概要

IBM Spectrum VirtualizeとIBM Spectrum Virtualize for Public Cloudは共に、オンプレミスとクラウド・データセンターの間でのミラーリング、またはクラウド・データセンター間でのミラーリングをサポートします。これらの機能により以下の操作が可能になります。
- オンプレミスとパブリッククラウド・データセンターの間でのデータ移行、またはパブリッククラウド・データセンター間でのデータ移行。オンプレミス・ストレージとパブリッククラウドの間で、一貫性のあるデータ管理ができます。
- オンプレミスとパブリッククラウド・データセンターの間での災害復旧ストラテジーの実装。
- オンプレミス・ソースからデータを容易に複製できるクラウド・ベースのDevOpsの実現。
- S3への「エア・ギャップ」スナップショットを使用し、AWS上のコピーを用いてサイバー・レジリエンシーを向上。

メリット

マルチクラウド・データのモビリティー

オンプレミス・ソフトウェアと連携することで、500を超えるサポート対象ストレージ・システムのデータを複製または移行することができ、新たに多額の投資をしなくてもハイブリッドクラウドの機能を追加できるようになります。

クラウドのために設計されたデプロイメント

IBM Cloudでサーバーとブロック・ストレージを選択するか、AWS Marketplaceを通じて、AWSデータセンターのEBSストレージを用いてEC2インスタンス上に展開します。テスト済みの青写真を使用して、迅速に展開できます。

柔軟な月額料金体系

ソフトウェアに関する柔軟な月額料金体系により、パブリッククラウド上で管理するストレージ容量分のみ支払います。

パブリッククラウド上でのエンタープライズ・クラスのDR

同期または非同期のIPベースのネイティブな複製を使用し、可用性とパフォーマンスを高めるために複数ノード構成を用いて、AWSおよびIBM Cloudにデータをミラーリングします。追加のアプライアンスは必要ありません。

IBM Spectrum Virtualize for Public Cloudの主要な機能

  • 実証済みのソリューション
  • ハイブリッドクラウド移行と災害復旧
  • 既に所有しているストレージのためのマルチクラウド機能
  • 一貫性のある管理
  • 充実した機能
  • 簡単な導入
  • 包括的なエコシステム
  • パブリッククラウドへのエンタープライズ・クラスの災害復旧の導入