ホーム topics 仮想サーバー 仮想サーバーとは
IBMの仮想サーバーはこちら クラウド関連の最新情報を購読する
コンピューターのモニター、サーバー、雲、ドットの絵文字のコラージュの図
仮想サーバーとは

仮想サーバーはソフトウェア対応サーバーの一種で、物理サーバー(ホストまたはベアメタル・サーバーと呼ばれることが多い)をさらに小さな自己完結型のセグメントに分割して作成されます。仮想サーバーはどのようなタイプのサーバーでも機能を複製できると同時に、他のタイプの仮想サーバーとリソースを共有できます。

サーバー需要の増加、クラウド・コンピューティングの台頭、より環境に優しいリソース・ソリューションに向けた推進の高まりから、仮想サーバーは現代のサーバー・ホスティングとデータセンターの定番となりました。従来のサーバーは、あらゆるワークロードを処理するためだけの物理ハードウェアを必要とし、アイドル状態でもスペース、電力、リソースを消費します。しかし仮想サーバーを使用すると、1つのハードウェアで複数サーバーをホストできるため、リソースが最適化され、経費が削減されます。

戦略的なアプリのモダナイゼーションがデジタル・トランスフォーメーションを推進

戦略的アプリケーションのモダナイゼーションは、年間収益を増加させ、メンテナンス・コストとランニング・コストを削減できる変革成功への鍵の一つです。

関連コンテンツ

ハイブリッドクラウドのためのガイドに登録する

仮想サーバーの仕組み

仮想サーバーは、物理ハードウェアと複数の固有仮想環境の間でレイヤーのように機能する、ハイパーバイザーという仮想化ソフトウェアを使って実現されます。それぞれの仮想環境は、独自のオペレーティング・システム(Microsoft Windows、Linux®、Ubuntuなど)を実行できます。ハイパーバイザーは各サーバーを分離して物理サーバーとしてリソースを管理することで、サーバーを仮想化できるようにします。時にはロード・バランサーとして機能し、コンピューティング・リソースを再配分して効率的な運用を促進します。

仮想サーバーのメリット

仮想サーバーには、従来の物理サーバーに比べてさまざまなメリットをもたらす便利なユースケースが多数あります。

コストを削減

サーバーを仮想化することで、組織はアプリケーションごとのスタンドアローン・サーバーへの投資に伴って発生するコストから解放されます。これにより、ハードウェアのコストだけでなく電力、冷却、データセンターの保守コストも節約されます。

拡張性

仮想サーバーは、簡単に拡張できて柔軟な選択肢を探しているスタートアップなどの組織にとって優れたソリューションです。仮想サーバーは単純なメール・サーバーから何百万ものウェブ・アプリケーションを処理できる高性能ウェブ・サーバーまで、さまざまな用途に利用および再利用できます。

キャパシティーの増加

運用に用いる仮想サーバーは1台に限られることがないので、サーバー容量の増加に活用できます。仮想化するとネットワークに接続された各サーバーの小規模セクションにワークロードを分散できるため、組織で利用できる処理能力を大幅に向上させることが可能です。

カーボンフットプリントの削減

仮想化は、物理サーバーを複数使用するより環境に優しい代替手段です。これは1台の物理サーバーで、より効率的にリソースを活用できる仮想サーバーを複数稼働でき、必要な物理フットプリントが小さくなり、冷却に伴う排出量も少なくなるためです。

瞬時のプロビジョニング

専用ベアメタル・サーバーの設置は、ハードウェア入手の可能性とコンポーネントの組み立てによっては時間がかかる場合がありますが、仮想サーバーはオンデマンドで数分のうちにデプロイできるため、ダウンタイムが減少します。

災害復旧の改善

仮想化により複数のセンター間でデータのバックアップと複製がしやすくなるので、災害復旧(DR)の専門家は予期せぬ重大な障害をより簡単に評価し、修復できるようになります。仮想化にはサービスを中断せずにワークロードを仮想環境間で容易に移動できるライブ・マイグレーションなどの機能があるので、事業継続性の保護、サイバー脅威(DDoS攻撃)の防御にも役立ちます。

仮想サーバーの課題

一般に、サーバーを仮想化することのメリットはデメリットをはるかに上回ります。これは仮想サーバーに関連する課題がまったくないということではありません。最も一般的なものはリソースの占有です。仮想サーバーは基盤となる物理マシンの処理能力に依存しているため、1台のベアメタル・サーバーまたはサーバー・ネットワーク上で稼働する仮想サーバーが多すぎると、パフォーマンスが低下するおそれがあります。物理サーバーの容量はホストしている仮想サーバーの容量を示していますが、重いワークロードを別の物理サーバーに移すか仮想プライベート・サーバーを介すことで、サーバーの混雑は簡単に解決できます。

仮想プライベート・サーバーとウェブ・ホスティング

仮想プライベート・サーバー(VPS)はホスティング・サービス・プロバイダーから提供される仮想サーバーの一種で、物理マシンが持つCPU帯域幅のうち一定量を特定の仮想サーバー専用にすることを保証します。クラウド・サービス・プロバイダーは通常、企業が実際の物理マシンを購入しなくても専用物理サーバーのメリットを享受できる方法として、仮想プライベート・サーバーをさまざまな価格帯で提供しています。仮想化を最大限に最適化することで、組織はロード・バランサー、SSL証明書、ファイアウォールなどの機能を使って仮想プライベート・サーバーをカスタマイズできます。

仮想サーバーと仮想マシンの違い

仮想サーバーと仮想マシン(VM)は、どちらも仮想化とハイパーバイザーを利用してパーティション分割された独自の仮想環境を作り出しますが、この2つには大きな違いがあります。

すでに述べたように、仮想サーバーはとりわけウェブ・サーバー、ドメイン名サーバー、プロキシ・サーバー、アプリケーション・サーバーといったアプリケーション用の物理ベアメタル・サーバーを複製するために使われます。一方、仮想マシンは物理コンピューターの仮想表現を作成するために使われます。クラウド環境のプロバイダーは通常、基盤となるハードウェアの機能を模倣し、同時に仮想マシンをホスト・コンピューターから分離する仮想デスクトップを提供します。

仮想マシンはホストから分離されているため、ホスト・コンピューターで稼働中のオペレーティング・システムに関係なく独自のオペレーティング・システムを実行することも可能です。このため、仮想マシンは異なるタイプのオペレーティング・システムでアプリをテストするのに便利なツールです。さらに仮想マシンをより大規模なネットワーク・エコシステムから隔離できるので、ある程度の保護を実現し、機密性の高いサイバーセキュリティー・インシデントから守ります。

関連ソリューション
IBM Power Virtual Server

IBM® Power Virtual Serversは、IBMクラウド・サービスにアクセスできる、構成可能なマルチテナントの仮想IBM Powerサーバーです。

Power Virtual Serverの詳細はこちら

IBM PowerVM

IBM® PowerVMソフトウェアは、IBM Powerサーバー上でAIX®IBM i、およびLinuxの仮想マシンを実行できる仮想化環境です。企業は複数のワークロードをより少数のシステムに統合し、サーバーの使用率を高め、コストを削減するために、サーバーの仮想化に目を向けています。PowerVMは、IBM Power各システムのプラットフォームが備える高度なRAS機能と優れたパフォーマンスに基づいて、お客様のアプリケーションにセキュアでスケーラブルなサーバー仮想化環境を提供します。

PowerVMの詳細はこちら

IBM Cloud Satellite

より速く、安全に、どこからでも構築。 あらゆるクラウド・ベンダーのオンプレミス、エッジコンピューティング、パブリッククラウドの環境に一貫してアプリケーションを導入し、実行できます。

IBM Cloud Satelliteはこちら
参考情報 IBM Power Virtual Serverのデモを見る

このデモ動画では、仮想マシンをデプロイし、プロビジョニングされたすべてのリソースを監視する方法について学べます。

Iptor Sweden AB社

Iptor社は、IBM Power Virtual Serverを活用して、リモートワーカー向けのERPをサポートしています。

IBM PowerVMを利用した仮想化の概要

Power システム・サーバー上の PowerVM 仮想化テクノロジーの概要を説明します。

仮想マシン(VM)とは

仮想マシンは、物理コンピュータと第1世代のクラウド・コンピューティングのためにコンピュート・ユニットを仮想的に表現したものです。

仮想化とは

仮想化では、1台のコンピューターに備わるハードウェアのリソース(プロセッサー、メモリー、ストレージなど)を、仮想マシン(VM)と呼ばれる複数の仮想コンピューターに分割できます。

仮想プライベート・サーバー(VPS)とは

VPS(仮想プライベート・サーバー)はマルチテナントのクラウド・ホスティング形式であり、ユーザーがクラウドまたはホスティング・プロバイダーを介したインターネット上で、仮想化されたサーバーのリソースを利用できるようにします。

次のステップ

IBM Cloud内のVPSホスティング・ソリューションは、クラウドで管理されるコンピュート・ホスティング・ハードウェア、ソフトウェア統合、およびデータ移行サポートで構成されています。最適なソリューションを構築する多彩な仮想サーバー、ネットワーキングおよびストレージ製品からお選びください。

VPSホスティングはこちら IBM Cloudを無料でお試しください