ホーム topics iaas paas saas IaaS、PaaS、SaaS
最も人気の高いクラウド・コンピューティングの3つのサービス・モデルをご説明および比較します
黒と青の背景画像
Iaas、Paas、Saasとは

IaaS、 PaaS 、 SaaS は、最も人気のある3つの タイプの クラウド・ サービス のオファリングです。 これらは、 クラウド・サービス ・モデル または クラウド・コンピューティング ・サービス ・モデルと呼ばれることもあります。

  • IaaS(Infrastructure as a Service)は、クラウドでホストされている物理サーバーと仮想サーバー、ストレージ、およびネットワークへのオンデマンド・アクセスであり、クラウドでアプリケーションとワークロードを実行するための バックエンド ITインフラストラクチャー です。

  • PaaS(Platform as a Service)は、アプリケーションを開発、実行、保守、および管理するための、完全ですぐに使用できるクラウド・ホスティング・プラットフォームへのオンデマンド・アクセスです。

  • SaaS( Software as a service)は、すぐに使用できるクラウドでホストされるアプリケーション・ソフトウェアへのオンデマンドによるアクセスです。

IaaS、 PaaS 、 SaaS は相互に排他的ではありません。 中規模企業の多くは複数を使用しており、ほとんどの大企業は3つすべてを使用しています。

「サービスとして(As a service)」とは、これらのオファリングでIT資産が消費される方法を指し、 クラウド・コンピューティング と従来型のITの基本的な違いを指します。 従来のITでは、組織はIT資産(ハードウェア、システム・ソフトウェア、開発ツール、アプリケーション)を購入し、自社の オンプレミス ・データセンターにインストールして管理および保守することによって消費します。  クラウド・コンピューティングでは、 クラウド ・サービス ・プロバイダーが資産を所有、管理、保持し、お客様が インターネット接続を介してそれらを消費し、サブスクリプションまたは従量制 で支払います。

したがって、 IaaS、 PaaS、 SaaS または「サービスとして」のソリューションの主な利点は経済面です。お客様は、自社の データセンターですべてを購入して保持するための費用とオーバーヘッドなしに、予測可能なコストで必要なIT機能にアクセスして拡張できます。 ただし、これらの各ソリューションには固有の追加の利点があります。

IaaS

IaaS は、クラウドでホストされる コンピューティング・インフラストラクチャー (サーバー、ストレージ容量、ネットワーク・リソース)へのオンデマンド・アクセスであり、顧客は オンプレミス のハードウェアを使用するのとほぼ同じ方法でプロビジョニング、構成、および使用できます。 違いは、 クラウド ・サービス ・プロバイダー がハードウェアおよび コンピューティング・リソース を自社の データセンターでホスト、管理、保守する点です。 IaaS の顧客は、 インターネット接続を介してハードウェアを使用し、 サブスクリプションまたは従量課金制 でその使用料を支払います。

通常、 IaaS のお客様は、共有物理ハードウェア(クラウド・サービス・プロバイダーが仮想化を管理)でホストされている 仮想マシン (VM) か、専用(非共有)物理ハードウェア上のベアメタルサーバーのどちらかを選択できます。 お客様は、グラフィカル・ダッシュボードを使用するか、 アプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を介してプログラムを使用して、サーバーとインフラストラクチャー・リソースをプロビジョニング、構成、および操作できます。

IaaS は、オリジナルの「サービスとして」のオファリングと考えることができます。すべての主要な クラウド ・サービス ・プロバイダー ( Amazon Web Services、Google Cloud、IBM Cloud、Microsoft Azure) は、何らかの形式の IaaSを提供することから始まりました。

IaaSのメリット

従来型のITと比較して、 IaaSは、お客様が必要に応じて コンピューティング・リソース をより柔軟に構築し、トラフィックの急増や低下に応じてリソースをスケール・アップまたはスケール・ダウンする柔軟性を提供します。 IaaS のお客様は、自社の オンプレミス ・データセンターを購入して保持するための初期費用と諸経費を回避できます。 また、急増に対応するために過剰な オンプレミス 容量を購入する無駄と、予期しないトラフィックのバーストまたは増加に対する十分な容量がないために発生する可能性のあるパフォーマンスの低下や停止との間の絶え間ないトレードオフを排除します。

 IaaS のその他のメリットは次の通りです。

  • 高可用性:  IaaS によって、企業は、冗長サーバーを簡単に作成でき、他の地域でもサーバーを作成して、地域の障害や物理的な災害時に可用性を確保できます。

  • 待ち時間の短縮、パフォーマンスの向上  :IaaS プロバイダーは通常、複数の地域でデータセンターを運用しているため、 IaaS のお客様は、ユーザーの近くにアプリやサービスを配置して、遅延を最小限に抑え、パフォーマンスを最大化できます。

  • 即応性の向上:お客様は数分でリソースをプロビジョニングし、新しいアイデアをすばやくテストして、より多くのユーザーに新しいアイデアをすばやく展開できます。

  • 包括的なセキュリティー :オンサイトやデータセンターでの、さらには暗号化を使用した、高レベルのセキュリティーにより、組織は、クラウド・インフラストラクチャーを社内でホストしている場合に提供可能な、より高度なセキュリティーと保護を多くの場合に利用できます。

  • 最高のテクノロジーへのより迅速なアクセス:クラウド・プロバイダーは、ユーザーに最新のテクノロジーを提供することで互いに競争します。 IaaS のお客様は、 オンプレミスで実装するよりもはるかに早く(そしてはるかに低コストで)これらのテクノロジーを利用できます。

IaaSのユース・ケース

 IaaS の一般的な用途は次の通りです。 

  • 災害復旧: 複数の場所に冗長サーバーをセットアップする代わりに、 IaaSは 災害復旧 ソリューションをクラウド・プロバイダーの既存の地理的に分散したインフラストラクチャーに展開できます。

  • e-コマース: IaaSは、トラフィックの急増が頻繁に発生するオンライン小売業者にとって優れたオプションです。 今日の24時間年中無休の小売業界では、需要の高い時期にスケールアップする機能と高品質のセキュリティーが不可欠です。

  • モノのインターネット(IoT)、イベント処理、 人工知能 (AI): IaaS は、膨大な量のデータを扱うこれらのアプリケーションやその他のアプリケーションの データ・ストレージ と コンピューティング・リソース のセットアップとスケールアップを容易にします。

  • スタートアップ: スタートアップ は、 オンプレミス のITインフラストラクチャーに資本を投入する余裕がありません。 IaaS により、ハードウェアと管理のオーバーヘッドに先行投資することなく、エンタープライズ・クラスの データセンター 機能にアクセスできます。

  • ソフトウェア開発: IaaSを使用すると、テストおよび開発環境のインフラストラクチャーをオンプレミスよりもはるかに迅速にセットアップできます。 (ただし、次のセクションで説明するように、このユースケースはPaaSに適しています。)
PaaS

PaaSは、アプリケーションを開発、実行、管理するためのクラウドベースのプラットフォームを提供します。 クラウド・サービス ・プロバイダーは、プラットフォームに含まれるすべてのハードウェアとソフトウェア(サーバー(開発、テスト、および導入用)、 オペレーティング・システム (OS)ソフトウェア、ストレージ、ネットワーキング、データベース、 ミドルウェア、 ランタイム、フレームワーク、開発ツール)および、セキュリティー、 オペレーティング・システム 、ソフトウェアのアップグレード、バックアップなどの関連サービスをホスト、管理、および保守します。

ユーザーは、グラフィカル・ユーザー・インターフェイス(GUI)を介して PaaS にアクセスします。ここで、開発チームまたは DevOps チームは、コーディング、統合、テスト、配信、展開、およびフィードバックを含むアプリケーション ライフサイクル全体にわたってすべての作業を共同で行うことができます。 

 PaaS ソリューションの例には、AWS  Elastic Beanstalk、Google App Engine、Microsoft  Windows Azure、およびRed Hat  OpenShift  on IBM Cloudなどがあります。

PaaSのメリット

 PaaSの主なメリットは、お客様が独自のオンプレミス・プラットフォームを構築および管理する必要がある場合よりも、アプリケーションを迅速かつコスト効率よく構築、テスト、展開、更新、およびスケーリングできることです。 その他のメリットは次の通りです。

  • 市場投入までの時間の短縮: PaaS により、開発チームは、数週間または数か月ではなく、数分で開発、テスト、および本番環境をスピンアップできます。

  • 低リスクから無リスクのテストと新技術の採用: PaaSプラットフォームには通常、アプリケーション・スタックの上下にあるさまざまな最新リソースへのアクセスが含まれます。 これにより、企業は、新しいオペレーティング・システム、言語、およびその他のツールを実行するために必要なインフラストラクチャーに多額の投資をすることなく、それらをテストできます。

  • 簡素化されたコラボレーション: クラウド・ベース・サービスとして、 PaaS は共有ソフトウェア開発環境を提供し、開発チームと運用チームがインターネット接続があればどこからでも必要なすべてのツールにアクセスできるようにします。

  • よりスケーラブルなアプローチ: PaaSを使用することにより、組織は必要なときにいつでもアプリケーションを構築、テスト、ステージング、および実行するための追加容量を購入できます。

  • 管理の削減: PaaSは、インフラストラクチャー管理、パッチ、更新、およびその他の管理タスクをクラウド・サービス・プロバイダーにオフロードします。

PaaSのユースケース

PaaSは、次のような多くの開発とITイニシアチブを進めることができます。

  • API開発とマネジメント: PaaSは、その組み込まれたフレームワークにより、チームがアプリケーション間でデータと機能性共有するための開発、稼働、管理、および機密保護機能のあるAPIをより簡単に実行できるようにします。
     

  • モノのインターネット(IoT): PaaSは、さまざまなプログラミング言語(Java、Python、Swiftなど)、IoTアプリケーション開発、およびIoTデバイスからのデータのリアルタイム処理に使用されるツールとアプリケーション環境をサポートします。
     

  • アジャイル開発と DevOps: PaaS ソリューション は通常、 DevOps ツールチェーンのすべての要件に対応し、 継続的インテグレーション と 継続的デリバリー (CI/CD)をサポートするための組み込みの 自動化 を提供します。
     

  • クラウドネイティブの開発とハイブリッドクラウド戦略: PaaS ソリューションは、 クラウド・ネイティブ の開発テクノロジー( マイクロサービス、 コンテナ、 Kubernetes、 サーバーレス・コンピューティング )をサポートします。これにより、開発者は一度構築すれば、 プライベート・クラウド、 パブリック・クラウド 、オンプレミス環境全体に一貫して導入して管理することができます。

SaaS

SaaS ( クラウド ・アプリケーション・サービスと呼ばれることもあります)は、クラウドでホストされ、すぐに使用できるアプリケーション・ソフトウェアです。 ユーザーは、 Webブラウザー、デスクトップ・クライアント、またはモバイル・アプリ内から完全なアプリケーションを使用するために、月額または年額の料金を支払います。 アプリケーションとそれを提供するために必要なすべてのインフラストラクチャー(サーバー、ストレージ、ネットワーキング、 ミドルウェア、アプリケーション・ソフトウェア 、 データ・ストレージ )は、SaaS ベンダー によってホストおよび管理されます。

ベンダーは、ソフトウェアのすべてのアップグレードとパッチを管理しますが、通常はお客様には見えません。 ベンダーは通常、サービス・レベル・アグリーメント(SLA)の一部として、可用性、パフォーマンス、およびセキュリティーのレベルを保証します。 お客様は、追加料金を支払うことによってオンデマンドでユーザーと データ・ストレージ を追加できます。

今日、または携帯電話を使用する人は、ほぼ確実に何らかの形式の SaaSを使用しています。 電子メール、ソーシャルメディア、およびクラウド・ファイル・ストレージ・ソリューション( Dropbox やBoxなど)は、 人々が個人的な生活の中で毎日使用する SaaS アプリケーション の例です。 人気のあるビジネスまたはエンタープライズ SaaS ソリューション には、 Salesforce (カスタマー・リレーションシップ・マネジメント・ソフトウェア)、 HubSpot (マーケティング・ソフトウェア)、Trello(ワークフロー管理)、Slack (コラボレーションおよびメッセージング)、およびCanva(グラフィックス)が含まれます。 もともとデスクトップ用に設計された多くのアプリケーション(Adobe Creative Suiteなど)が SaaS (Adobe Creative Cloudなど)として利用できるようになりました。

SaaSのメリット

 SaaS の主なメリットは、インフラストラクチャーとアプリケーションの管理すべてを SaaS ベンダーにオフロードすることです。 ユーザーは、アカウントを作成し、料金を支払い、アプリケーションの使用を開始することだけです。 ベンダーは、サーバーのハードウェアとソフトウェアの保守から、ユーザー・アクセスとセキュリティーの管理、データの保存と管理、アップグレードとパッチの実装など、その他すべてを処理します。

 SaaS のその他のメリットは次の通りです。

  • 最小限のリスク: 多くの SaaS 製品は、 お客様がソフトウェアを試して、経済的リスクがほとんどまたはまったくない状態でニーズを満たすかどうかを確認できる、無料評価期間または低額の月額料金を提供しています。

  • いつでもどこでも高い生産性: ユーザーは、ブラウザーと インターネット接続 を利用できる任意のデバイスで SaaS アプリ を操作できます。

  • 簡単な 拡張性: ユーザーの追加は、新しいシートの登録や支払いと同じくらい簡単です。お客様は、わずかな料金で追加の データ・ストレージ を購入できます。

一部の SaaS ベンダーは、関連 PaaS ソリューションを提供することで製品の カスタマイズ を可能にしています。 よく知られている例の1つは、 Salesforce 向けの PaaS ソリューションである Herokuです。 

SaaSのユースケース

現在、ほぼすべての個人または従業員の生産性を向上させるためのアプリケーションが SaaSとして利用できます。特定のユースケースは数が多すぎて言及できません(一部は上記に記載されています)。  エンド・ユーザー または組織が必要な 機能を備えた SaaS ソリューション を見つけることができれば、ほとんどの場合、オンプレミス・ソフトウェアに代わる、非常にシンプルでスケーラブルで 費用対効果の高い ソリューションが提供されます。

SaaS、PaaS、IaaS:マネジメントのしやすさと制御の比較

SaaS、 PaaS、 IaaS は相互に排他的ではありません。ほとんどの組織は複数を使用しており、今日の多くの大規模な組織は3つすべてを使用しており、多くの場合、従来型のITと組み合わせて使用しています。

当然ながら、お客様が選択するas-a-serviceソリューションの内容は、まずお客様の必要な 機能 と、お客様のスタッフの持つ専門知識によって異なってきます。 例えば、 リモート・サーバー の構成と運用に関する社内のIT専門知識がない組織は、 IaaSに十分に適合していません。開発チームのない組織では、 PaaS は必要ありません。

ただし、3つの「as-a-service」モデルのいずれもが実行可能なソリューションを提供できる場合があります。 このような場合、組織は通常、管理のしやすさと、妥協する制御を比べることによって選択肢を比較します。 

例えば、大規模な組織がカスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)アプリケーションを営業チームに提供したいとします。 次のいずれかを行うことができます。

  •  SaaS  CRMソリューションを選択し、日常の管理をすべて サードパーティー・ベンダーにオフロードするだけでなく、 機能、 データ・ストレージ、ユーザー・アクセス、およびセキュリティーに対するすべての制御を放棄します。

  •  PaaS ソリューション を選択し、カスタムCRMアプリケーションを構築します。 この場合、企業はインフラストラクチャーとアプリケーション開発リソースの管理をクラウド・サービス・プロバイダーにオフロードします。 お客様は、アプリケーション機能を完全に制御できますが、アプリケーションと関連データを管理する責任も負います。

  •  IaaSを使用してクラウド上に バックエンド IT インフラストラクチャー を構築し、それを使用して独自の開発プラットフォームとアプリケーションを構築します。 組織のITチームは、 オペレーティング・システム とサーバー構成を完全に制御できますが、それらで実行する開発プラットフォームやアプリケーションとともに、それらを管理および保守する責任も負います。
IaaS、SaaS、PaaS、IBM Cloud

IBMでは、スタックの上下の企業のニーズを満たすために、IaaS、PaaS、SaaSの幅広いメニューを用意しています。 IBMのリッチで拡張可能なPaaSソリューションは、組織がクラウド・ネイティブ・アプリケーションをゼロから開発したり、既存のアプリケーションをモダナイズしてクラウドの柔軟性とスケーラビリティを活用したりするのに役立ちます。 IBMはまた、フルスタック・クラウドプラットフォーム内に仮想化されたコンピューティング、ネットワーク、およびストレージの完全なIaaSレイヤーと、革新を支援する150を超えるSaaSビジネス・アプリケーションを提供します。 

詳細情報はこちら: 

  • IBM Red Hat OpenShift on IBM Cloudを使用して、開発とアプリのモダナイゼーションをすぐに開始できます。これは、IBM Cloudのエンタープライズ規模とセキュリティーを使用して、更新、スケーリング、プロビジョニングを自動化し、予期しないトラフィックの急増に対処するフルマネージド型のOpenShiftサービスです。 
  • IBM Cloud Kubernetes Serviceは、インテリジェントなスケジューリング、自己修復、水平スケーリングなどを提供する認定済みのKubernetesソリューションです。 
  • フルマネージドのサーバーレス・プラットフォームであるIBM Code Engineを使用すると、IBM Cloud Code Engineが基盤となるインフラストラクチャーを管理および保護します。 コンテナー・イメージ、バッチ・ジョブ、またはソース・コードを持ち込んで、コンテナー・クラスターのサイズ、導入、およびスケーリングはIBMにお任せください。 
  • IBM Cloud Satellite はハイブリッド・クラウドIaaSであり、企業がオンプレミス、エッジ・コンピューティング、および任意のクラウド・ベンダーのパブリック・クラウド環境全体で一貫してアプリをより適切に導入および実行できるようにします。

是非IBM Cloudアカウント を作成して、始めてみてください。

関連ソリューション
Red Hat OpenShift

Red Hat OpenShift on IBM Cloudは、パブリック環境やハイブリッド環境でOpenShiftを活用して、俊敏性、市場への即応性、拡張性、信頼性の向上を図ります。

Red Hat OpenShiftの詳細はこちら
IBM Code Engine

IBM Cloud Code Engineは、フルマネージド型サーバーレス・プラットフォームであり、Webアプリケーション、マイクロサービス、イベント・ドリブン関数などを含む、コンテナ化されたワークロードを実行します。

IBM Code Engineの詳細はこちら
IBM Cloud Satellite

IBM Cloud Satelliteでは、オンプレミス、エッジ、パブリッククラウドなどのあらゆる環境で、一貫したクラウド・サービスを利用できます。

IBM Cloud Satelliteの詳細はこちら
参考情報 仮想マシン(VM)とは

仮想マシンとは、物理コンピューターの仮想表現であり、エミュレーションです。 仮想化により、複数の仮想マシンを単一の物理コンピューター上で作成できます。

APIとは

アプリケーション・プログラミング・インターフェースまたはAPIは、アプリケーションがデータや機能を簡単かつ安全に交換できるようにすることでソフトウェア開発や革新を簡素化します。

SaaSとは

SaaS、またはソフトウェア-as-a-Serviceは、クラウド上でホストされ、Webブラウザー、モバイル・アプリ、またはシン・クライアントを介してインターネット接続を介して使用されるアプリケーション・ソフトウェアです。

次のステップ

Red Hat OpenShift on IBM Cloudを使用することで、OpenShiftの開発者は、エンタープライズ・ワークロードをKubernetesクラスターに高速かつ安全にコンテナ化してデプロイできます。 IBMがお客様に代わってOpenShift Container Platform(OCP)を管理するため、お客様はセキュリティー管理、コンプライアンス管理、デプロイメント管理、進行中のライフサイクル管理を伴う、単調で反復的なタスクから解放されて、中核となるタスクに焦点を当てるためにより多くの時間を費やせるようになります。

Red Hat OpenShift on IBM Cloudの詳細はこちら