VPSとは
コンピュート ホスティング
Abstract technology motion background with blue lines and glowing points (data) moving along it 4K loopable background. concepts:  data flow, information
VPS(仮想プライベート・サーバー)

VPSとは何であり、クラウド・コンピューティングで一般的な他のホスティング形式とは何が違うのか見ていきましょう。 

注目の製品

IBM Cloud Virtual Servers

ベアメタル・サーバー


VPSとは

VPSまたは仮想プライベート・サーバーは、マルチテナント・クラウド・ホスティングの一形式です。クラウドまたはホスティング・プロバイダーを介して、エンド・ユーザーが内部の仮想化サーバー・リソースをインターネット上で利用できるようにします。

各VPSは複数のVPSを実行するクラウドまたはホスティング・プロバイダーによって運用される物理マシンにインストールされます。 しかし、複数のVPSはハイパーバイザーや基盤となるハードウェアを共有する一方、各VPSは独自のオペレーティング・システム(OS)とアプリケーションを実行し、その独自の機械のリソース(メモリーや計算など)の保持します。

VPSは、マルチテナントの共有ホスティングとシングルテナントの専用ホスティングによって提供されているものの中間にあるレベルのパフォーマンス、柔軟性、およびコントロールを提供します。 マルチテナントVPS配置を「プライベート」と呼ぶ(特にシングルテナントのオプションを利用できる場合)のは、直感に反するかもしれませんが、「VPS」という用語は、従来のホスティング・プロバイダーが共有ホスティング(物理マシンのすべてのハードウェアやソフトウェアのリソースが等しく複数のユーザーに共有されているホスティング・モデル)と区別するために、最も一般的に使用しているものです。

一方で、一部のクラウド・プロバイダー(IBMを含む)は、マルチテナント・クラウド・サーバーを超えるレベルのホスティング分離(およびプライバシー)を提供します。 一般的な2つのモデルには専用ホスト専用インスタンスがあります。 これらのモデルの両方で、エンド・ユーザーは仮想リソースへのアクセス権を手にし、管理されたハイパーバイザーを活用しますが、それは専用のシングルテナント・ハードウェアで行われます。

次のセクションでは、VPS、共有ホスティング、専用ホスティングをより細かく比較していきます。

仮想サーバーの使用事例を検討するとき、プロバイダー間の違いは本当に大きいものです。 従来のホスティング・プロバイダーにとって、VPSは共有された専用のホスティングの間でコスト、柔軟性、拡張性、およびコントロールのバランスがよく取れたもので、e-コマース、中程度または急増するトラフィックを伴うアプリケーション、メール・サーバー、CRMに適しています。

しかし、何よりも、大手のパブリッククラウド・プロバイダーの仮想サーバーは、より耐久力のあり、機能に富んでいます。それらの仮想サーバーは、今日「クラウド」として考えられているものの多くの基盤となるビルディング・ブロックで、より多様な一連のワークロードを処理できます。


共有ホスティングとVPSと専用ホスティング

「テナンシー」の概念に基づいて考えると、共用、VPS、および専用ホスティングの違いは、家の種類の違いだと例えて考えるのが一般的です。

  • 共有ホスティングは、アパートに似ています。そこで、テナントは駐車場、ランドリー・ルーム、プールなどのようなサービスを共用します。
  • 専用ホスティングは、一世帯が住む持ち家に最も似ています。そこでは、財産そのものを含めてすべてが単一の所有者によって所有され、所有者専用のおものとなっています。
  • VPSホスティングは上記の2つの中間にあるものです。長屋またはコンドミニアムに似ています。各居住者は、より多く自身のサービス(ランドリー、駐車場など)を所有していますが、  公園、フィットネスクラブ、その他、より広範な共用の物理インフラストラクチャーを他の居住者と共有しています。

共有ホスティング

共有ホスティングはホスティングの中でも最も基本的で、コスト効率の高い形式です。 共有ホスティングでは、すべてのテナントが単一の物理マシンのリソースを等しく利用できます。 共用ホスティングは、トラフィックや技術的な要件が少なく、パフォーマンスやセキュリティーの要件が限られている、基本的で個人的なWebサイトやWebアプリケーションに適しています。

共有ホスティング・モデルでは、すべてのテナントに決められた量の個人サーバーの容量が割り当てられているため、プロバイダーは、プランの制限を超えたWebサイトの拡張を行うことができません。 それにも関わらず、共用ホスティングは「ノイジー・ネイバー」の影響を最も受けやすいモデルです。「ノイジー・ネイバー」とはアプリケーションが予期せずリソースを規定以上に消費することで、他のテナントのパフォーマンスに関わる問題を引き起こすテナントのことです。 共用ホスティングの詳細情報については「クラウド・ホスティングとは」「Web Hosting: An Introduction」を参照してください。

VPSホスティング

すでに述べたように、VPSホスティングは共有ホスティングのプレミアム・オプションと考えられています。 VPSホスティングでは、共有ホスティングの場合よりも、システムの仕様、ゲスト・オペレーティング・システム、ソフトウェア・スタック全体に対してよりコントロール権を持つエンド・ユーザーが、共有リソースを利用できるようになっています。

VPSホスティングは共有ホスティングと専用ホスティングの中間に存在するものですが、コントロール、価格、シンプル度に関していうと、3つの中で最も拡張性が高いものであり、ほとんどのパブリッククラウド・プロバイダーが提供するVM/仮想サーバーに最も近いモデルであることは、注目にあたいする重要なことです。

専用ホスティング

共有ホスティングやVPSホスティングとは異なり、専用ホスティングはエンド・ユーザーに、特定のサーバーのすべてのハードウェア・リソースへのアクセス権を提供します。 共用ホスティングは、VPSや共有ホスティングと比べて、最大レベルの分離、セキュリティー、パフォーマンス、およびコントロールを提供します。

単一のお客様に割り当てられるハードウェア・リソースのレベルが高いため、専用ホスティングは3つのモデルの中で最も高価なものでもあります。 拡張を行うには、プロバイダーが新しい物理ハードウェア・リソースを設定・プロビジョンする必要があるため、VPSよりも拡張が面倒なものでもあります。

「ベアメタル・サーバー」という言葉は、時々、専用サーバーと同じ意味で使われますが、一般的にベアメタル・ホスティング・オファリングは、(数時間単位ではなく)数分単位でのプロビジョニング、(月単位ではなく)1時間単位での課金、およびグラフィック・プロセッシング・ユニット(GPU)を含むハイエンドのハードウェアの提供など、よりクラウドに近い特徴を提供します。 この2つの選択肢の詳細については『専用サーバーとベア・メタルサーバーの説明』を参照してください。


VPSと専用ホストと専用ホスト・インスタンス

VPSは一般的には、他の仮想マシンと共有される物理的ハードウェアの断片上にある単一の仮想マシンとして理解されます。 専用インスタンスとホストは、仮想マシンをシングルテナントの専用ハードウェアに配置することにより、別次元の分離、コントロール、可視性をVPSホスティングにもたらします。

専用ホストは、物理マシン全体をレンタルし、そのマシン、そのハードウェア、およびそのマシンにインストールされているすべてのソフトウェアに対する持続的なアクセスと制御を維持するものです。 このモデルは、ハードウェアの柔軟性と透明性、ワークロード制御と配置を最大限提供します。また、特定の個人所有のライセンス・ソフトウェアにもいくつかの利点を提供します。

専用インスタンスは、(専用ホストと同じ)シングルテナントの分離機能と、ワークロード配置に対する制御を提供しますが、特定の物理マシンとは結合していません。 つまり、それがインスタンスです。 例えば、専用インスタンスは再起動されると、新しい物理マシンで起動されることもあります。個々のアカウント専用のマシンではありますが、新しいマシン、つまり物理的に異なる場所に配置される可能性があります。

専用ホストと専用インスタンスは、管理オプション、価格モデル、可視性の面でわずかに異なります。 


VPSとIBM Cloud

IBMはあらゆる仮想サーバーのホスティングの選択肢(パブリックのマルチテナント・サーバーならびに専用ホストとインスタンスを含む)を提供します。 仮想サーバーに加えて、IBM Cloudはベアメタル・サーバー管理されたKubernetesサービスPaaS、およびFaaSも提供し、一連の計算モデルを完了させ、あらゆるアプリケーションまたはワークロードをサポートします。

IBMはまた、ネットワーキングストレージ、およびデータベースなどの幅広い支援サービスや、Watsonブロックチェーンのような専門サービスも提供しています。

開始するには、IBM Cloudアカウントを本日作成してください。


関連ソリューション

オーストラリアのVPS

IBM Cloudを利用した、レジリエントかつグローバルな低レイテンシーのネットワークに、VPSをオーストラリアで導入/拡張します。


カナダのVPS

IBM Cloudを利用した、レジリエントかつグローバルな低レイテンシーのネットワークに、VPSをカナダで導入/拡張します。


ドイツのVPS

IBM Cloudを利用した、レジリエントかつグローバルな低レイテンシーのネットワークに、VPSをドイツで導入/拡張します。


インドのVPS

IBM Cloudを利用した、レジリエントかつグローバルな低レイテンシーのネットワークに、VPSをインドで導入/拡張します。


インドネシアのVPS

IBM Cloudを利用した、レジリエントかつグローバルな低レイテンシーのネットワークに、VPSをインドネシアで導入/拡張します。


日本のVPS

IBM Cloudを利用した、レジリエントかつグローバルな低レイテンシーのネットワークに、VPSを日本で導入/拡張します。


マレーシアのVPS

IBM Cloudを利用した、レジリエントかつグローバルな低レイテンシーのネットワークに、VPSをマレーシアで導入/拡張します。


オランダのVPS

IBM Cloudを利用した、レジリエントかつグローバルな低レイテンシーのネットワークに、VPSをオランダで導入/拡張します。


英国のVPS

IBM Cloudを利用した、レジリエントかつグローバルな低レイテンシーのネットワークに、VPSを英国で導入/拡張します。