クラウド・サーバー
クラウド・リードスケープ
クラウド・サーバー

クラウド・コンピューティングのインフラとなるクラウド・サーバーについて、その特徴やメリットなどの詳細をみる。

注目の製品

IBM Cloud Virtual Servers

ベアメタル・サーバー


クラウド・サーバーとは

クラウド・サーバーはアプリケーションや情報処理のストレージを実行するための、強力な物理または仮想インフラです。 クラウド・サーバーは 仮想化 ソフトウェアで物理的(ベアメタル)サーバーを複数の仮想サーバーに分割することで作成されます。 組織はワークロードの処理と情報の保存に、 IaaS(Infrastructure-as-a-Service) モデルを使用しています。 仮想サーバーの機能にはオンライン・インターフェースを通じてリモートでアクセスできます。


主要な機能
  • ユースケースに応じてコンピューティングのインフラは物理的(ベアメタル)、仮想的、または両者を組み合わせることができます
  • オンプレミスなサーバーのケイパビリティをすべて備えています
  • ユーザーの集中的なワークロードの処理と大量の情報の保存が可能になります
  • APIを介したオンデマンドで自動化されたサービスにアクセスできます
  • 月払いまたは従量制のいずれかを選択できます
  • 需要に応じて拡張できる共有 ホスティング プランを選択できます

クラウド・サーバーをお勧めする理由とは?

 

費用対効果

クラウド・サーバーでは、必要とする分だけを支払うのでサーバーのハードウェアの維持費を削減できます。

拡張性

ユーザーは需要の変化に合わせて コンピューティングとストレージ のリソースを拡張できます。 これは需要が変動する組織にとって特に有用です。

インテグレーション

途切れることのない通信と迅速なデプロイメントを確保できるように、組織のクラウド・サーバーはネットワークに接続されます。 「一括管理」で完全に制御できます。

クラウド・サーバーの概要です


考慮事項

 

  • 仮想サーバーと物理サーバーの比較、 物理(ベアメタル) サーバーはデータ集約型のワークロードに最適です。 仮想サーバー は変動性の高いワークロードに適しています
  • 仮想化: クラウド・サーバーは物理サーバーまたは仮想サーバーが選べます。 仮想化ソフトウェアにはオプションとして、  VMware 、 Parallels そして Hyper-V が含まれています。 仮想化について詳しくお知りになりたい方は、「仮想化の説明」というビデオをご視聴ください:

 

  • カスタマイズ: 物理サーバでは、処理能力の向上、RAMの増設、バックアップ電源の確保など、カスタマイズのオプションが豊富に用意されています。

  • セキュリティ: クラウド・サーバーにはファイアウォール、アンチウイルス・ソフトウェア、監視、ホスト型侵入防御などのセキュリティ・オプションが用意されています。


IBMの観点:クラウド・サーバーの選び方

Kevin Hazard

IBM Cloud Platform 、インフラ・マーケティングのリーダー

Twitter、  @khazard(リンクは ibm.com 外になります)

コスト、テクノロジー、プロバイダーの検討

初めてウェブサイトを立ち上げる中小企業のオーナーから、毎日数千万人が訪れる評価の高いプラットフォームまで、数千人のサーバーの顧客の購買決定を見守り、その決定に関わってきました。 クラウド・サーバーに何を求めるかや優先順位はそれぞれに異なりますが、決定のためのいくつかの重要な要因はどの場合でも一貫していました:

経費はどの程度になるでしょう? どの構成とテクノロジーが最適か。 どのプロバイダーが最も信頼できるか。

ウェブサイトの管理者の皆さんは、この3つの質問に答えなければならなかったはずです。 一見すると簡単そうなのですが、複数の要因を考慮しなくてはならないので、購入に向けた決定が少し複雑になります:

誰もが、3つの円が重なり合う「スイートスポット」内のクラウド・サーバーを選ぶと考えるのは自然なことです。でもサーバー購入の決定では他の要因も考慮しないわけにはいきません。 完全に有効なホスティングの決定では、このグラフ上のすべてのスポットを検討します。

この図表をいくつか個別のゾーンに分けて、ユーザーがサーバーを選ぶ理由をそれぞれのエリアごとに考えてみましょう:

  • ゾーン 1: 予算が何よりも優先されます。
  • ゾーン 2: オンプレミスでサーバを運用している大企業のIT管理者、あるいはプロバイダーを変えたくないロイヤルカスタマー。
  • ゾーン 3: 市場で最も速く、最もパワフルで、最も拡張性が高いインフラを必要とするバイヤー。
  • ゾーン 4: 予算が削減されない限りはプロバイダーに誠実なカスタマー。
  • ゾーン 5: 最新技術を持つことを好み、それを単一のプロバイダーで管理できることに価値を見出すユーザー。
  • ゾーン 6: プロバイダーにはこだわらず、予算内で最高のパフォーマンスを発揮するクラウド環境を選ぶ可能性が高い。
  • ゾーン 7: 3つの優先順位を同等に重視し、すべてのニーズを満たす環境を選択できるバイヤー。

購入を初めて決定した時と、その後の購入の決定の間では相当の変化が起こります。

最初の購入の決定がどうであれ、同じ場所で成長したいとあなたが思うはずだという、新しい要素を次にクラウド・サーバーを購入する時には考慮すべきです。

プロバイダー間の移行は大変ですし、複数のプロバイダー間での環境の管理はさらに困難です。サーバー同士で連携しなければならない場合、通常はパブリックでインターネットを経由するので、最高のパフォーマンスが得られなくなります。

あなたの購買への意思決定を最もよく表しているゾーンはどれになりますか?  


使ってみる

IBM サーバーがシームレスなクラウドへの移行をどのように支援するか、どうぞご自身でご体験ください。

IBM Cloud サーバーについて詳細を学ぶ

適切なクラウド・サーバーを選択します

登録して IBM Cloud アカウントを作成します


関連ソリューション

クラウド VPS ホスティング

変化の速いワークロードをより簡単、柔軟、スケーラブルに管理します。


専用サーバー・ホスティング

カスタマイズ可能な専用サーバーホスティングを使用して、ミッションクリティカルなワークロードを完全に分離し、制御して、セキュリティを確保できるように設計されています


IBM Cloudサーバー上のNVIDIA GPU

お客様のご要望に基づいて、IBMはベアメタル・サーバーと仮想サーバーの値下げを実施しました。 同じ処理能力と柔軟性を維持し、 より豊富な