IBM Data and AI

データ活用のはじめの一歩を無償でサポート Data & AI On-boarding Program

記事をシェアする:

データ活用の立ち上げを支援するプログラムが始まります

データ活用を始めたいと思っても、”分析スキルのある経験者がいない” “どんなツールが必要かわからない” “どの業務を対象にすれば効果がでるのか判断できない”等々のハードルがあり、なかなか踏み出せないという企業も多いのではないでしょうか。そのようなお客様にスムーズにスタートを切っていただくために、IBMでは無償*のサポートプログラム「データ & AI オンボーディング・プログラム」をご提供します。

「データ & AI オンボーディング・プログラム」とは

IBMグローバルで認定されたアーキテクト/エンジニアが、ヒアリング・ワークショップを通じてデータ活用のゴールとユースケースの策定をお客様と一緒に行い、データ活用のはじめの一歩を踏み出していただくご支援をします。IBMが伴走しながらデータ分析プロジェクトの一連の流れを実施することで、お客様にプロジェクトの進め方を体感いただき、次の自走フェーズへとスムーズに進んでいただくことが可能になります。

プログラム内容

具体的には1-2ヶ月の期間をかけて、以下のようなステップで実施します。

  1. プロジェクトスコープの決定

    ヒアリングやワークショップを通して、対象業務(ユースケース)を絞り込みます。
    お客様のビジネス課題を理解した上で、IBMの持つ業界別のユースケース、デモアセットなども参考にしながら、候補となるユースケースの洗い出しを行います。そして、お客様の保有データ、AIの適用可能性などをふまえ、ユースケースの優先順位付けを行います。

  2. データ準備と整備

    1.で決めたユースケースを対象に、POC(概念実証)に向けた準備を行います。お客様の保有データを収集し、分析に使える形に整備します。

  3. モデル開発とデプロイ、フィードバック

    2.で準備したデータを使って予測モデルを作成し、ユースケースの妥当性を検証します。また、モデルの精度を向上させるための方針も検討します。

  4.  振り返り

    POCの結果を踏まえ、次のアクションについてディスカッションを行います。

本プログラム活用のポイント

  • データ活用を始める際は、最初に効果の出るプロジェクトからスタートし、実績を作って横展開していくアプローチが効果的です。
  • 継続的に成果を出していくためには、お客様が自走できるよう、内製化の検討も必要になります。

お申し込み・問い合わせ

データ活用のはじめの一歩をスムーズにスタートし、確実な成果につなげていくために、ぜひIBMのデータ & AI オンボーディング・プログラムをご活用ください。

*原則としてデータ分析プラットフォームサービスにはIBM Cloud Pak for Data as a Serviceを使用し、使用料は別途発生いたします


製品・サービス・技術 情報

IBM Cloud Pak for Dataの最新バージョンについては、無料トライアルに登録して詳細をご確認ください。

More IBM Data and AI stories

実践!IBM Cloud Pak for Dataチュートリアル (Multicloud data integration後編)

DataOps, Hybrid Data Management, IBM Cloud Blog...

前編からの続きです。 前編はこちら→ https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/practice-cp4d-04/   3-5. Step 5: Add a Trans ...続きを読む


実践!IBM Cloud Pak for Dataチュートリアル (Multicloud data integration前編)

DataOps, Hybrid Data Management, IBM Cloud Blog...

はじめに   「IBM Cloud Pak for Dataを手軽に試してみたい」という要望にお応えして、クラウド環境で手軽にお試しいただけるチュートリアルが完成しました。チュートリアル全般については こちらの記事  → ...続きを読む


実践!IBM Cloud Pak for Dataチュートリアル (MLOps and trustworthy AI後編)

Data Science and AI, DataOps, IBM Cloud Blog...

  前編からの続きです。 MLOps and trustworthy AI 前編はこちら→https://www.ibm.com/blogs/solutions/jp-ja/practice-cp4d-02/ ...続きを読む