ベアメタル・サーバーとは
青い立方体の図
専用およびベアメタル・サーバー

専用サーバやベアメタル・サーバとは何か、仮想サーバとの比較、どのようなユースケースに最適なのかをご紹介します。 

注目の製品

ベアメタル・サーバー


専用およびベアメタルサーバーとは

専用サーバーもベアメタルサーバーも、他のテナントと共有していない物理的なマシンをプロバイダーから借りて利用するクラウドサービスの一種です。

専用サーバーは、仮想マシンをベースにした従来型のクラウド・コンピューティングとは異なり、ハイパーバイザーーがプリインストールされておらず、ユーザーがサーバーインフラを完全にコントロールできます。

専用サーバーでは、ユーザーが物理的なマシンを完全にコントロールできるため、独自のオペレーティングシステムを選択したり、共有インフラの「ノイジー・ネイバー」の問題を回避したり、特定の(多くの場合、データ集約型の)ワークロードに合わせてハードウェアとソフトウェアを細かく調整したりすることができる柔軟性を備えています。

仮想サーバーネットワーキングストレージと並んで、ベアメタル・サーバーは、クラウド・コンピューティングにおけるIaaSのスタック

の基礎となるコンポーネントです。

メリット

専用サーバーとベアメタルサーバーの主なメリットは、エンドユーザーがハードウェアリソースにアクセスできるかどうかにあります。 このアプローチのメリットには以下があります。

  • セキュリティーと規制に関するメリットをもたらす拡張された物理的な分離
  • 処理能力の向上
  • 自社のソフトウェアスタックを完全にコントロール
  • より安定したディスクとネットワークのI/Oパフォーマンス
  • 「ノイジー・ネイバー」の影響を取り除くことによる、サービス品質(QoS)の向上

専用サーバーとベアメタルサーバーは、パフォーマンスとコントロールのユニークな組み合わせにより、多くの企業のインフラミックスにおいて重要な役割を果たしています。


専用 対 ベアメタル・サーバー

この記事ではここまで用語を同じ意味で使用してきましたが、専用サーバーとベアメタルサーバーは似ていますが、同義ではありません。 その違いは、サーバーそのものというよりも、プロバイダーがどのように提供しているかという点にあります。

歴史的に、専用サーバー専用サーバーは、長いプロビジョニング期間、数ヶ月から数年の課金単位、そしてしばしば低性能または旧式のハードウェアというイメージがありました。

ベアメタル・サーバーは、専用サーバーやホスティングに対するネガティブなイメージを払拭するために登場した概念です。 ベアメタル・サーバーを専門とするプロバイダーは、専用のハードウェアをクラウド・サービス・モデルに近い形で提供しており、プロビジョニング時間は数分から数時間、ハードウェアは安価なものからグラフィック・プロセッシング・ユニットを含む最高級のものまで様々です(GPU)。 専用サーバーは、これらの属性を必要としないユーザーのための低価格な選択肢として残っています。


専用またはベアメタル・サーバー 対 仮想サーバー

今日、クラウドサービスで利用できるコンピュートの選択肢は、ベアメタルやクラウドサーバーだけではありません。 コンテナは多くの クラウドネイティブアプリケーションとってデフォルトのインフラストラクチャー選択項目となっています。 PaaS (Platform-as-a-Service)は、OSやランタイム環境を管理したくない開発者にとって、アプリケーション市場の重要なニッチを占めています。 また、サーバーレス・コンピューティングは、クラウドの純粋主義者が選択するモデルとして登場しています。

しかし、専用サーバやベアメタルサーバを評価する際に、多くのユーザーがいまだに惹かれるのは、仮想サーバとの比較であり、ほとんどの企業では、アプリケーションやワークロードに応じた選択基準となっています。 企業のクラウド環境では、専用/ベアメタルと仮想化リソースを混在させて使用することが極めて一般的です。

仮想サーバーは、よりリソース密度が高く、プロビジョニング時間が短く、必要に応じて迅速にスケールアップ/ダウンできるため、より一般的なクラウド・コンピューティング・モデルになっています。 しかし、専用リソース、高い処理能力、安定したディスクおよびネットワークI/Oパフォーマンスを中心とした属性の組み合わせを活用するいくつかの主要なユースケースには、専用サーバーまたはベアメタルサーバーが適しています。

  • パフォーマンス中心のアプリとデータのワークロード:ハードウェアリソースへの完全なアクセスとコントロールが可能なベアメタルは、HPC、ビッグデータ、高性能データベース、ゲームや金融のワークロードなどに適しています。
  • 複雑なセキュリティや規制の要求があるアプリ: グローバルなデータセンターの専用スペースと物理的なリソースの分離を組み合わせることで、多くの企業が複雑なセキュリティや規制の要求を満たしながらクラウドを導入できます。
  • 大規模な定常的なワークロード:ERP、CRM、SCMのように、継続的なリソース需要が比較的安定しているアプリケーションには、ベアメタルが適している場合があります。

専用およびベアメタルサーバーとIBM Cloud

IBM Cloudは、ベアメタル・サーバー専用のホストとインスタンスpublic、マルチテナント・サーバーなどのコンピュートを選択できる、フルスタック・プラットフォームをエンド・ユーザーに提供します。 また、IBM Cloudは、IBM Cloudは、管理KubernetesサービスPaaSFaaSを提供し、あらゆるアプリケーションやワークロードをサポートする完全なコンピュートモデルの完全なセットを提供しています。

IBMはまた、ネットワーキングストレージデータベースなどの幅広い支援サービスや、Watsonブロックチェーンのような専門サービスも提供しています。

開始するには、IBM Cloudアカウントを本日作成してください。


関連ソリューション

専用サーバー - シンガポール

IBM Cloud®を使用して、シンガポールで極めてレジリエントかつ低レイテンシーのグローバ


ドイツの専用サーバー

IBM Cloud®を使用して、ドイツで極めてレジリエントかつ低レイテンシーのグローバル・ネットワークに専用サーバーを展開・拡張します。


インドの専用サーバー

IBM Cloud®を使用して、インドで極めてレジリエントかつ低レイテンシーのグローバル・ネットワークに専用サーバーを展開・拡張します。


インドネシア地域の専用サーバー

IBM Cloud®を使用して、インドネシア地域で極めてレジリエントかつ低レイテンシーのグローバル・ネットワークに専用サーバーを展開・拡張します。


オランダの専用サーバー

IBM Cloud®を使用して、オランダで極めてレジリエントかつ低レイテンシーのグローバル・ネットワークに専用サーバーを展開・拡張します。