シミュレーターまたは実際のハードウェアで実行できます。
  • 40万人以上のユーザーが参加している、成長し続けるコミュニティーにご参加ください。

より大きなワークロードに対応する準備はできていますか?効率的にワークロードを構築しスケーリングするための量子プログラミング・モデル、Qiskit Runtimeを使って大規模に実行できます。 Qiskit Runtimeを使用すると、世界で最もパフォーマンスの高いQuantumシステムでのQuantumハイブリッド計算に簡単にアクセスして、カスタム量子/旧式アプリケーションをデプロイできるようになります。

Qiskit Runtimeは、量子回路と従来の処理を組み合わせる実行環境を提供し、特定の量子プログラムの実行をネイティブに高速化します。 つまり、世界をリードする量子システムにおいて、イテレーションの高速化、遅延の低減、計算時間の制限の緩和が実現しました。Qiskit Runtimeのクラウドベースの実行モデルでは、分子挙動のシミュレーションが120倍高速化されたことが実証されました。

関連ソリューション
ビジネス向けの量子コンピューティング

グローバル企業は現在、量子コンピューティングの時代に向けた準備を進めています。 お客様がこのテクノロジーを使用して競争上の優位性を獲得できるようIBMの業界専門家がどのように準備しているかをご覧ください。

詳細はこちら
開発者向けの量子コンピューティング

世界で最も人気があり強力な量子ハードウェア、IBM Quantumシステム上で、新しい方法で問題を解決するプログラムを構築できます。

オープンソースSDKの詳細はこちら
IBM Quantum Safe

量子コンピューティング時代に向けて世界のデジタル・インフラストラクチャーを保護

今すぐデータを保護しましょう
参考情報 IBM Quantumロードマップ

これらは、現在から2026年までの間に量子テクノロジーを進歩させるためのIBMの取り組みです。

IBM Quantumのお客様事例

企業や機関が量子コンピューティングのイノベーションのためにIBMと提携する理由をご覧ください。

量子中心のスーパーコンピューティング:コンピューティングの次の波

IBM Quantumの使命は、有益な量子コンピューティングを世界にもたらすことです。

量子コンピューティングの研究

量子コンピューティングは、研究分野全体に素晴らしい新しい可能性をもたらします。 世界の専門家からそれらの可能性について学びましょう。

OpenShiftの量子ワークフロー

OpenShiftとIBM Quantumシステムのバックエンドがどのように連携して、Kubernetesクラスター上で量子ワークフローを実現するかをご覧ください。

次のステップ

量子コンピューターにより、世界の既存の暗号化アルゴリズムのほとんどが時代遅れになります。 IBMは、量子時代に世界の安全を確保する多くの基礎テクノロジーを開発し、現在ではそれらの実装に必要なツールとサービスを提供しています。量子力学の研究開発のニーズをサポートするアプリケーション・スイートをご利用ください。

IBM Quantumの詳細はこちら