Platform as a Service(サービスとしてのプラットフォーム、PaaS)とは
IBMのPaaSソリューションはこちら クラウド関連の最新情報を購読する
コンピューターのモニター、サーバー、雲、ドットの絵文字のコラージュの図
PaaS とは何ですか?

Platform as a Service(PaaS)は、オンプレミスでプラットフォームを構築・保守する場合によくあるコストや複雑さ、柔軟性の欠如なしにアプリケーションの開発・実行・管理のための完全なクラウド・プラットフォーム(ハードウェア、ソフトウェア、インフラストラクチャー)を顧客に提供するクラウド・コンピューティングモデルです。

PaaSプロバイダーは、サーバーやネットワーク、ストレージ、オペレーティング・システム・ソフトウェア、データベース、開発ツールなどすべてをデータセンターでホストします。 通常、顧客は既定のユーザー数に規定量のリソースを提供する固定料金を支払うことも、「従量課金制」価格を選択して使用したリソースに対してのみ支払うことも可能です。

どちらのオプションを選択しても、PaaSの顧客は、独自のオンプレミス・プラットフォームを構築して管理する必要がある場合に比べて、アプリケーションの構築・テスト・導入・実行・更新・拡張をより迅速かつ低コストで行うことができます。

Amazon Web Services(AWS)やGoogle Cloud、IBM Cloud、Microsoft Azureなど、主要なクラウド・サービス・プロバイダーはすべて、独自のPaaSサービスを提供しています。 人気のあるPaaSソリューションは、オープンソース・プロジェクト(Apache Stratos、Cloud Foundryなど)として、またはソフトウェア・ベンダー(Red Hat OpenShiftやSalesforce Herokuなど)としても入手可能です。

DaaSで柔軟な職場を叶える

Desktop as a Service(DaaS)をつかって企業がどのようにアプリケーションをオンプレミスに展開するのと同じレベルのパフォーマンスとセキュリティを達成できるかをご覧ください。

関連コンテンツ

ハイブリッドクラウドのためのガイドに登録する

PaaSのメリット

オンプレミス・プラットフォームと比較した場合のPaaSのメリットとして最もよく挙げられるのは次のとおりです。

  • 市場投入までの時間の短縮PaaSを使用すると、アプリケーション開発プラットフォームの構築と保守に使用するハードウェアとソフトウェアを購入してインストールする必要がなくなり、開発チームがその作業を待つ必要もありません。 クラウド・サービス・プロバイダーのPaaSを利用するだけで、リソースのプロビジョニングと開発をすぐに始めることができます。

  • さまざまなリソースへの手頃なアクセス通常、PaaS プラットフォームでは、オペレーティングシステム、ミドルウェア、データベース、開発ツールなど、アプリケーション・スタックの上下を問わず、ほとんどの組織が実質的に、または低コストで維持できる選択肢よりも幅広い選択肢を利用できます。

  • 実験がより自由に、より少ないリスクでPaaS では、新しいオペレーティング・システム、言語、その他のツールを試したりテストしたりすることもできます。それらや、それらを実行するのに必要なインフラストラクチャーに多額の投資をする必要はありません。

  • 簡単でコスト効率の高い拡張性オンプレミス プラットフォームでは、スケーリングには常に費用がかかり、多くの場合無駄があり、場合によっては不十分です。トラフィックの急増に備えて、より多くのコンピューティング、ストレージ、およびネットワーキングの容量を購入する必要があります。 その容量の多くは、トラフィックが少ない時間帯にはアイドル状態にあり、予期しないサージに対応するために容量を増やすことはできません。 PaaSを使えば、必要なときにいつでも、より多くの容量を購入してすぐに使うことができる。

  • 開発チームの柔軟性向上PaaSサービスは、開発チームと運用チームがインターネットに接続できる場所であればどこからでも、必要なすべてのツールにアクセスできる共有ソフトウェア開発環境を提供する。

  • 全体的なコスト削減PaaSにより、組織はアプリケーション・プラットフォームの構築と拡張に関連する設備投資を回避できるため、コストが削減されることは明らかです。 ただし、PaaSを使用すると、ソフトウェア・ライセンス・コストを削減または不要にすることもできます。 また、PaaSはパッチや更新その他の管理タスクを処理することで、アプリケーション全体の管理コストを削減できます。
PaaSの仕組み

一般に、PaaSソリューションには3つの主要部分があります。

  • 仮想マシン(VM)、オペレーティング・システム・ソフトウェア、ストレージ、ネットワーク、ファイアウォールなどのクラウド・インフラストラクチャー

  • アプリケーションの構築・導入・管理のためのソフトウェア

  • 開発チームやDevOpsチームがアプリケーションのライフサイクル全体を通じて全作業を実行できるグラフィカル・ユーザー・インターフェイスまたはGUI

PaaSはすべての標準開発ツールを GUI オンライン インターフェイスを通じて提供するため、開発者はどこからでもログインして、プロジェクトで共同作業したり、新しいアプリケーションをテストしたり、完成した製品を展開したりできます。 アプリケーションは、ミドルウェアを使用してPaaS内で直接設計・開発されます。 合理化されたワークフローにより、複数の開発チームとオペレーション・チームが同じプロジェクトに同時に取り組むことができます。

PaaSプロバイダーは、サーバーやランタイム、仮想化などのクラウド・コンピューティング・サービスの大部分を管理します。 貴社はPaaS顧客として、アプリケーションとデータの管理を維持します。

PaaS、IaaS、SaaS

PaaS同様、Infrastructure-as-a-Service(サービスとしてのインフラストラクチャー、IaaS)やSoftware-as-a-Service(サービスとしてのソフトウェア、SaaS)は一般的なクラウド・コンピューティング・サービス・モデルです。 実際、はっきりと3つすべてを購入しなくても、組織では3つすべてを使用するのが一般的です。 具体的に言うと、以下のとおりです。

IaaSとは、クラウドプロバイダーがホストする「生の」ITインフラ(物理サーバー、仮想マシン、ストレージ、ネットワーク、ファイアウォール)へのインターネット・アクセスです。 IaaSにより、オンプレミス・インフラストラクチャーの所有・管理・保守にかかるコストと作業が不要になります。 IaaSを使用して、組織は独自のアプリケーション・プラットフォームとアプリケーションを提供します。

PaaSサービスにはすべてそれをホストするために必要なIaaSリソースが必ず含まれています(こうしたリソースが個別に分割されて、IaaSと呼ばれていなくても)。

SaaSは、クラウドを介して、あたかも自分のコンピューターにインストールされているかのように使用できるアプリケーション・ソフトウェアです(場合によっては、一部がコンピュータにインストールされている場合もあります)。SaaSにより、貴組織は、アプリケーションを実行するためのインフラのセットアップや、アプリケーションの保守(バグ修正や更新の適用、機能停止への対処など)のための労力と人員の費用をかけることなく、アプリケーションを使用できるようになります。SalesforceやSlackは、人気のあるSaaS製品の例です。ほとんどのWebアプリケーションは SaaSと見なされます。

すべてのSaaSサービスには、それをホストするために必要なIaaSリソースと、少なくともその実行に必要なPaaSコンポーネントが含まれています。 一部のSaaSベンダーは、サードパーティがSaaSサービスをカスタマイズできる個別のPaaSも提供しています。

IaaS、PaaS、SaaSの詳細を読む
PaaSのユースケース

PaaSは、統合されたすぐに使用できるプラットフォームを提供し、組織がインフラ管理をクラウド・プロバイダーにオフロードし、アプリケーションの構築・導入・管理に集中できるようにすることで、次のようないくつかのIT イニシアチブを容易にしたり、推進したりすることができます。

  • API開発と管理:PaaSにはフレームワークが組み込まれているため、アプリケーション間でデータや機能を共有するためのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の開発・実行・管理・保護がはるかに容易になります。

  • モノのインターネット(IoT):PaaSは、すぐに使用できるさまざまなプログラミング言語(Java、Python、Swiftなど)、IoTアプリケーション開発およびIoTデバイスによって生成されたデータのリアルタイム処理に使用されるツールやアプリケーション環境をサポートできます 。

  • アジャイル開発とDevOps:PaaS は、統合・配信・セキュリティ・テスト・デプロイメントを含むソフトウェア・アプリケーションのライフサイクルを自動化するための完全構成された環境を提供できます。

  • クラウド移行とクラウドネイティブ開発:すぐに使用できるツールと統合機能を備えたPaaSでは、特に再プラットフォーム化(クラウドの拡張性、負荷分散、その他の機能をより有効活用できるようにアプリケーションを変更してクラウドに移行すること)やリファクタリングマイクロサービスコンテナ、その他のクラウドネイティブ・テクノロジーを使用してアプリケーションの一部または全体を再設計すること)によって、既存のアプリケーションのクラウドへの移行を簡素化できます。

  • ハイブリッドクラウド戦略:ハイブリッドクラウドは、パブリッククラウド・サービスとプライベートクラウド・サービス、オンプレミス・インフラストラクチャーを統合し、これら3つすべてにわたるオーケストレーションや管理、アプリケーションの移植性を実現します。 その結果、一元化された柔軟な分散型コンピューティング環境が実現し、組織は最も適切なコンピューティング・モデルで従来の(レガシー)ワークロードやクラウドネイティブのワークロードを実行・拡張できます。 適切なPaaSソリューションにより、開発者は一度構築すれば、ハイブリッドクラウド環境内のどこでもデプロイして管理できます。
専用PaaSの種類

多くのクラウドや、ソフトウェア、ハードウェアのベンダーが、特定の種類のアプリケーションや特定の種類のハードウェア、ソフトウェア、またはデバイスと対話するアプリケーションを構築するためのPaaSソリューションを提供しています。

  • AIPaaS(PaaS for Artificial Intelligence、AI用PaaS)を使うと、開発チームはこれらのアプリケーションに必要な重要なコンピューティング能力やストレージ機能、ネットワーク容量を購入・管理・維持するための法外な費用をかけることなく、人工知能(AI)アプリケーションを構築できます。 AIPaaSには通常、開発者がそのまま使用したりカスタマイズしたりできる、事前トレーニング済みの機械学習および深層学習モデルと、音声認識や音声テキスト変換などの特定のAI機能を既存または新規のアプリケーションに統合するための既製のAPIが含まれています。

  • iPaaS(integration platform as a service、サービスとしての統合プラットフォーム)とは、アプリケーションを統合するためのクラウドホスト型ソリューションです。 iPaaSは、独自のバックエンド統合ハードウェアやミドルウェア、ソフトウェアの購入・インストール・管理の必要がなく、パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミス環境のデータやプロセス、サービスを接続するための標準化された方法を組織に提供します。 (PaaSソリューションには、多くの場合、ある程度の統合機能(API管理など)が含まれていますが、iPaaSの方が包括的です)。

  • CPaaS(communications platform as a service、サービスとしてのコミュニケーションプラットフォーム)とは、開発者が専用の通信ハードウェアやソフトウェアに投資することなく、音声(着信および発信通話)、ビデオ(電話会議を含む)、メッセージング(テキストおよびソーシャルメディア)機能をアプリケーションに簡単に追加できるようにするPaaSです。

  • mPaaS(mobile platform as a service、サービスとしてのモバイル・プラットフォーム)とは、モバイル機器向けのアプリケーション開発を簡素化するPaaSです。 mPaaSは通常、携帯電話のカメラやマイク、モーション・センサー、地理位置情報(またはGPS)機能などのデバイス固有の機能にアクセスするためのローコード(単純なドラッグ・アンド・ドロップでも)方法を提供します。
関連ソリューション
IBM WebSphere Hybrid Edition

モダナイズして新しいアプリを構築し、コストを削減してROIを最大化しましょう。

IBM WebSphere Hybrid Editionはこちら
Red Hat OpenShift on IBM Cloud

ワンクリックで可用性の高いフルマネージド・クラスターをデプロイしましょう。

IBM Cloud上のRed Hat OpenShiftはこちら
参考情報 企業内マイクロサービス、2021年

アプリケーション開発に関するマイクロサービス・アプローチは、どのような組織にとっても重大な課題となる可能性があります。 しかし、マイクロサービス・ユーザーの間では、開発者の生産性の向上や顧客満足度の向上、市場投入までの時間の短縮などの成果には、努力する価値があるという意見が増えてきています。

IaaS、PaaS、SaaSの比較

最も人気のある3つのクラウド・コンピューティング・サービス・モデルを理解し、比較しましょう。

クラウド・コンピューティングとは

クラウド・コンピューティングでは、インターネット経由でインフラに「プラグイン」し、オンプレミスにインストールしたり保守したりすることなくコンピューティング・リソースを利用できます。

次のステップ

Red Hat OpenShift on IBM Cloud は、エンタープライズ ワークロードを Kubernetes クラスターにコンテナ化してデプロイするための高速かつ安全な方法を開発者に提供します。セキュリティ管理、コンプライアンス管理、展開管理、継続的なライフサイクル管理を含む、退屈で反復的なタスクの負荷を軽減します。

IBM Cloud 上の Red Hat OpenShift を探索する 無料で始める