概要

サーバーレスのユースケース

ソースコードのデプロイ

IBM Cloud Code Engineを使用したソースコードのデプロイ方法

IBM Cloud Code Engineを使用したソースコードのデプロイ方法(03:50)

ソースコードのデプロイ

任意の言語で開発し、ソースコードをクラウドに「プッシュ」するだけです。コンテナの作成や管理についての心配は無用です。 作成したコードをオブジェクト・ストレージ、データベース、イベント・ストリームなどのマネージド・サービスに簡単に接続できます。

コンテナの実行

IBM Cloud Code Engineを使用したアプリのデプロイと管理の方法

IBM Cloud Code Engineを使用したアプリのデプロイと管理の方法(03:52)

コンテナの実行

既にコンテナ・イメージが手元にある場合は、 IBM Cloud Code Engineが代わりにデプロイ、管理、自動スケーリングを行います。 クラスター管理、サイジング、過剰プロビジョニングの心配は無用です。 支払いは、使用した分に対してのみ発生します。

バッチ・ジョブの作成

IBM Cloud Code Engineを使用したバッチ・ジョブの実行方法

IBM Cloud Code Engineを使用したバッチ・ジョブの実行方法(04:05)

バッチ・ジョブの作成

バッチ・ジョブは、ETLワークロード、シミュレーション、AIデータ・モデル処理など、イベント駆動型ではない処理に最適です。 CPU、メモリー、実行時間を無限にスケールアウトして、実行から完了までの強力なバッチ・ジョブを作成します。支払いは、必要とするリソースに対してのみ発生します。

メリット

主要な機能

単一のランタイム環境で、 あらゆるワークロードを オンデマンドで拡張できます。

ニーズに最適なワークロードのタイプを選択するだけ済むため、複数のサーバーレス製品をマスターする必要はありません。

参考情報

IBM Cloud® Code Engineを掘り下げる

IBM Cloud Code Engineについてさらに知っていただくために、IBMによるポッドキャスト、ebook、チュートリアルなどをご活用ください。

開発者を支援するIBM Cloud Code Engine

IBM Cloud Code Engineオファリング・マネージャーのDoug Davisが、より多くの時間を開発者がコーディングに使えるようにするための方法をお伝えします。

企業におけるサーバーレス

サーバーレス・コンピューティングの全容に関する、IT業界の1,200人を超えるエグゼクティブによる洞察をお役立てください。

Hello world

このチュートリアルを使用して、IBM Cloud Code Engineアプリケーションの作成とデプロイが、いかに簡単であるかをお確かめください。

UIのご紹介

スタート

IBM Cloud Docsページ

スタート

製品機能の詳細な説明とその使用方法が、IBM Cloud DocsのWebページに掲載されています。

概要

IBM Cloud Code Engineの概要ウィンドウ

概要

IBM Cloud Code Engineユーザー・インターフェースの概要ウィンドウでは、この製品のメリットをご紹介します。また、アプリケーションのデプロイや、コンテナ・イメージを使用したジョブの実行を開始できます。

作成またはデプロイ

IBM Cloud Code Engineの作成の開始ウィンドウ

作成またはデプロイ

IBM Cloud Code Engineユーザー・インターフェースの「作成の開始」ウィンドウでは、アプリケーションをデプロイするか、または実行するジョブを作成するかを選択できます。

プロジェクト・ダッシュボード

IBM Cloud Code Engineのマイプロジェクト・ウィンドウ

プロジェクト・ダッシュボード

IBM Cloud Code Engineユーザー・インターフェースの「マイプロジェクト」ウィンドウには、現在のアプリケーション、ジョブ、イメージ・ビルドなどの要約に加えて、それらのうち最近更新されたものも表示されます。

構成

IBM Cloud Code Engineのマイアプリケーション・ウィンドウ

構成

IBM Cloud Code Engineユーザー・インターフェースの「マイアプリケーション」ウィンドウには、現在の構成と実行中のジョブが表示されます。

よくあるご質問(FAQ)

IBM Cloud Code Engineは、開発者にどのように役立ちますか?

フルマネージド型のサーバーレス・プラットフォームであるIBM Cloud Code Engineは、クラウドネイティブ・アプリケーションのホストに使用できます。対象となるのは、コンテナ・イメージ、12-Factor App(12の原則に沿ったアプリ)、関数、バッチ・ジョブ、単なるコード断片などです。 開発者は、必要なランタイム機能を選択するだけで、すべての長所を最大限に活用できます。ランタイム制限のある1種類のホスティング・プラットフォーム(CaaS、PaaS、FaaS)を選択する必要はありません。 IBM Cloud Code Engineは、ランタイム・ホスティング環境の複雑さを抽象化して、開発者がインフラストラクチャーの管理ではなくコード作成に集中できるようにします。 この製品で、開発者は単一のユーザー・エクスペリエンスからさまざまな成果物(コンテナ・イメージ、ソースコード、バッチ・ジョブなど)をデプロイできるようになります。結果として得られるアプリケーションの動的なスケールアップ、スケールダウン(ゼロまでのスケールダウン)も可能です。支払いは、ワークロード実行中の使用分に対してのみ発生します。

サーバーレスとは?

サーバーレスは、コンピューティングに対する1つのアプローチであり、開発者がインフラストラクチャーについて心配することなく、コードとビジネス・ロジックに時間と労力を集中できるようにします。 インフラストラクチャーの管理作業(例えば、プロビジョニング、セキュリティー保護、スケーリング、スケジューリング、パッチ適用など)は、クラウド・プロバイダーの責任で行います。 IBM Cloud Code Engineの概念は、他のas-a-Serviceプラットフォームのランタイム特性を含めることで拡張されており、開発者は、統一されたエクスペリエンスから任意のタイプのコードを実行できます。

IBM Cloud Code Engineは、Kubernetesにどのように関連していますか?

IBM Cloud Code Engineは、Kubernetesに基づいていますが、その複雑さを隠しているため、開発者はホスティング環境の管理ではなくコード作成に集中できます。 これは大多数のユーザーにとっては優れたエクスペリエンスですが、一方でKubernetesの完全な構成にアクセスしたいユーザーもいます(例えば、他のKubernetesワークロードと統合する場合など)。 IBM Cloud Code Engineでは、使い慣れたKubernetesツール(例えば、kubectl)を公開することでこれを可能にしています。

Kubernetes製品

IBM Cloud Code Engine

IBM Cloud Kubernetes ServiceまたはRed Hat® OpenShift® on IBM Cloud

オンプレミスのRed Hat OpenShift

提供形態

IBM Cloud Service

IBM Cloud Service

オンプレミスでインストール可能なソフトウェア

テナント

マルチテナント(共有クラスター)

単一テナント(専用クラスター)

単一テナント(専用クラスター)

料金

ワークロードが実行されたときにのみ支払いが生じる(GB-sec、vCPU-sec、呼び出し数)

クラスター全体に対する一定の請求(クラスター時間のサイズ)

一定のライセンス料金とインフラストラクチャー・コスト

管理

完全管理型

部分管理型

自己管理型

スキル

コンテナ、クラスター、ネットワーキング、インフラストラクチャーのスキルは不要

IBM Cloud Kubernetes Service/Red Hat OpenShift、ネットワーキング、インフラストラクチャーのスキルが必要

Red Hat OpenShift、ネットワーキング、インフラストラクチャーのスキルが必要

IBM Cloud Code Engineの無料利用枠に有効期限はありますか?

いいえ、毎月リセットされる月ごとの制限があるだけです。 この範囲では小さなアプリケーションやジョブを実行できます。 無料ティアの限界に達すると、コストは以下に基づいて変わります。

  • ワークロードのインスタンスごとに割り当てられたメモリーとCPU
  • インスタンス数
  • 各インスタンスの存続時間
  • HTTP呼び出しの数

IBM Cloud Code Engineでのアプリケーションの実行方法は?

アプリケーションとは、HTTPエンドポイントを公開するプロセスのことです。 Webアプリケーションやモバイル・アプリケーション、REST APIサーブ、プロキシー・アプリケーションのバックエンドとして使用できます。 IBM Cloud Code Engineでは、1つのCLIコマンドを実行します。 コンテナ・イメージの実行、HTTPSエンドポイントの公開、自動スケーリングの設定など、すべてを適切に設定するには、チュートリアルを参照してください。

IBM Cloud Code Engineでバッチ・ジョブを実行するにはどうすればよいですか?

バッチ処理は、人間の介入なしに実行できる、頻繁に使用されるプログラムに適しています。 開発者は、大規模なバッチ・ジョブ・インスタンスを並行して実行することで、さまざまなワークロードをサポートできます。対象には、高負荷のコンピューティング・タスク、ETL(トランスコーディングなど)、MapReduce、シミュレーション(科学的コンピューティング)、レンダリング、あらゆるタイプの並列データ処理などがあります。 IBM Cloud Code Engineのバッチ・ジョブはコンテナとして実行されます。つまり、ジョブをイメージとしてパッケージ化してIBM Cloud Code Engineに送信するだけで済みます。 このように、セキュリティーのためにバッチ・ジョブは分離されるため、指定したバッチ・ジョブのCPUとメモリーの要求は容易に達成されます。

コンテナ・イメージの作成方法が分からない場合、IBM Cloud Code Engineは代わりにコンテナ・イメージをビルドできますか?

はい。 ソースコードの作成のみに集中し、イメージのビルド・プロセス処理を直接行わない場合は、コンテナ・イメージのビルド機能を使用できます。 ソースコードを直接提供すると(Gitリポジトリーを使用)、IBM Cloud Code Engineがコンテナ・イメージをビルドして管理します。 IBM Cloud Foundryに精通しているお客様は、この製品との類似点を理解できるはずです。 IBM Cloud Code Engineは、2つのビルド戦略をサポートしています。 1つはDockerfileビルドで、Kanikoビルダー・ツールを使用します。 もう1つは、Paketo Buildpacksを使用するCloud Native Buildpackです。