2017年2月5日

TEC-Jとは?|後編

著者:佐貫 俊幸 IBM Distinguished Engineer, Technical Strategy、 IBM Research & Development – Japan, Member of IBM […]

さらに読む

2017年1月26日

人工知能で思い通りに動く「筋電義手」 ――軽量で低コスト、人間の脳と機械の融合でバリアフリー実現へ

「筋電義手」という言葉をご存じだろうか。 事故で腕を失ったり、生まれながらに腕が欠損していたりする人たちでも、これを装着すると、自分の意志で手首や指を本当の手のように動かすことができる。筋肉が発する微弱な電気信号をセンサ […]

さらに読む

2017年1月5日

宇宙で太陽光発電を行い、マイクロ波で地球に送る ――京大・篠原教授が挑むワイヤレス給電の近未来

人類が1万年、10万年先も生き延びるために、夜の来ない宇宙で天候や昼夜に左右されず太陽光発電をする――そんな壮大な計画に挑戦している学者がいる。京都大学生存圏研究所の教授で、経済産業省委託事業太陽光発電無線送受電技術委員 […]

さらに読む

2016年11月15日

近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは

人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法の開発が、世界の注目を集めている。 「近赤外光線免疫治療法」と言い、米国立がん研究所(NCI:National Cancer Institute)の小林久隆・ […]

さらに読む

2016年3月17日

尿1滴で、線虫が早期がんを嗅ぎ分ける! ――95.8%という驚きの高感度

がんは1981年以降35年もの間、日本人の死因第1位。生涯に2人に1人ががんを経験し、3人に1人ががんで命を落とす。 いまこうした状況に変革が起ころうとしている。 九州大学大学院生物科学部門の廣津崇亮助教らの研究グループ […]

さらに読む

2015年3月26日

原料は樹木!鋼鉄の5倍も強くて軽い注目の“万能材料”――車のボディから住宅、家電製品まで、木材で作る時代がやって来る(後編)

日本は世界でも類いまれなる森林大国だ。四季に恵まれ、夏は高温多湿な風土で樹木がよく育つ。その自然を利用した林業は、かつて日本の代表的産業だったが、戦後は安い輸入材に押され、国産材による供給率が少なくなった。それでも、国土 […]

さらに読む

2015年3月24日

原料は樹木!鋼鉄の5倍も強くて軽い注目の“万能材料”――車のボディから住宅、家電製品まで、木材で作る時代がやって来る(前編)

日本は世界でも類いまれなる森林大国だ。四季に恵まれ、夏は高温多湿な風土で樹木がよく育つ。その自然を利用した林業は、かつて日本の代表的産業だったが、戦後は安い輸入材に押され、国産材による供給率が少なくなった。それでも、国土 […]

さらに読む

2014年10月9日

未来からきた男が欲しがったコンピューター。世界初の商用デスクトップパソコン「IBM5100」の秘密

目次 未来からきた男の使命 一世を風靡した「IBM PC」の母 大ヒットを記録した科学アドベンチャーゲームにも 未来からきた男の使命 ジョン・タイターという人物をご存じですか? 2000年11月、米国の大手電子掲示板に突 […]

さらに読む

2013年11月12日

急げ、南鳥島沖のレアアース開発――中国鉱山の30倍の高濃度、埋蔵量は日本の年間需要の300年分以上(後編)

レアアース(希土類)はハイブリッド車、電気自動車、スマートフォン、LED照明、センサーなど日本が誇るハイテク製品に不可欠な鉱物資源である。2010年9月に尖閣諸島沖で中国漁船衝突事件が起きた際、世界の生産量の90%以上を […]

さらに読む