Cognitive Applications Blog

IoT時代に求められる大量データからの洞察の発見~ナレッジグラフの能力とは

記事をシェアする:

施設内のあちらこちらにセンサーを取り付けて、大量のデータを収集している企業が増えています。しかし、集めた大量のデータから、意味がある洞察を得られていますでしょうか。集めたデータを何らかのアクションにつなげられなければ、データを収集するコストは無駄になります。一方、収集したデータの中から洞察を発見しようとAIを適用したものの、良い結果を得られていないという声も聞かれます。

「大量のデータを集めたが活用できていない」あるいは「AIに期待したが効果はなかった」とお考えの皆様に、IBMが提供するナレッジグラフを紹介いたします。

【ナレッジグラフとは】

IBMが提供するナレッジグラフは大量のデータに対する包括的な視点を提供します。KITT(Keep IoT Trivial)と呼ばれるプラットフォームを提供し、データの構造(例:Location、Asset)と物理的な値(例:温度や圧力)とを関連づけることで、設備や装置に関する視点を提供します。

ナレッジグラフ活用イメージの図

ナレッジグラフの活用イメージ

ナレッジグラフを利用するには、分析対象とするオブジェクト(例:建物や装置)の関係(スキーマ定義)を定義し、そのスキーマ定義に応じたセンサーデータを投入します(※)。

スキーマ定義の図

スキーマ定義

これにより、たとえばセンサーが検出した異常(温度、ガス漏れ)がどの建物やフロアで発生し、建物と建物の間で異常がどのように分布しているかといった視点が得られます。
※たとえば、エッジデバイスに蓄積したデータをIoTプラットフォームに蓄積し、API経由でナレッジグラフにデータを送信します。

【ナレッジグラフの実装例】

東京のある水質管理センターにおいて、施設内の各ポンプにセンサーを装着してデータを収集している、と仮定します。センサーから取得したデータをナレッジグラフに投入したところ、以下のヒートマップが生成されました。

生成されたヒートマップの図

生成されたヒートマップ。【用語定義の抜粋】Gas:ガス漏れ、Teiketsu:締結部、Water:水漏れ、Seal:シール部

図を見ると、設備内のBuilding1でLeaking(漏れ)が発生し、それがTeiketsu(締結部)に関連していることがわかります(左図)。Teiketsu(締結部)をクリックするとガス漏れがB1_1FとB1_3Fで発生しています。フロアやビルをまたがり異常がどこで発生しているかなどの視点を簡単に得ることができます。

同一データを、さらに別の図で表現してみましょう。

異なる視点のナレッジグラフの図

異なる視点のナレッジグラフ

大量のセンサーデータが点で表され、データとデータのつながりが線で表されています(左図)。良く見ると、中央のデータ集合体から左に飛びしているデータがいくつかあります。これらに焦点を当ててみると(右図)、ガス漏れを示すデータ群であることがわかります。他のデータとの位置関係から、これが大多数のデータと異なる特徴を持つことを理解できます。

収集したデータからどのような洞察を得て、どうアクションにつなげることができるかが重要です。データを分析し、次のアクションにつなげることができなければ、データを収集することに意味はありません。もし、収集したデータからあらたな洞察を得ることができれば、これまでとは違う行動をとることができるはずです。今回ご紹介したIBMのナレッジグラフは、利用者に新たな視点をもたらすことでしょう。

【ユースケース】

最後にナレッジグラフとチャットボットとを連携させたユースケースをご紹介します。

ここ最近、産業用ポンプが各ビルやフロアでガス漏れをおこしていました。ナレッジグラフはそのことを知っています。ナレッジグラフとチャットボットを利用することで、同じ産業用ポンプを点検する保守作業員に、同型のポンプが他のフロアで事故を起こしていたことを通知し、念のため点検するよう注意を喚起できます。

産業用ポンプを点検する保守作業員にチャットボットが注意喚起をしている様子

保守作業員にチャットボットが注意喚起

これまでご紹介してきたナレッジグラフは、IBM Equipment Maintenance AssistantTRIRIGA Building Insightsに含まれており、SaaSで提供されます。

ナレッジグラフの機能を有効活用するには、企業が管理する施設や装置についての適切なスキーマ定義が必要です。IBMは、お客様の運用保守業務やお客様の設備資産の構造を理解し、適切なナレッジグラフの運用をご支援するプロフェッショナルなサービスをご提供することができます。


 

問い合わせ情報

お問い合わせやご相談は、Congitive Applications事業 にご連絡ください。

 


More Cognitive Applications Blog stories

進む地方行政DX | 循環型経済と脱炭素社会の実現をマクニカのEMSで

Cognitive Applications Blog

  循環型経済(サーキュラーエコノミー)と脱炭素社会(カーボンニュートラル)。政府が掲げているこの2つの目標を耳にしない日はもはや珍しい。 だが多くの人が、この2つを「自分とは距離のあるもの」と捉えているのでは ...続きを読む


関 敦之 新事業部長よりお客様へ | コグニティブ・アプリケーション事業部

Cognitive Applications Blog

  2021年7月、コグニティブ・アプリケーション事業部のリーダー変更がアナウンスされた。 新たな事業部長となった関 敦之に、現在の心境とこれからの方針、そしてお客様に伝えたいメッセージについて話を伺った。 関 ...続きを読む


プログラミングなしでAI画像検査を | 動画デモあり

Cognitive Applications Blog

  5月に開催され、630人以上の方にご登録いただいた「IBM Cloud Festa Online 2021」。 20を超えるセッションの中から、現在、AI技術の中でも最も実効性が高く、業務の省力化を強力に進 ...続きを読む