クラウド・ホスティングとは
クラウド・ホスティングにより、クラウド・リソースと接続された仮想クラウド・サーバーと物理クラウド・サーバーのネットワークとを使用して、アプリケーションとWebサイトにアクセスできるようになります。
IBMのニュースレターを購読する
緑色を背景にした光のネットワーク
クラウド・ホスティングとは

クラウド・ホスティング は、クラウド・リソースを使用して、アプリケーションとWebサイトをアクセス可能にします。 従来型のホスティングとは異なり、各ソリューションの導入先は単一サーバーではありません。 その代わりに、仮想クラウド・サーバーと物理クラウド・サーバーが接続されたネットワークがアプリケーションやWebサイトをホストすることで、柔軟性と拡張性を向上させます。

クラウド・ホスティングの機能
  • アプリケーションとソリューションは、オンプレミスの1台のサーバーではなく、クラウド・ネットワークに導入されます。

  • ユーザーのニーズに合わせてリソースを拡張できます。

  • 使用リソース分のみの料金を支払います。

  • クラウド・ホスティングはSQL(MySQLを含む)データベースやNoSQLデータベースをサポートできます。

  • API、Webポータル、モバイル・アプリケーションを使用してソリューションの自動化と制御が行われます。
クラウド・ホスティングのメリット
  • 柔軟性:従来型のホスティング・サービスは限られた帯域幅を提供します。 クラウド・ホスティングは、トラフィックの急増や季節的な需要に合わせて拡張できます。

  • 従量制課金モデル:ユーザーは、使用したリソースのみに対して月単位または時間単位で支払います。 このセットアップは、従来型のホスティングの定額料金とは異なります。

  • 信頼性:サイトとアプリケーションはサーバーのネットワークでホストされているため、ハードウェア障害によってダウンタイムが発生することがありません。 トラフィックは、安全に分離された別個のネットワーク・インターフェースを移動します。
クラウド・ホスティング・ソリューションを見る
クラウド・ホスティング・ソリューションに求められるもの
  • セキュリティー: お客様は、物理/運用、ネットワーク、システム、アプリケーション、データ・セキュリティーのオプションを用意しているプロバイダーをご検討ください。 機密データを扱う企業は、専用サーバーやその他のオプションを使用してハードウェア・レベルでデータを分離することを検討できます。
     

  • サポート: クラウド・ホスティング・プロバイダーは多くの場合、ツールを提供しています。クラウド・ホスティング環境の管理を支援する専門サービスを提供することもあります。
     

  • パフォーマンス: 遅延が問題になることもあります。 信頼できる堅固なインターネット接続が必要です。

 

クラウド・ホスティングに対するIBMの視点

ITの視点から見ると、変化するビジネス・ニーズに対応した迅速なソリューション導入の柔軟性は、お客様とサービス・プロバイダーの両方にとって重要です。 ITの実装に長い歴史を持つ確立された環境では、既存のインフラストラクチャーや利用できる資金に大きな影響を与えることなく、数週間以内で新しいソリューションを導入するのは容易なことではありません。 クラウド・ホスティングは、ソリューション導入の迅速化のオプションと利点のほか、実装と運用のコスト削減を実現します。

今日の企業は、クラウド・ホスティングの十分な経験を持っており、アプリケーションの従来型の導入方法よりもクラウド・ホスティングを選んでいます。 クラウドに導入する方が迅速であるだけでなく、導入の拡張性、可用性、性能のニーズにも確実に対応できます。

(多くの)クラウド・サービス・プロバイダーは、サービスとサービス・デリバリー・モデルを成熟させていて、より確実にサービス・レベル・アグリーメント(SLA)を提供しています。 クラウド・ホスティング・システムは、シンプルで集中的なITサービスと管理の機能を提供するまでに進化しています。 

集中管理というこのアプローチは、WebでのSLAの自動的な定義、提供、追跡においてサービス・プロバイダーとユーザーの両方を支援します。 大半のクラウド・ホスティング・サービスは、使いやすいWebベースのユーザー・インターフェースで提供され、ソフトウェア、ハードウェア、サービスの要求に即時に対応します。 ソフトウェアとハードウェアの更新も自動的に行えます。 オンライン・ショッピングのように簡単です。

社内とクラウドの両ホスティング・アプローチでは、拡張性、信頼性、高可用性という機能外要件は同じままですが、クラウド・ホスティングは、拡張性、信頼性、可用性を提供するために、より高い信頼度で、はるかに幅広いITリソース・プールを提供します。 

このような要件を個々のソリューション要件に合わせて自動的に調整することもできます。 これは、Software Defined Environment(SDE)を通じて実装されるアプリケーション認識型サービス・プロビジョニングと呼ばれます。 SDEは、アプリケーションのニーズに合わせて計算、ネットワーク、ストレージのリソースのプロビジョンを自動的かつ動的に行います。 効率を最大限に高めてサービスを最適化するため、ユーザーとサービス・プロバイダーの両方にメリットをもたらします。

そのため、クラウド・ホスティングは、今後もあらゆる業種のお客様向けの卓越した導入オプションとなります。 まだ導入されていない場合は、今こそ、戦略的な選択肢として検討し、クラウド・ホスティングを導入するのに最適なタイミングです。

Suj Perepa
IBM、技術理事

関連ソリューション
IBM Cloud Virtual Server for VPC(仮想プライベートクラウド)

最大のネットワークの分離と制御のために迅速に開始できる、高い拡張性を備えたシングルテナントとマルチテナントのコンピュート容量についてご覧ください。

Virtual Servers for VPCの詳細はこちら
IBM Cloud Bare Metal Servers

IBM Cloudベアメタル・サーバーをカスタマイズして仮想プライベートクラウド(VPC)または従来型のインフラストラクチャーに導入できます。 どちらの導入方法も、お客様のシングル・テナント利用に特化しており、セキュリティー上のメリットとコンピューティング・コントロールが組み込まれています。

IBM Cloud上のベアメタルの詳細はこちら
参考情報 仮想マシン(VM)とは

仮想マシンとは、物理コンピューターの仮想表現であり、エミュレーションです。 仮想化により、複数の仮想マシンを単一の物理コンピューター上で作成できます。

ベアメタル・サーバーとは何ですか。

「ベアメタル」とは、ユーザーがクラウド・プロバイダーから物理的なシングルテナント・サーバーをレンタルできるクラウド・サービスです。

仮想プライベートクラウド(VPC)とは

VPCを使用することで、お客様は共有のパブリッククラウド・インフラストラクチャーでプライベートクラウドに類似したコンピューティング環境を確立できます。

詳細情報はこちら

ワークロードを高性能グローバル・クラウド・インフラストラクチャーに移行します。IBM Cloud®のIaaSへのアプローチにより、60以上のデータセンターで、リソースを世界各地の必要に応じて拡張および縮小することができます。ベアメタルを含むさまざまなコンピュート・リソースにアクセスし、 柔軟な管理を実現します。 また、ワークロードの需要に的確に応じられるように、ハードウェアの仕様を詳細にカスタマイズできます。

IBM Cloudの詳細はこちら IBM Cloudを無料で試す