仕事をもっと簡単に

チームでの業務をシンプルかつ効率的に進めましょう

IBM ConnectionsとVerse はチャット、Web会議、ファイル共有、社内SNSなどのコラボレーション・ツールと、E メールおよびカレンダーを単一プラットフォームで提供します。ブラウザーから利用でき、操作性はシンプルです。また、ソーシャル分析により、重要な情報や関係者へのアクセスや仕事の優先順位付けが容易になり、仕事がはかどります。さらに、モバイル・アプリを導入することで、スマートフォンやタブレット端末で、いつでもどこからでもチームでの業務に参加できます。ぜひ Connections and Verse をご体験ください。


評価版を使ってみる

メール

新たな働き方を見つけましょう

IBM Verse は、業務に優先順位を付け、ユーザーの働き方に適したワーク・エクスペリエンスを提供し、チームでのコラボレーションを強化します。これにより、ユーザーは、より重要な業務に注力できます。

会議

どこでも誰とでも会議できる

Web会議では、デスクトップ、ノート PC、タブレット、スマートフォンから高解像度のビデオと音声、文書、アプリケーション、画面を共有できます。

チャット

すぐにコミュニケーションできる

インスタント・メッセージ(チャット)、オンライン在席表示、コミュニティー・コラボレーション機能を利用して、関係者に素早く連絡できます。

ソーシャル

オープン・イノベーションを推進

ダッシュボード、プロファイル、ファイル、アクティビティー、コミュニティーなどの機能をフル装備したコラボレーション・ツールを使えば、ファイアウォールを越えて素早く簡単にコラボレーションできます。

ファイル

ファイルの共有と同期

高セキュリティーのクラウド環境で、特定の E メール・アドレスやネットワーク内のユーザーとのファイル共有が可能です。ファイルへのアクセス権限を適切に管理できます。デスクトップやモバイル端末から、常に最新バージョンのファイルにアクセスできます。

文書

リアルタイムに共同で編集

複数メンバーで文書を同時に編集できるため、チームによる文書作成が効率的になります。

モバイル

モバイル・アプリケーション

統合モバイル・アプリケーションを使用すれば、外出先からスマートフォンやタブレットで、会議への出席、メールやインスタント・メッセージの使用、ファイルの共有や編集ができます。

アーカイブ

コンプライアンスと電子証拠開示

クラウド・ベースのアーカイブ機能により、確実に、電子メールをアーカイブしてコンプライアンスと電子証拠開示に利用できます。

カスタマイズ

ビジネスに合わせてカスタマイズ

Social Business Toolkit を使用すると、ビジネス要件に基づいてソーシャル・ビジネス機能を簡単に拡張できます。

それぞれの立場から、新しい方法を経験してみましょう

マーケティング
お客様サービス
情報技術
オペレーション
人事

お勧めする理由

マーケティング担当者はコンテンツの共有、会議でのレビュー、およびモバイルによる外出先での作業が必要です。Connections and Verse を使用すれば、さまざまなチームが結集して、市場展開戦略の策定、計画の文書化、およびコンテンツの開発を行えるようになります。エディトリアル・カレンダーやイベント・カレンダーを作成し、組織全体、あるいは全世界とコミュニケーションしましょう。

お客様サービスの担当者は、IBM Connections and Verse を活用して、部門全体、さらには企業全体をリアルタイムで一体化させることができます。さまざまな経験やベスト・プラクティスをオンラインまたはオフラインで共有しましょう。お客様サービスのさらなる向上に向けて、コミュニティーで情報共有を進めましょう。

IT 部門は、IBM Connections and Verse を使用して、シンプルかつ安全なビジネス・ツールを組織全体が使用できるようにし、より速くビジネス成果を上げられるようにします。Software as a Service (SaaS) として提供されるConnections and Verseのパワーを生かして、総所有コストを減らし、ROI を迅速に達成しましょう。

業務オペレーションのリーダーは、IBM Connections and Verse を活用することで、プロセスのサポート、管理の実施、組織全体の効率向上を実現できます。直感的に使用できるプラットフォームによって仕事がしやすくなり、お客様へのサービス品質が向上します。組み込まれているカレンダー、イベント、およびアクティビティー追跡機能により、プロジェクトをより円滑かつスピーディーに遂行できます。

人事のリーダーは、シンプルかつ統一されたプラットフォームを組織全体で活用させることで、社員とビジネスの成長を支援できます。統合されたファイル、Web会議、チャット、プロファイル、E メールといったビジネス・サービスによって、社員が同僚にすぐにアクセスできるようになり、集合体としての信頼性が高まります。