Cognitive Applications Blog

3月7日「AIで進化するIoT」セミナーレポート

記事をシェアする:

 

3月7日に開催された、名古屋 JPホールに約100名が集ったセミナー「AIで進化するIoT – ものづくりとデータ活用ビジネス」。
当日の様子を、いくつかのセッションをピックアップし、骨子やキーフレーズをダイジェストでお伝えします。

なお、3月14日(木)には東京都中央区の野村コンファレンスプラザ日本橋にて、同テーマのセミナーが行われます。

3月14日開催  AIで進化するIoT – ものづくりとデータ活用ビジネス

 


■ オープニング・スピーチ | Watson IoT事業部長 村澤 賢一

IoT(インターネット・オブ・シングス)は今、概念/技術検証(PoC)を行って自社における有用性を確かめるというフェーズから、日々の業務というビジネスへの落とし込みのフェーズへと変化している。

Watson IoT事業部は、ビジネスにおけるシステム、データ、人、プロセスとIoTの一体化/最適化を進め「競争優位の源泉」を生みだそうとしているお客さまを、これまで以上にパワフルに支援し続けていきたい。

村澤 賢一講演写真

クリックで別画面全面表示

 


■ スマートファクトリーの現状と次世代に向けた構想 | グローバルビジネスサービス事業 富田 祐司

製造業コンサルタントとしての豊富な経験をベースに、スマートファクトリーでできるようになること/なったことを、7つの観点から個別に解説。

富田 祐司講演スライドの写真

クリックで別画面全面表示 

さらに「チョコ停対策のヒント」と称して、MES(製造実行システム)導入時の抜け漏れ発生対策のコツなどが紹介された。

 


■ Watson IoTアップデート | Watson IoT事業 磯部 博史

急速に成長するIoTの国内市場規模は、2025年に11.7兆円に達すると予想されています。
2018年には多くの企業がIoTの本番稼働を開始し、新しい協業の枠組みやサービスも多く発表されました。
一方で「PoC貧乏」という言葉にみられるように、本番導入に至らないケースが多いのも事実です。
PoC(コンセプト・技術検証)だけでなく、同時にPoB(ビジネス検証)も実施すること、またアジャイルで小さく本番導入をスタートし、徐々にその対象を広げていくことが成功のポイントだと考えます。

Watson IoTのソリューションは、「Watson IoT プラットフォーム」をベースに「製造」「モノづくり」「モビリティ」「施設」という4つの軸でAIによる高度解析ソリューションをラインナップしています。
どれも、IBMの業界に特化した知見をベースに構築されており、「使うAI」と「作るAI」を組み込んだソリューションです。

また、IoTとAIによる顧客価値の向上は、1社では実現できません。Watson IoTは、エコパートナーとの共創に力を入れています。
IoTを活用した新サービスの確立を目指すお客さまと共にB2B2Xという共創モデルを推進していきます。

磯部 博史講演写真

クリックで別画面全面表示

 


■ 分科会#1 : スマートファクトリー デジタル匠 AIによる匠の技術継承 | 村田 大寛

村田 大寛講演写真

クリックで別画面全面表示

熟練技術者の高齢化と人手不足により、各技術者が持つ「ノウハウ」の社内共有が喫緊の課題となっています。
この課題に対応するソリューションとして、機器のマニュアルや過去の作業報告といった文書類をAIに学習させ、自然言語を解析して、音声でガイダンスする技術を解説しました。
また、画像解析や音声解析、異常発生の早期検出アルゴリズムを活用して、匠の五感を継承する方法を紹介しました。

 

■ 分科会#2 : スマートファクトリー 製造プロセス変革 AIによる製造プロセス最適化 | イ ヘリン

イ ヘリン講演写真

クリックで別画面全面表示

製造業におけるロスは、年間5兆ドルとも言われています。この製造ロスを最小化するために、AIの活用に期待が集まっていますが、製造業の業務を理解したAI開発者は不足しているのが現場です。
このセッションでは、総合設備効率(OEE)に注目して製造プロセスを最適化することを目指して、現場リーダーと開発者が連携しながらAIを開発できる基盤と、ゼロからAIを開発するのではなく、IBMの製造業向けの知見を取り入れた分析テンプレート・モデルを活用するソリューションを解説しました。

 

■ 分科会#3 : データ活用ビジネス モビリティサービス 走行ビッグデータ解析が創る新サービス | 徳島 洋

徳島 洋講演写真

クリックで別画面全面表示

IoTで収集されるデータのパターンが増える一方で、それをどのように活用すればいいか?に悩んでいるかたは多いのではないでしょうか。
このセッションでは、期待が高まるモビリティデータを例に、テレマティクス 保険といった実ビジネスでの活用事例やユースケースをご紹介するとともに、走行ビッグデータを解析するための基盤ソリューションについて解説しました。

 

■ 分科会#4 : モノづくり CASEをリードする車づくりの基盤 | 藤巻 智彦

藤巻 智彦講演写真

クリックで別画面全面表示

CASEの広がりによって、車づくりの現場では、自動運転を実現するためのソフトウェアの割合が増加しています。またガソリン・ハイブリッド・EVなどの機能パターンが広がる一方で燃費や排出ガスに関する規制に対応するなど、開発における複雑さは増大しています。複雑さに対応するためのキーワードとして「モデルベース開発/MBSE」「デジタルツイン 」「DevOps」「AIによる要求品質の向上」をあげ、それを実現する設計・開発基盤である、IBM Engineeringソリューションを紹介しました。

 


 

 

問い合わせ情報

お問い合わせやご相談は、Congitive Applications事業 にご連絡ください。

 

More Cognitive Applications Blog stories

[事例] E.&J.ガロワイナリー | 最重要資源「水」の問題解決を目指して

Cognitive Applications Blog

E.&J.ガロワイナリーは、AIと詳細気象データを用いて、ブドウの品質を向上させるインテリジェントな灌漑システムを開発し。25%の水使用量の削減とワインの品質向上を実現しました。   背景とビジネジチャ ...続きを読む


Yara International ASA | 食糧問題の解決を目指して

Cognitive Applications Blog

Yara International ASA 食糧問題の解決を目指して   世界中でバーチャル化が加速する革新の時代において、エコシステム、デジタル・ワークフロー、企業のネットワーク化がもたらす影響力は、かつて ...続きを読む


相手に喜んでもらえることが私の喜びなんです | チームメンバー・インタビュー #41 山添 守 セールス, Cognitive Applications

Cognitive Applications Blog

  チームメンバー・インタビュー #41 山添 守 セールス, Cognitive Applications   Cognitive Applicationsチームのメンバーが、テクノロジーと自分自身 ...続きを読む