MaaS

Mobility as a Service

個人と地域のウェルビーイングを織り合わせていく | 在りたい未来を支援するITとは? シリーズ4 | 自動車とモビリティの未来

「在りたい未来を支援するITとは? シリーズ4」では、2020年10月に開催された「一般社団法人経営研究所(以下、経営研究所)」主催の「自動車とモビリティの未来を考える研究会​」から、「IoT/AI 技術の活用。つながる […]

さらに読む

AIとエッジが変革する移動体験と都市空間 | 在りたい未来を支援するITとは? シリーズ4 | 自動車とモビリティと都市の未来

「在りたい未来を支援するITとは? シリーズ4」では、2020年10月に開催された「一般社団法人経営研究所(以下、経営研究所)」主催の「自動車とモビリティの未来を考える研究会​」から、「IoT/AI 技術の活用。つながる […]

さらに読む

モビリティ分野におけるIBMの取組み | 在りたい未来を支援するITとは? シリーズ4 | 自動車とモビリティと都市の未来

2020年10月に開催された「一般社団法人経営研究所(以下、経営研究所)」主催の「自動車とモビリティの未来を考える研究会​」から、招待企業として招かれた日本IBMの「IoT/AI 技術の活用。つながる車とモビリティ・サー […]

さらに読む

進む地方行政DX | サービス・ソリューションプロバイダー マクニカの参入で拡がる範囲と未来

最初は「エッジコンピューティングの観点から共創できないだろうか?」とお話をいただいたんです。でも聞いているうちに「マクニカならもっともっとできますよ」って。  そうなんです。Anastasiaこそ、まさに私たちのR […]

さらに読む

MaaSが実現する「移動体の中でのサービス」

皆さんは、遠方の目的地へと移動する際に、事前に移動のプランを綿密に立案しますか? 移動中に、交通状況や天候が変化した場合には、臨機応変に移動のプランを変更できますか? 滞りなく移動できている場合、移動時間は何をして過ごさ […]

さらに読む

モビリティー・サービスの向上を支えるブロックチェーン

日本では、国土交通省が「MaaS元年」と宣言した2019年6月以降、「MaaS(マース)」の文字を目にする機会が多くなりました。「Mobility as a Service」が正確な記述であるMaaSは、多様な交通手段を […]

さらに読む

2008年の調査『2020年 自動車業界の将来展望』を振り返る

2008年の調査にヒントがあった、テスラの時価総額1,000億ドル突破の衝撃 「衝撃」という言葉で語られることが多い電気自動車メーカーのテスラが、2020年1月22日午前の米株式市場で買われて上場来高値を更新。時価総額は […]

さらに読む

ブランドよりセキュリティーが重視される2030年の自動車業界

今後、10年から20年の間に、自動車業界におけるブランドの価値は失われると予想されています。たとえ、長い歴史を誇るブランドであっても。 48%が「自動車のブランドはそれほど重要ではない」と回答 IBM Institute […]

さらに読む

Automotive 2030:2030年 自動車業界の将来展望

自動車業界の今後の方向性を表す「CASE」という言葉をご存知でしょうか。CASEは、Connected(コネクテッド。ネットワークに常時接続する「つながるクルマ」)、Autonomous(自動運転)、Shared &am […]

さらに読む

一世紀以上の歴史を持つイタリアの鉄道のスマート・モビリティーを推進するアプリケーション

イタリアの鉄道会社グループであるフェッロヴィーエ・デッロ・スタート(以後、FSと記述)は、モビリティー・アプリケーション(交通アプリケーション)を作成するにあたり、多種多様な交通手段を考慮する必要がありました。 「それは […]

さらに読む

スマートな車両の実現に車輪の数は関係なし〜その秘密はクラウドにあり

ハーレーダビッドソンの電動モーターサイクル「LiveWire(ライブワイヤー)」が提供するパワー、航続性能、デジタル性能は、バイカーと報道機関を驚かせています。 ハーレーダビッドソンの電動モーターサイクル愛好家たちは気づ […]

さらに読む

IBMブース@東京モーターショー | 初日会場からのレポート

  本日(10月24日)からスタートした東京モーターショーに、IBMが初参戦しているのはご存知ですか?   AIやIoTは、車や運転に大きな変革をもたらしています。さらに車そのものだけではなく「移動の […]

さらに読む