SaaS – software-as-a-service とは

SaaSの仕組みと、SaaSが今日の主要なソフトウェア提供モデルである理由を説明します。

オフィス内の同僚の描画
SaaSとは

SaaS(Software-as-a-Service)は、クラウド上でホストされ、Webブラウザー、モバイル・アプリ、またはシンクライアントを介してインターネット接続で使用されるアプリケーション・ソフトウェアです。 SaaSプロバイダーは、ソフトウェアとそれが稼働するインフラストラクチャーの運用、管理、保守を担当します。 顧客は、アカウントを作成し、料金を支払い、仕事を始めるだけです。

SaaSの起源は、メインフレーム上で動作するアプリケーションがリモート端末に配信された1950年代まで遡るという業界の歴史家もいます。 しかし、今日のSaaSは、1999年にSalesforce社がWebブラウザーに配信されるクラウド・ホスト・ソフトウェアとしてゼロから構築した顧客関係管理(CRM)システムを立ち上げたときに始まりました。

今日、SaaSは最も一般的なパブリック・クラウド・コンピューティング・サービスであり、ソフトウェア配信モデルの主流となっています。 Slack(メッセージング)やDropbox(ファイルの保存と共有)などの日常的なツールから、エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)や人事/労働力最適化プラットフォームなどのコア・ビジネス・アプリケーションまで、従業員が使用するソフトウェアの多くがSaaSモデルを介して提供されています。 オンプレミスにインストールされる従来のソフトウェアと比較して、SaaSはスタートアップ企業から大規模なグローバル企業まで、あらゆる規模の企業に、迅速な価値実現、管理オーバーヘッドの大幅な削減、および予測可能なコストといったメリットを提供します。

この人気は今後も高まり続けるでしょう。 業界アナリストのGartner社は、SaaSソフトウェアの世界の売上が2022年末までに1,450億米ドルを超える と予測しています(リンクはIBMの外部にあります)。また、別のアナリストであるInternational Data Corporation(IDC)社は、SaaSの世界市場が2025年までに3,021億米ドルまで成長する と予測しています(リンクはIBMの外部にあります)。


SaaSの仕組み

SaaSは、クラウド・コンピューティングのインフラストラクチャーと規模の経済を利用して、ソフトウェアの採用、使用、および支払いに対するより合理的なアプローチを顧客に提供します。 すべてのSaaSアプリケーションには、以下の共通の特性があります。

SaaSアプリケーションは、クラウド上でホストされるように構築されています。 SaaSソフトウェア・ベンダーは、独自のクラウド・インフラストラクチャーまたはクラウド・サービス・プロバイダー(Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、IBM Cloud、Microsoft Windows Azureなど)でアプリケーションをホストできます。 確立されたクラウド・サービス・プロバイダーでホストすることで、SaaSプロバイダーは、一部の顧客が必要とする拡張性とグローバルなアクセス性を提供できます。

SaaSアプリケーションは、インターネット接続およびインターネットに接続されたエンドユーザー・デバイス(例:コンピューター、携帯電話、タブレット)があれば、どのような顧客でもアクセスできます。 通常、SaaSアプリケーションはどのWebブラウザーでも実行できます。モバイル・デバイスでは、SaaSアプリケーションがモバイル・アプリケーションやタブレット・アプリケーションでより効果的に実行される(または必要になる)ことがあります。 Adobe Acrobatなどの一部のSaaSアプリケーションでは、ユーザーがコンピューターにダウンロードしてインストールする専用のシンクライアントが提供される、あるいは必要になる場合があります。

SaaSアプリケーションは、マルチテナント・アーキテクチャーを利用します。このアーキテクチャーでは、アプリケーションの単一インスタンスがすべての顧客にサービスを提供します。 セキュリティーおよびデータ・プライバシーを確保するために、各顧客のアプリケーション・データ、ユーザー・データ、システム・データ、およびカスタム構成は、顧客ごとに分離されます。

おそらく最も重要なことは、SaaSアプリケーションは、顧客による管理はほとんど必要なく、また顧客による保守も不要であるということです。 以下のことは、SaaSベンダーの責任で行われます。

  • アプリケーションの実行に必要なすべてのサーバー、ネットワーク機器、ストレージ・ハードウェア、オペレーティング・ソフトウェアのプロビジョニング、管理、および保守
  • 必要に応じて、機能修正とセキュリティー・パッチの適用
  • システム停止を防止し、サービス・レベル・アグリーメント(SLA)で指定されたパフォーマンス、可用性、データ保護の基準を満たすための、ロード・バランシング、冗長インフラストラクチャー、データ・バックアップ、クラウド・セキュリティー、災害復旧のサービスの提供

また、多くのSaaSベンダーは、顧客がSaaSアプリケーションを他のSaaSまたは従来のソフトウェア・アプリケーションと統合するために使用できるアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)も提供しています。


SaaSの価格設定

SaaSアプリケーションでは、さまざまなサブスクリプション価格設定スキームが用意されています。これらはすべて、固定価格(または固定価格のメニュー)でソフトウェアと関連サービスへのアクセスが一定期間提供されていた従来のソフトウェアライセンスとは大きく異なります。

無料または「フリーミアム」価格設定

ほとんどのSaaSベンダーは、顧客が短期間(通常は1週間または1カ月)試用できる無料版のソフトウェアを提供しています。 通常、これらの無料トライアルでは、ソフトウェアのすべての機能にアクセスできますが、それらの機能を使用できる回数や範囲が制限されています。クレジットカードさえ不要な場合もあります

一部のSaaS企業では、アプリケーションの「フリーミアム」バージョンを提供しています。これらのバージョンは常に無料で、すべての製品機能のうち有用な製品機能のサブセットを制限付きで提供するものや、定期的に表示される広告をユーザーがクリックすることで制限なしで機能を使用できるものがあります。 SaaSプロバイダーは、フリーミアム・ユーザーが最終的に有料バージョンのソフトウェアに移行することを期待しています。

月額または年額の段階的サブスクリプション価格設定

中小企業の場合、SaaS製品は通常、機能セットまたは使用レベルに基づいた価格設定の「階層」を提供します。 例えば、あるEメール・マーケティングのSaaSソリューションでは、最大5,000件の連絡先に対応した「標準」階層を月額250米ドルで、最大20,000件の連絡先に対応した「プロ」階層を月額500米ドルで、100,000件の連絡先とランディング・ページの設計およびホスティングに対応した「ビジネス」階層を月額600米ドルで提供します。 また、非常に大規模な企業向けのSaaSベンダーは、よりきめ細かい機能の選択、優先サポート、特別なSLA条件、さらには交渉可能な価格設定などを可能にする「エンタープライズ」階層を提供します。

階層型の価格設定により、顧客は機能のニーズと予算に合わせて最適なプランを選択でき、次の階層に進むのと同じくらい容易に拡張性を実現できます。 ほとんどの階層型サブスクリプションの価格設定では、1年分の料金を一括で支払う顧客には割引が適用され、サブスクリプションの途中で階層を変更する顧客には日割での価格調整が行われます。 


SaaSのメリット

SaaSのメリットと利点は、従来のソフトウェア(オンプレミスのインフラストラクチャーにインストールされて管理されるソフトウェア)と比較することで最もよく理解できます。

  • SaaSは、より迅速に(場合によっては瞬時に)導入とメリットを実現します。 顧客は、最小限の初期コスト(基本的には初月のサブスクリプション・コスト)で、SaaSアプリケーションをすぐに(場合によっては数分で)購入して使用を開始できます。 従来のソフトウェアでは、サーバーの購入とプロビジョニング、すべてのエンド・ユーザー・デバイスへのソフトウェアのインストール、ユーザーごとのフルライセンスの予算編成と購入が必要でしたが、
  • SaaSでは、新しい機能やバージョンが利用可能になり次第、それらにアクセスできるようになります。 SaaSプロバイダーは、多くの場合、顧客が気付かないうちに機能をアップグレードしたり、週に何度も機能を追加したりしています。また、顧客の作業を中断することなく、インターフェースやユーザー・エクスペリエンスをアップグレードすることもあります。 従来のオンプレミス・ソフトウェアでは、多くの場合、定期的なアップグレードには非常にコストがかかり、顧客は新規バージョンの機能を利用するために数カ月待たされる(一部のアップグレードを完全にスキップすることを選択しない場合)こともありましたが、
  • SaaSは、コスト効率に優れたオンデマンドの拡張性を実現できます。 顧客は、階層をアップグレードまたはダウングレードするか、容量を追加購入するだけで、必要に応じてSaaSアプリケーションを拡張または縮小できます。 従来のソフトウェアでは、使用量の増加を見越して追加容量を購入する必要がありましたが、その容量は実際に必要になるまでは使用されず無駄になっていました。
  • SaaSでは、コストを予測できるようになり、オーバーヘッドを大幅に削減できます。 SaaSでは、ソフトウェアを実行するためのインフラストラクチャー、定期的なソフトウェアのアップグレードとそれらをサポートするためのインフラストラクチャー、そしておそらく最も重要な点として、ソフトウェアのインストール、アップグレード、保守のための社内ITスタッフを確保するための予算は必要ありません。 ほとんどの費用を、ソフトウェアの使用に直接費やすことができます。

潜在的な課題

これらの利点がある一方で、SaaSには、顧客、特に企業の顧客が知っておく必要のある潜在的なリスクと課題もあります。

SaaSアプリは、ユーザーが使い始めるのが非常に簡単であるため、ITスタッフの知らないうちに組織内で増殖する可能性があります。 この現象は「シャドーIT」と呼ばれ、セキュリティー・リスクを引き起こす可能性があります。 基本的なレベルでは、ITスタッフは、ユーザーが使用しているソフトウェアを把握していなければソフトウェアの安全性を確保できません。 シャドーITは、同じパスワードをより多くのアプリケーションで使用するなど、セキュリティーに関する既存の悪い習慣をさらに悪化させ、その結果、攻撃者に対する組織全体の脆弱性が高まる可能性があります。

もう1つの潜在的なリスクは、ベンダー・ロックインです。つまり、現在のベンダーのアプリケーションが顧客のパフォーマンス、機能、あるいはビジネスの要件を満たさなくなった場合に、別のSaaSベンダーへの移行が困難になることです。 例えば、SaaSアプリケーションが独自のビジネス・ロジックや独自のテクノロジー・スタックに依存している場合に、重大なトレードオフを行わずにそのSaaSアプリケーションから別のSaaSアプリケーションに移行することが困難であったり、不可能であったりすることがあり得ます。


SaaSとPaaSとIaaS

SaaS、PaaS、およびIaaSは、クラウド・サービス・プロバイダーが提供する3つの主要な「as a service」コンピューティング・モデルです。 それぞれが異なる種類のクラウド・コンピューティングの顧客を対象とし、異なる程度のIT管理をクラウド・サービス・プロバイダーに委託します。

SaaS は、上記で詳しく説明したように、インターネット接続を介してクラウドでホストされる既製のソフトウェア・アプリケーションを購入して使用したい顧客向けです。 SaaSは、すべてのソフトウェア開発とインフラストラクチャー管理をクラウド・サービス・プロバイダーに委託します。

PaaS(Platform as a Service)は、独自のアプリケーションを開発したい顧客に対して、完全に管理されたクラウド・ホスト・プラットフォーム(ハードウェア、ソフトウェア、開発ツール、インフラストラクチャー)をインターネット接続を介して提供します。 PaaS を使用すると、ソフトウェア開発チームは、オンプレミスで独自の プラットフォームを構築して管理する必要がある場合よりも、迅速かつ低コストでアプリケーションを構築、テスト、デプロイ、実行、更新、および拡張できます。

IaaS(infrastructure-as-a-service)は、クラウド・ホストのコンピューティング、ネットワーク、ストレージの各リソースへのオンデマンド・アクセスを従量制で提供します。 IaaSは、社内でアプリケーションやプラットフォームを管理したいが、必要に応じてインフラストラクチャー・リソースの拡張や縮小を行いたい顧客を対象としています。オンプレミスのデータセンターを構築して管理するための高額なコストを支払う代わりに、大幅に変動するワークロードや急増するワークロードに対応できる容量を確保します。 

IaaSとPaaSとSaaSの違いの詳細はこちら

関連ソリューション

参考情報